2017年11月24日 本みりんレシピ☆あんかけ茶碗蒸し〜寒い季節は湯気もごちそう〜

紅葉の季節も過ぎ、各地に冬の便りも届くようになりました。
暦の上では『小雪(しょうせつ)』。雪がちらほら降り始める季節という意味です。

冷え込む季節には温かいなべ物や蒸し物がうれしいもの。
蒸し物というと蒸し器を思っておっくうになりそうですが、フライパンでも大丈夫。
食材も自宅にあるもので試してみましょう。
お湯を沸かし、湯が入らないような皿にサツマイモやカボチャを乗せ、ふたをして加熱すれば蒸し野菜ができます。
七味ポン酢やマヨネーズの入ったディップでどうぞ。
蒸し野菜はゆでたものより栄養価が残るのでおすすめです。

茶椀蒸しは大人も子供も大好きですが、ちょっと大変そうなイメージ。
フライパンならラクラクです。ポイントは器選びと火加減。
茶椀蒸し用の器だと高すぎてふたが合わないので、小鉢やココット型などの浅めの器を使います。
火加減は沸騰したらポコポコとわく程度で。
庫内が狭くて、温度が上がりやすくなるのでちょっと早めに火を止めて、余熱で中まで火を通します。

とろみのついたあんをかけると一気にごちそうに。
あんは料理を冷めにくくしてくれます。
だしの風味のきいた茶椀蒸しに福来純本みりんでコクをつけたトロリとした温かいあんは寒い季節にぴったり。
ぜひお試しください。

【あんかけ茶碗蒸し】
Photo_2

◆材料(2人分)
卵:1個
出し汁:150ml※冷めたもの
薄口しょうゆ:小1
鶏もも肉:40g
【下味】
薄口しょうゆ:小1/3
酒:小1/2

シメジ(またはエリンギ1/2本):1/6パック
もち:1個(パック詰めのもの)
枝豆:12粒(冷凍のもので良い。その場合、解凍しておく。)

【出し汁】
水:200ml
昆布:2g(1%)
鰹節:4g(2%)

【あん】
出し汁:1/2カップ
しょうゆ:小1
福来純本みりん:小1と1/2
片栗粉:小1/2
ショウガのしぼり汁:少量

Img_9092_2


◆作り方
①昆布2gを水200mlに1時間くらいつけておいてから火にかける。
なべ底に泡がつきだしたら、鰹節4gを入れ、昆布を取り出す。
沸騰してきたら火を止め、鰹節が沈んだらこしとる。

②ボールに卵を割りほぐし、出し汁150mlと薄口しょうゆ小さじ1を加えて混ぜる。ザルでこす。
鶏もも肉は食べやすい大きさに切り、薄口しょうゆ小さじ1/3と酒小さじ1/2で下味をつける。
シメジは石づきを取って小房に分ける。
餅は6等分に切る。
※卵を割りほぐすときや出し汁と混ぜるときは泡立てないようにする。(仕上がりが悪くなる)

③器に鶏もも肉ともちを入れてから静かに卵液を流し入れる。
泡立っているときはすくい取る。
フライパンに湯を沸かし、キッチンペーパーを敷き、器を並べてシメジをのせ、フタをする。
中火にかけ、沸騰したら火を弱め(ポコポコと泡が出る程度)5分間加熱する。 火を止めそのまま5分置いておく。
竹串をさして、透明なだしが出るか確認する。
※火力を強いままにしておくと、すが立つので弱火にする。

④あんの材料を鍋に入れて火にかける。とろみがついたら火から下ろす。
枝豆を飾り、あんをかける。

作り方を動画でご覧いただけます。
https://www.youtube.com/watch?v=jK3uNpjP99I&feature=youtu.be


工夫ポイント!
大きい器に入れて、個別に取り分けてもよい。その時は蒸し時間を2~3分長くする。
Photo_3


フードコーディネーター佐々木有紀子さんのご紹介

Sasaki_yukiko_2
こんにちは。佐々木有紀子です。
フードコーディネーターとして料理教室の主催、レシピの提案、イベントの開催をしています。また、地元の方々と郷土料理研究会を立ち上げ、伝統的な料理を学び、次世代に継承していく活動をしています。
「美醂のしずく」では季節感を大切にし、各家庭で大切にされてきた家庭料理を提案していきたいと思います。よろしくお願いいたします。

●プロフィール
大学卒業後、11年間高校で家庭科教諭。
大手教室で製菓・製パン、家庭料理を習得し同教室でアシスタント、講師として勤務。
広島クッキングスクールにてイタリア料理を習得。
フードコーディネーター、上級食品表示診断士、フードアナリスト、だしソムリエ。
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa主催

●佐々木有紀子さんのオフィシャルブログ
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa
http://saasa.petit.cc/muscat1/

2017年10月20日 本みりんレシピ☆豚肩ロースのみそ漬け〜食欲の秋。発酵食品を見直してみては。〜

新米のおいしい季節になりました。各地からサンマや柿、栗など季節のおいしい便りも届きます。
夏バテで落ちていた食欲も戻り、つい食べ過ぎてしまってカロリーオーバーになることも。

秋から冬にかけ、気温が下がると体温や内臓の温度を保つため、体が皮下脂肪を貯えようとします。
食事内容もこってりしたものがおいしくなるのもこれによるもの。
加えて気温が下がると運動量も減りがち。適度な運動を心がけながら、秋の味覚を楽しむようにしたいものです。

この季節、おいしいご飯にみそ味は欠かせません。
昔から「みそ汁は朝の毒消し」と言われるように、さまざまな健康効果があることが知られています。
発酵することでうまみが増え、熟成が進むことでうまみも健康成分も増えます。
全国各地に特色のあるお味噌がありますが、地域の気候風土に合わせてゆっくり熟成させたものを天然醸造といい、手間も時間もかかりますが工程を短くしたものと違った味わいを楽しめます。

福来純本みりんも3年熟成の本格派。
みりんは甘いだけでなく、料理の深みを増し、素材の臭みを消すなど料理の仕上げをワンランク上げてくれる調味料です。
甘酒や塩こうじなどここ何年か発酵食品が注目されていますが、昔から日本人になじみ深い物ばかり。
上手に取り入れて食卓を豊かにしてみてはいかがでしょうか?

豚肩ロースのみそ漬け
Photo_2

◆材料(2人分)
豚肩ロース肉(トンカツ用):2枚
みそ:100g
砂糖:大2
ハチミツ:大1
酒:大2
福来純本みりん:大1

Img_7424


◆作り方
①豚肉は肉と脂肪の間の筋を切っておく。

②調味料みそ100g・砂糖大さじ2・ハチミツ大さじ1・酒大さじ2・福来純「伝統製法」熟成本みりん大さじ1を合わせてる。
保存用のタッパーの底に半分広げ、厚手のキッチンペーパーを広げる。
豚肉をのせ、その上にキッチンペーパーをのせてから残りみそを広げる。
※キッチンペーパーの間に肉を置くことで、みそがつきすぎない。肉にみそがついていると中心まで焼ける前に焦げやすくなる。
※ナイロン袋に入れて揉みこむ場合は焼く前にみそをしっかり取ること。

③フライパンにサラダ油をいれ、両面をこんがりと焼く。食べやすい大きさに切り分け、盛り付ける。

作り方を動画でご覧いただけます。
https://youtu.be/QBx9FuvN2J8


工夫ポイント!
みそによって塩分量が違うので他の調味料を調整してください。
付け合わせは好みでキャベツの千切りやブロッコリーの茹でたものを。
残ったみそは繰り返し使うことができます。(鶏肉、魚などもOK)
豚肉と野菜のみそ炒めのたれとして使うこともできます。

Photo_3


フードコーディネーター佐々木有紀子さんのご紹介

Sasaki_yukiko

こんにちは。佐々木有紀子です。
フードコーディネーターとして料理教室の主催、レシピの提案、イベントの開催をしています。また、地元の方々と郷土料理研究会を立ち上げ、伝統的な料理を学び、次世代に継承していく活動をしています。
「美醂のしずく」では季節感を大切にし、各家庭で大切にされてきた家庭料理を提案していきたいと思います。よろしくお願いいたします。

●プロフィール

大学卒業後、11年間高校で家庭科教諭。
大手教室で製菓・製パン、家庭料理を習得し同教室でアシスタント、講師として勤務。
広島クッキングスクールにてイタリア料理を習得。
フードコーディネーター、上級食品表示診断士、フードアナリスト、だしソムリエ。
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa主催

●佐々木有紀子さんのオフィシャルブログ
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa
http://saasa.petit.cc/muscat1/

2017年09月15日 本みりんレシピ☆ほうれん草の白和え

9月に入り、過ごしやすい季節になりました。
朝晩は日によっては寒いくらいで、日中との寒暖差が大きいのも特徴。
冷やして体調を崩さないように注意が必要です。

このような過ごしやすい季節にはいつもは省くひと手間を加えてみてはいかがでしょう。

ゴマは栄養価が高く、積極的に摂りたい食材ですが皮が固くそのまま食べても吸収されず出てしまうことは意外に知られていません。
栄養を利用したいときはすりおろして皮をつぶしておくことが必要です。
いりごまを軽く温めてからすり鉢ですると香りがぐっと強くなり、風味豊かなすりごまができあがります。

白和えは栄養豊富で、口当たりの良い、食べやすい和え物ですが最近は作る家庭も減ってきているようです。
難しいイメージがあるのでしょうか?
すり鉢がなくても作れますが、すり鉢を出して作ることをおすすめします。
風味も良くなりますし、何より丁寧な手仕事は心も豊かにしてくれます。
『福来純本みりん』も昔ながらの変わらない手法で3年熟成。
時間をかけないと出せない味です。
食欲の秋。ちょっとひと手間でおなかも心もいっぱいにしてみませんか?

ほうれん草の白和え
Img_7320


◆材料(2人分)
ホウレンソウ:50g(1/4束)
シメジ:1/3株
ニンジン:20g
だし:100ml(1/2カップ)
しょう油:大1/2
福来純三年熟成本みりん:大1/2
木綿豆腐:150g(1/3丁)
白ゴマ:大1

【調味料】
砂糖:大2/3
塩:少量
薄口しょうゆ:小1

Dscf7315


◆作り方
下準備
Dscf7324
・木綿豆腐はふきんやキッチンペーパーで包み、重しをのせて水気を切る。(30分くらい)

①ニンジンはマッチ棒くらいに切る。
シメジは石づきを取り、バラバラにする。長いものは半分に切る。
ホウレンソウは下茹でして水にさらし、水気を絞る。3㎝に切る。

②鍋にだしとしょう油と福来純三年熟成本みりんを入れて火にかけ、①のニンジンとシメジを入れる。
軟らかくなったら火を止め、ホウレンソウを入れ、冷ます。

③鍋に白ゴマを入れ、火にかける。温まったらすり鉢に入れてしっかり擦る。
調味料を入れる。豆腐入れて滑らかになるまで擦り混ぜ、和え衣を作る。
②の野菜を軽く絞ってから和え、器に盛り付ける。


工夫ポイント!
ホウレンソウの代わりに春菊、小松菜などの葉物野菜に変えて作ることもできます。
具材にこんにゃくを加えると食物繊維も豊富になってヘルシー。下茹でしてから②に加えます。
白和えの白ゴマの代わりにクルミや松の実、ピーナッツでも風味を変えて作ることもできます。

すり鉢がない場合はボウルを使い、白ゴマの代わりにすりごまや練りごまを使うと簡単に作れます。
フードプロセッサーを使うと手早くなめらかになります。


フードコーディネーター佐々木有紀子さんのご紹介

Sasaki_yukiko
こんにちは。佐々木有紀子です。
フードコーディネーターとして料理教室の主催、レシピの提案、イベントの開催をしています。また、地元の方々と郷土料理研究会を立ち上げ、伝統的な料理を学び、次世代に継承していく活動をしています。
「美醂のしずく」では季節感を大切にし、各家庭で大切にされてきた家庭料理を提案していきたいと思います。よろしくお願いいたします。

●プロフィール
大学卒業後、11年間高校で家庭科教諭。
大手教室で製菓・製パン、家庭料理を習得し同教室でアシスタント、講師として勤務。
広島クッキングスクールにてイタリア料理を習得。
フードコーディネーター、上級食品表示診断士、フードアナリスト、だしソムリエ。
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa主催

●佐々木有紀子さんのオフィシャルブログ
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa
http://saasa.petit.cc/muscat1/

コメント(0)  |  トラックバック(0)
2017年08月10日 本みりんレシピ☆タコ飯

8月に入り一年で最も暑い時期ですが暦の上では「立秋(りっしゅう)」。
秋が始まりました。立秋のあとを残暑といい、暑中見舞いは残暑見舞いに変わります。
海にはクラゲが出始めるので、海水浴では注意が必要です。

夏のスタミナ食というと土用の丑の日に食べるウナギが有名ですが、タコやアナゴも夏場がおいしい食材です。
タコ焼きなどに使われ日本ではポピュラーなタコですが、世界的には食べる国は少なく中近東やインドではほとんど食べませんし、北ヨーロッパではデビルフィッシュ(悪魔の魚)と呼ばれ、嫌われています。

ですが、タコはタンパク質の塊でほとんど脂肪がない高タンパク低カロリーの食材。
またビタミンB₂やタウリンも多く含まれています。
タウリンは胆汁酸の分泌を促進し、肝臓の働きを活発にしてアルコールの分解を助けます。
体内にたまった余分なコレステロールを排出する働きもあります。

酢のものやお寿司など酸味のある味付けで食べることが多いですが、ごはんと一緒に炊き込んでもおいしいものです。
一緒に入れる食材は枝豆やシメジなどお好みで。
福来純本みりんを加えることで臭みも消え、独自のコクが生まれます。
親戚や友人が集まる夏、タコ飯でおもてなしはいかがでしょうか?


タコ飯
Photo


◆材料(3〜4人分)
豚ひき肉:80g
ゆでタコ:100g
枝豆(冷凍):50g(※さやから出して)
シメジ:60g
ショウガ:ひとかけ
ニンニク:ひとかけ
大葉:適量
白ごま:適量
米:2合(※炊飯器のカップで量る)
中華スープ:360ml
酒:大さじ1と1/2
しょうゆ:大さじ1と1/2
福来純三年熟成本みりん:大さじ1
ごま油:小さじ2
塩:少量
こしょう:少量


20177


◆作り方
①しょうが、にんにく、大葉をせん切りにする。シメジの石づきを取り半分に切ってバラバラにする。タコを1㎝角に切る。
枝豆を解凍し、さやから出す。米は洗ってざるにあげておく。

②鍋にごま油とショウガ、ニンニクを入れて中火にかける。香りが出たら豚ひき肉を入れて肉の色が完全に変わるまで炒める。

③炊飯器の釜に洗った米、中華スープ、酒、しょうゆ、福来純本みりん、②の豚ひき肉、タコ、シメジ、枝豆、塩、コショウを入れ、軽く混ぜて味を確認する。炊飯ボタンを押す。

④炊き上がったら蒸らし、しゃもじでざっくり混ぜる。茶碗に盛り、好みでゴマと大葉のせん切りを散らす。

Photo_3


工夫ポイント!
しっかりスタミナをつけるために男性や子供の大好きなコクのある味付けにしています。
あっさりとしたタコ飯が食べたいときは材料の『にんにく、豚ひき肉、ごま油』を減らして、作り方②の炒めるところを省略してお作りください。
ショウガは③でほかの材料と一緒に入れて炊きます。
中華スープを和風だしに変えてもおいしいです。


フードコーディネーター佐々木有紀子さんのご紹介

Sasaki_yukiko
こんにちは。佐々木有紀子です。
フードコーディネーターとして料理教室の主催、レシピの提案、イベントの開催をしています。
また、地元の方々と郷土料理研究会を立ち上げ、伝統的な料理を学び、次世代に継承していく活動をしています。
「美醂のしずく」では季節感を大切にし、各家庭で大切にされてきた家庭料理を提案していきたいと思います。
よろしくお願いいたします。


●プロフィール
大学卒業後、11年間高校で家庭科教諭。
大手教室で製菓・製パン、家庭料理を習得し同教室でアシスタント、講師として勤務。
広島クッキングスクールにてイタリア料理を習得。
フードコーディネーター、上級食品表示診断士、フードアナリスト、だしソムリエ。
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa主催

●佐々木有紀子さんのオフィシャルブログ
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa
http://saasa.petit.cc/muscat1/

コメント(0)  |  トラックバック(0)
2017年07月13日 本みりんレシピ☆さんが焼き

暑さも徐々に本格化し、梅雨明けも間近になってきました。
7月初旬から20日頃をを二十四節気では「小暑(しょうしょ)」と言います。
この時期にはトマトや枝豆、ズッキーニ、オクラ、ナス、トウモロコシが旬を迎えます。

枝豆は『枝豆』という種類の豆でなく、大豆を未熟な状態で収穫したものです。
未熟といってもタンパク質が豊富で、大豆にはないビタミンCも含んでいます。
夏のビールのつまみにぴったりなだけでなく、ビタミンB₁も豊富なので栄養バランスを崩しやすい夏に積極的に取りたい食材です。

鯵(あじ)も夏に旬を迎える魚です。細かく切った鯵にみそと香味野菜を混ぜたものを「なめろう」といい、房総半島の漁師が作ったと言われる郷土料理です。
「なめろう」という名前はあまりにもおいしいので皿までなめてしまうからという説も。
このなめろうを山仕事に持っていき、山小屋で焼いたりして食べていたところから、「山家(さんが)焼き」と呼ばれるようになりました。

生の魚はいたみやすいため、火を通しておくと安心です。
『福来純本みりん』は魚の臭みを抑え、コクを付け加えてくれます。
魚料理は面倒なイメージがありますが、対面販売の魚売り場であれば三枚におろしてもらえます。
いろんな食材を食べて暑い夏を乗り切りましょう。

山家(さんが)焼き
Img_6262_2


◆材料(2人分)
魚(鯵):3尾(15cmくらいのもの)
ショウガ:10g(ひとかけ)  ※みじん切り
細ネギ:1本  ※小口切り
大葉:5枚  ※うち1枚はみじん切りにする。
みそ:大2/3
『福来純本みりん』:小1
酒:小1
ごま油:小1

Dscf9975_2


◆作り方
①三枚におろした鯵の頭側から皮をむき、小骨を取る。
手の熱で味が落ちてしまうのでできるだけ手早く作業する。

②5mm幅に切り、みそを乗せて包丁で叩く。あらかじめ切ったショウガ、細ネギ、大葉を加えて叩きながら均一になるまで混ぜる。
ボールに入れ、福来純本みりん、酒を加えて混ぜる。

③4つに分けて丸め大葉でくるむ。フライパンにごま油を熱して、両面を焼く。皿に盛り付け、針ショウガを飾る。


工夫ポイント!
Img_6221_2
作りたてものは生でなめろうとして食べられます。
ごはんに乗せてお茶漬けとしても。


フードコーディネーター佐々木有紀子さんのご紹介

Sasaki_yukiko_4
こんにちは。佐々木有紀子です。
フードコーディネーターとして料理教室の主催、レシピの提案、イベントの開催をしています。また、地元の方々と郷土料理研究会を立ち上げ、伝統的な料理を学び、次世代に継承していく活動をしています。
「美醂のしずく」では季節感を大切にし、各家庭で大切にされてきた家庭料理を提案していきたいと思います。よろしくお願いいたします。

●プロフィール
大学卒業後、11年間高校で家庭科教諭。
大手教室で製菓・製パン、家庭料理を習得し同教室でアシスタント、講師として勤務。
広島クッキングスクールにてイタリア料理を習得。
フードコーディネーター、上級食品表示診断士、フードアナリスト、だしソムリエ。
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa主催

●佐々木有紀子さんのオフィシャルブログ

ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa
http://saasa.petit.cc/muscat1/

コメント(0)  |  トラックバック(0)
▼より以前の記事一覧
2017年06月14日 本みりんレシピ☆夏野菜のジュレスープ
2017年05月10日 本みりんレシピ☆鶏肉のかんたんオレンジ煮
2017年04月10日 本みりんレシピ☆爽やかな風が吹き、過ごしやすい季節になりました
2017年03月06日 本みりんレシピ☆3月になりました。木の芽やつぼみもふくらみ、いよいよ春ですね
2017年02月06日 本みりんレシピ☆暦の上では春。でもまだまだ寒い季節が続きます。
2017年01月06日 本みりんレシピ☆2017年もスタート。今年もよろしくお願いいたします。
2016年12月06日 本みりんレシピ☆冬一色。今年も残りわずかとなりました。
2016年11月07日 本みりんレシピ☆まもなく冬の到来。温かい料理で体を温めましょう
2016年10月08日 本みりんレシピ☆実りの秋。おいしいもので元気に過ごしましょう
2016年09月06日 本みりんレシピ☆秋到来。旬の食材で夏の疲れを取りましょう
2016年08月09日 本みりんレシピ☆暑さやクーラーで疲れがちな夏の体にお酢パワー
2016年07月06日 本みりんレシピ☆暑さも本格的に。スペアリブで夏バテ予防
2016年06月13日 本みりんレシピ☆ジメジメとした季節、自家製めんつゆであっさりと
2016年05月10日 本みりんレシピ☆忙しい毎日をサポート。肉みそで作り置きに挑戦!
2016年04月12日 本みりんレシピ☆新ゴボウの八幡巻き
2016年03月13日 本みりんレシピ☆照り焼きチキンと菜の花ののり巻き
2016年02月15日 本みりんレシピ☆豚肉と大豆のしょうが煮
2014年11月13日 白扇酒造のお料理レシピ
2012年03月21日 本みりんレシピ☆桜の泡みりん(古谷史織さん)
2012年03月21日 本みりんレシピ☆ポキご飯(古谷史織さん)
2012年03月21日 本みりんレシピ☆マーブルレアチーズケーキ
2012年03月21日 本みりんレシピ☆文旦美醂サワー(古谷史織さん)
2012年02月15日 本みりんレシピ☆野菜とフルーツのジャム(堀川のぞみさん)
2012年02月15日 本みりんレシピ☆抹茶豆腐ムース(堀川のぞみさん)
2012年02月15日 本みりんレシピ☆Wチョコカップケーキ(堀川のぞみさん)
2012年02月15日 本みりんレシピ☆はったい粉と みりんのクッキー(堀川のぞみさん)
2012年01月13日 本みりんレシピ☆手まり寿司(高橋やよいさん)
2012年01月13日 本みりんレシピ☆桜えびの佃煮(高橋やよいさん)
2012年01月13日 本みりんレシピ☆伊達巻(高橋やよいさん)
2012年01月13日 本みりんレシピ☆野菜チップスかりんとう(高橋やよいさん)
2012年01月13日 本みりんレシピ☆ゆずチョコケーキ(高橋やよいさん)
2011年12月21日 本みりんレシピ☆イチゴと小豆と本みりんのジャム(山口真理さん)
2011年12月21日 本みりんレシピ☆本みりんのエンゼルフードケーキ(山口真理さん)
2011年12月21日 本みりんレシピ☆本みりんとしょう油のポップオーバー(山口真理さん)
2011年12月01日 本みりんレシピ☆熟成サングリア(堀川のぞみさん)
2011年12月01日 本みりんレシピ☆味醂風味のホタテのゼリー寄せ(堀川のぞみさん)
2011年12月01日 本みりんレシピ☆味醂でまろやか 押し麦のトマトリゾット(堀川のぞみさん)
2011年12月01日 本みりんレシピ☆味醂が香るハーブローストチキンレッグ(堀川のぞみさん)
2011年12月01日 本みりんレシピ☆イチジクの味醂マリネ(堀川のぞみさん)
2011年11月09日 本みりんレシピ☆豚肉のみりん粕漬(古谷史織さん)
2011年11月09日 本みりんレシピ☆みりん粕漬豆腐と柿のピンチョス(古谷史織さん)
2011年11月09日 本みりんレシピ☆みりん粕 ソフトクッキー(古谷史織さん)
2011年10月19日 本みりんレシピ☆ライスペーパーの白いミルクレープ
2011年10月19日 本みりんレシピ☆チーズとナッツのみりんしょう油漬け
2011年10月19日 本みりんレシピ☆栗の渋皮煮
2011年10月19日 本みりんレシピ☆レーズンのみりん漬け
2011年10月19日 本みりんレシピ☆コーヒー酒
2011年10月05日 本みりんレシピ☆いちじくの赤ワイン煮
2011年10月05日 本みりんレシピ☆本みりんのキャラメルクリーム
2011年10月05日 本みりんレシピ☆人参とオレンジのジャム
2011年09月28日 本みりんレシピ☆生姜の佃煮(古谷史織さん)
2011年08月24日 本みりんレシピ☆焼き豚入りの甘辛ジャーマンポテト(高橋やよいさん)
2011年08月24日 本みりんレシピ☆キャラメルどら焼きのクリームチーズサンド(高橋やよいさん)
2011年08月24日 本みりんレシピ☆生姜とナッツのフロランタン最中
2011年08月24日 本みりんレシピ☆小豆の粒あん(高橋やよいさん)
2011年08月03日 本みりんレシピ☆ライムレモネード(堀川のぞみさん)
2011年08月03日 本みりんレシピ☆シュリンプカクテル(堀川のぞみさん)
2011年08月03日 本みりんレシピ☆野菜スティック 奈良漬マヨディップ(堀川のぞみさん)
2011年07月20日 本みりんレシピ☆本みりんと煎りごまのラスク(山口真理さん)
2011年07月20日 本みりんレシピ☆本みりんをかけた牛乳屋さんのプリン(山口真理さん)
2011年07月20日 本みりんレシピ☆玄米と本みりんアイス(山口真理さん)
2011年07月06日 本みりんレシピ☆和風サルサ(堀川のぞみさん)
2011年07月06日 本みりんレシピ☆本みりんが隠し味のチリコンカン(堀川のぞみさん)
2011年07月06日 本みりんレシピ☆ピナコラーダムース(堀川のぞみさん)
2011年06月22日 本みりんレシピ☆季節のフルーツを使ったみりん「苺みりん」(古谷史織さん)
2011年06月15日 【本みりんdeお母さんの味★最優秀賞レシピ】お野菜じゃが
2011年06月15日 【本みりんdeお母さんの味★優秀賞レシピ】かしわごはん
2011年06月15日 【本みりんdeお母さんの味★優秀賞レシピ】みりん漬け豆腐♪山椒風味
2011年06月15日 【本みりんdeお母さんの味★優秀賞レシピ】にんじんのかりかり炒め
2011年06月15日 【本みりんdeお母さんの味★優秀賞レシピ】さつまいもプリン
2011年06月15日 【本みりんdeお母さんの味★優秀賞レシピ】親子4代おかぼの炊いたん
2011年06月15日 【本みりんde母の味★優秀賞レシピ】肉じゃが豆腐キムチ鍋
2011年06月15日 【本みりんdeお母さんの味★優秀賞レシピ】ナスとピーマン味噌炒め
2011年06月15日 【本みりんdeお母さんの味★優秀賞レシピ】みりんジュレサラダカクテル
2011年05月18日 本みりんレシピ☆みたらしキャラメル団子(高橋やよいさん)
2011年05月18日 本みりんレシピ☆いちごのコンフィチュール(高橋やよいさん)
2011年05月18日 本みりんレシピ☆紅芋モンブラン・いちごのコンフィチュール入り(高橋やよいさん)
2011年05月18日 本みりんレシピ☆薔薇のジャム(高橋やよいさん)
2011年05月18日 本みりんレシピ☆寒天レアチーズムース(高橋やよいさん)
2011年05月18日 本みりんレシピ☆薔薇のハート型ケーキ(高橋やよいさん)
2011年05月18日 本みりんレシピ☆薔薇のスクエアシフォンケーキ(高橋やよいさん)
2011年05月18日 本みりんレシピ☆旨みたっぷりのはね付き餃子(高橋やよいさん)
2011年04月20日 本みりんレシピ☆本みりん和風ロールケーキ(山口真理さん)
2010年10月19日 misa先生の本みりんレシピ☆ピーマン肉詰め
2010年10月19日 misa先生の本みりんレシピ☆こんにゃくのきんぴら風
2010年10月19日 本みりんレシピ☆いわしの梅みりん煮
2010年10月19日 misa先生の本みりんレシピ☆ささみのみりん干し
2010年09月01日 【最優秀賞レシピ】みりんdeこくアップのエビカリー
2010年09月01日 【優秀賞レシピ】夏にぴったりのひたし豆
2010年09月01日 【優秀賞レシピ】みりんde韓国風さきいかの和え物
2010年09月01日 【優秀賞レシピ】ワンタン皮のピリッと中華みりんだれ
2010年09月01日 【優秀賞レシピ】みりん風味のしっとりケーキ
2010年08月11日 みりん粕ディップ
2010年07月06日 本みりんレシピ☆トマトでひや!
2010年07月02日 本みりんレシピ☆本みりんで作る本格カステラ
2010年06月28日 本みりんレシピ☆レンコンとそば粉のチヂミ風

良質な素材と昔ながらの手造りにこだわる岐阜の蔵元です。

本みりんde「お母さんの味」レシピコンテスト結果発表
「福来純三年熟成本みりん」をお試しいただきました!
2010年スペシャル版 ブログde本みりんレシピコンテスト結果発表
掲載雑誌紹介

当社の商品が紹介されました!

「この国の食を守りたい」辰巳芳子著(筑摩書房)
「この国の食を守りたい」
辰巳芳子著
(筑摩書房)
「おいしい玄米菜食レシピ/はじめてのマクロビオティック」(成美堂出版)
「おいしい玄米菜食レシピ/
はじめてのマクロビオティック」
(成美堂出版)
「CREA(クレア)」8月号(文藝春秋)
「CREA(クレア)」8月号
(文藝春秋)
「サライ増刊 美味サライ7月号」(小学館発行)
「サライ増刊 美味サライ7月号」
(小学館発行)