2018年02月16日 里芋だんごの揚げだし風〜寒さの中に少しずつ春の訪れを感じるようになりました。〜本みりんレシピ

気温はまだまだ低いですが日中の時間は長くなり、そこかしこで春の訪れを感じ始める季節になりました。
二十四節気では2月19日ごろを『雨水(うすい)』と言い、空から降る雪が雨に変わる頃と言われます。
寒い日が3日続くと暖かい日が4日続く『三寒四温(さんかんしおん)』を繰り返しながら冬は遠ざかっていきます。

揚げ出し豆腐はお酒にも合う温かい料理ですが、油で揚げるところで敬遠されがち。
でも揚げなくても、多めの油で揚げ焼きにすると同じような食感に仕上げることができます。

豆腐の代わりに里芋のだんごで作ってもおいしいものです。
ツルツルと滑って皮をむきにくいイメージがある里芋ですが、電子レンジを使えば皮向きも、ゆでる部分も簡単にできるのでおすすめです。
中に詰める食材を白身魚やささみ、シイタケ、銀杏、ブロッコリーなどにアレンジしてもおいしくいただけます。
そのときあらかじめレンジで加熱してから詰めるようにします。

だしも電子レンジを使えば手軽に作ることができます。
福来純本みりんで風味をつけただしは、豆腐や里芋以外にゆでた野菜をつけてお浸しにしてもおいしくいただけます。

【里芋だんごの揚げだし風】
Photo

◆材料(6個分)
里芋:中2個(250gぐらい)
片栗粉:大2~3+大2
明太子:1/2本(3つに切っておく)
エビ:3尾
細ネギ:1本
大根おろし:100g(水気を切っておく)
サラダ油:適量
だし:150ml
薄口しょうゆ:大1
福来純本みりん:大1

Img_9464


◆作り方
①エビは殻をむいて背ワタを取り、ラップをかけてレンジ(600W)で1分加熱する。
②里芋をよく洗って皮付きのまま3〜4つに切る。耐熱容器に入れてラップをかけ、レンジで5分加熱する。
③やけどしないようにキッチンペーパーではさんで里芋の皮を取る。マッシャーでつぶして、硬さを見ながら片栗粉を加えていく。
④③を6等分し、①のエビや明太子を包み、小判型に成型する。片栗粉を全体につけておく。
⑤フライパンに多めの油を入れ、両面を揚げ焼きにして取り出す。
⑥耐熱容器にだし、しょうゆ、福来純本みりんを入れ、ラップをかけてレンジで2分加熱する。(アルコールをとばすため沸騰するまで加熱する。)
⑦⑤を器に盛り、⑥のだしをかける。好みで大根おろしを添え、小口切りにしたネギを散らす。

作り方を動画でご覧いただけます。


◆季節のお酒
無濾過蔵出し原酒は新酒独自の口当たりと芳醇な風味が特徴。
日本酒らしい日本酒なのでぬる燗や冷やでしぼりたてのおいしさを楽しんでいただけます。


◆この料理に合う日本酒
ホクホクの里芋だんごに温かい甘めの和風だしを合わせたお料理で、くせはないけど、しっかりした味の原酒しぼりと合わせやすいです。
レシピのエビと明太子をホタテや白身魚に変えても、原酒しぼりと相性のよい組み合わせです。

蔵出し原酒の詳細はこちら


フードコーディネーター佐々木有紀子さんのご紹介

Sasaki_yukiko

こんにちは。佐々木有紀子です。
フードコーディネーターとして料理教室の主催、レシピの提案、イベントの開催をしています。また、地元の方々と郷土料理研究会を立ち上げ、伝統的な料理を学び、次世代に継承していく活動をしています。
「美醂のしずく」では季節感を大切にし、各家庭で大切にされてきた家庭料理を提案していきたいと思います。よろしくお願いいたします。

●プロフィール
大学卒業後、11年間高校で家庭科教諭。
大手教室で製菓・製パン、家庭料理を習得し同教室でアシスタント、講師として勤務。
広島クッキングスクールにてイタリア料理を習得。
フードコーディネーター、上級食品表示診断士、フードアナリスト、だしソムリエ。
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa主催

●佐々木有紀子さんのオフィシャルブログ
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa
http://saasa.petit.cc/muscat1/

2018年01月26日 いわしのかば焼き丼〜寒さ本番。でも暦の上ではもうすぐ春です〜本みりんレシピ

一年のうちで一番寒い季節になりました。でも暦の上では春はすぐそこ。
2月3日の節分の翌日は立春です。今では2月3日を節分と言いますが本来はその名の通り、季節の分かれ目として立夏、立秋、立冬の前日も節分と言いました。
2月3日の節分には豆まきが有名ですが、ヒイラギにイワシの頭をさし、門や軒先につるす風習もあります。
これはヒイラギのとげやイワシの臭いで、邪気が家の中に入ってこないようにするためと言われています。
「鰯の頭も信心から」ということわざはこの風習から生まれました。

近年は関西でおなじみの恵方巻が人気ですが、災いを遠ざけると信じられていたイワシも一緒に召し上がってみてはいかがでしょう。
気になるイワシの臭いは料理にショウガを使うことで軽くできますし、福来純本みりんを使うとかば焼きに照りと上品な甘さをつけられます。

【いわしのかば焼き丼】
Photo

●材料(2人分)
イワシ:2尾
しょうが汁:小1/2
酒:小1
片栗粉:適量
サラダ油:大1/2
豆苗(または貝割れ菜):1/3パック
タマネギ:30g(1/6個)
粉ざんしょう:適量
炊いたご飯:適量

【たれ】
しょうゆ:大1
酒:大1
福来純本みりん:大1と1/3

Photo_2


●作り方
[下準備]
イワシの頭とワタを取り、水洗いする。
キッチンペーパーで中までしっかり水けをふき取る。

①下準備したイワシの切り口の中ほどから両方の親指を中骨(背骨)の上に入れて、そのまま親指を左右に滑らせて身を開く。
身を置いて、尾の付け根を手で折り、そのまま身を抑えながら中骨を身から外す。
腹骨を包丁でそぎ取り、ひっくり返して背びれをキッチンばさみで切り取る。
②①のイワシにしょうが汁、酒を振る。
③タマネギは薄切りにして水に放す。豆苗は根元で切って、5㎝に切る。
④たれの材料を混ぜておく。
⑤②のいわしの汁気をふき取り、片栗粉をつける。余分な粉を叩き落す。
⑥フライパンにサラダ油を入れて火にかける。⑤のいわしの身側から焼く。焼き色がついたらひっくり返す。
⑦両面焼いたらフライパンをキッチンペーパーでふき取り、④のたれを入れて、ときどきゆすりながら、煮汁をイワシにからめる。
⑧器に炊いたご飯を盛り付け、水けをふいたタマネギ、豆苗をのせ、イワシをのせる。好みで粉ざんしょうを振る。

作り方を動画でご覧いただけます。
https://www.youtube.com/watch?v=hOGOiA3tDlM&feature=youtu.be


フードコーディネーター佐々木有紀子さんのご紹介

Sasaki_yukiko
こんにちは。佐々木有紀子です。
フードコーディネーターとして料理教室の主催、レシピの提案、イベントの開催をしています。また、地元の方々と郷土料理研究会を立ち上げ、伝統的な料理を学び、次世代に継承していく活動をしています。
「美醂のしずく」では季節感を大切にし、各家庭で大切にされてきた家庭料理を提案していきたいと思います。

●プロフィール
大学卒業後、11年間高校で家庭科教諭。
大手教室で製菓・製パン、家庭料理を習得し同教室でアシスタント、講師として勤務。
広島クッキングスクールにてイタリア料理を習得。
フードコーディネーター、上級食品表示診断士、フードアナリスト、だしソムリエ。
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa主催

●佐々木有紀子さんのオフィシャルブログ
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa
http://saasa.petit.cc/muscat1/

2017年12月27日 お正月はみりんで本格料理にチャレンジ!「伊達巻」「鯛のかぶと煮」

今年も残りわずか。めでたい新年がやってきますね。
お正月は合わせ調味料ではなく、本みりんを使って一手間かけた料理にチャレンジしてみませんか?
本みりんでワンランクアップした料理を食べて、新たな1年を迎えるのも良いですね。
本みりんレシピの中からお正月にぴったりなレシピを紹介します。

●伊達巻
Photorecipe01

本みりんを使った本格料理ですが、オーブンで簡単に作れる伊達巻です。
はんぺんのふんわり食感に本みりんを加えることで、しっとり・すっきりした甘さに仕上がります。
甘くて美味しい伊達巻は子どもも大好き。おせちの一品をお子さんと一緒に作ってみてはいかがですか?

伊達巻のレシピはこちらから


●鯛のかぶと煮
Photorecipe06

かぶと煮は、手間のかかる料理だからと敬遠されていませんか?
鯛の頭があれば、意外と少ない工程で簡単に作れるお料理です。
ポイントは、水や砂糖を使わず本みりんだけで煮ることです。
こうすることで、お店と同じ味にできます。

鯛のかぶと煮のレシピはこちらから


「伊達巻」と「鯛のかぶと煮」で使用したみりんは、こちらから購入できます。

コメント(0)  |  トラックバック(0)
2017年12月15日 本みりんレシピ☆いくらとゆり根の中華和え〜新酒のシーズンが始まりました〜

12月も半ばを過ぎ、今年も残りわずかですね。

今年の冬至は12月22日で、冬至は1年のうちで最も日中が短いです。
冬至にはゆず湯(ゆずの実を浮かべたお風呂)に入ると良いとされ、1年中風邪を引かないと言われています。
またカボチャを食べる習慣もあり、野菜が不足しがちな季節にカロテンを補うことができます。
カロテンは体内でビタミンAに変わり、皮膚や粘膜を強くして風邪などに対して抵抗力をつけることができます。

この季節によく見るゆり根は小鬼ユリの球根で、たくさんの鱗片が重なっている形から『百合』の字があてられたと言われます。
古くから食用や薬用として利用されてきました。
でんぷんが多く、加熱するとカボチャやサツマイモのようにほくほくとした食感が特徴です。
お正月料理に使われることが多いですが、お正月を過ぎると価格も下がり、利用しやすくなります。
普段の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか?

【いくらとゆり根の中華和え】
Img_9237

◆材料(2人分)
いくらのしょうゆ漬け:大さじ2
ゆり根:60g
水菜:30g
ショウガ:2g
鶏ガラだし:大さじ1

【調味料】
しょうゆ:小さじ1
ごま油:小さじ1/2
砂糖:ひとつまみ
福来純本みりん:小さじ1

Img_9210

◆作り方
①ゆり根をほぐして、3~4分茹でる。水菜は4cmに切り、さっとゆでる。
ショウガはせん切りにする。
②ボウルにショウガを入れ、鶏ガラだしと調味料を混ぜ合わせる。
③別のボウルにいくら、ゆり根、軽く水けを絞った水菜を入れて、②の調味料で和え、器に盛り付ける。

作り方を動画でご覧いただけます。
https://www.youtube.com/watch?v=z7NE2tHmhrA


◆この料理に合う日本酒
初冬の季節を迎え、今年も新酒の季節となりました。
新酒一号は、この秋に収穫したお米を仕込んで初めて絞ったお酒です。
フレッシュでフルーティ、くせがないのにうまみが強いのが特徴。
若々しさを感じるフレッシュなお酒は、人が集まるこれからの季節にぴったり。
気負わずに手軽に作れる酒肴があれば、楽しい話題は尽きることがなさそうです。

いくらとゆり根の中華和えは、さっとゆでたゆり根と水菜にいくらを合わせた簡単おつまみです。
あっさり仕上げているので新酒一号のフレッシュな風味が際立ちます。

花美蔵 新酒一号の詳細はこちら


フードコーディネーター佐々木有紀子さんのご紹介

Sasaki_yukiko
こんにちは。佐々木有紀子です。
フードコーディネーターとして料理教室の主催、レシピの提案、イベントの開催をしています。また、地元の方々と郷土料理研究会を立ち上げ、伝統的な料理を学び、次世代に継承していく活動をしています。
「美醂のしずく」では季節感を大切にし、各家庭で大切にされてきた家庭料理を提案していきたいと思います。よろしくお願いいたします。

●プロフィール
大学卒業後、11年間高校で家庭科教諭。
大手教室で製菓・製パン、家庭料理を習得し同教室でアシスタント、講師として勤務。
広島クッキングスクールにてイタリア料理を習得。
フードコーディネーター、上級食品表示診断士、フードアナリスト、だしソムリエ。
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa主催

●佐々木有紀子さんのオフィシャルブログ
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa
http://saasa.petit.cc/muscat1/

コメント(0)  |  トラックバック(0)
2017年11月24日 本みりんレシピ☆あんかけ茶碗蒸し〜寒い季節は湯気もごちそう〜

紅葉の季節も過ぎ、各地に冬の便りも届くようになりました。
暦の上では『小雪(しょうせつ)』。雪がちらほら降り始める季節という意味です。

冷え込む季節には温かいなべ物や蒸し物がうれしいもの。
蒸し物というと蒸し器を思っておっくうになりそうですが、フライパンでも大丈夫。
食材も自宅にあるもので試してみましょう。
お湯を沸かし、湯が入らないような皿にサツマイモやカボチャを乗せ、ふたをして加熱すれば蒸し野菜ができます。
七味ポン酢やマヨネーズの入ったディップでどうぞ。
蒸し野菜はゆでたものより栄養価が残るのでおすすめです。

茶椀蒸しは大人も子供も大好きですが、ちょっと大変そうなイメージ。
フライパンならラクラクです。ポイントは器選びと火加減。
茶椀蒸し用の器だと高すぎてふたが合わないので、小鉢やココット型などの浅めの器を使います。
火加減は沸騰したらポコポコとわく程度で。
庫内が狭くて、温度が上がりやすくなるのでちょっと早めに火を止めて、余熱で中まで火を通します。

とろみのついたあんをかけると一気にごちそうに。
あんは料理を冷めにくくしてくれます。
だしの風味のきいた茶椀蒸しに福来純本みりんでコクをつけたトロリとした温かいあんは寒い季節にぴったり。
ぜひお試しください。

【あんかけ茶碗蒸し】
Photo_2

◆材料(2人分)
卵:1個
出し汁:150ml※冷めたもの
薄口しょうゆ:小1
鶏もも肉:40g
【下味】
薄口しょうゆ:小1/3
酒:小1/2

シメジ(またはエリンギ1/2本):1/6パック
もち:1個(パック詰めのもの)
枝豆:12粒(冷凍のもので良い。その場合、解凍しておく。)

【出し汁】
水:200ml
昆布:2g(1%)
鰹節:4g(2%)

【あん】
出し汁:1/2カップ
しょうゆ:小1
福来純本みりん:小1と1/2
片栗粉:小1/2
ショウガのしぼり汁:少量

Img_9092_2


◆作り方
①昆布2gを水200mlに1時間くらいつけておいてから火にかける。
なべ底に泡がつきだしたら、鰹節4gを入れ、昆布を取り出す。
沸騰してきたら火を止め、鰹節が沈んだらこしとる。

②ボールに卵を割りほぐし、出し汁150mlと薄口しょうゆ小さじ1を加えて混ぜる。ザルでこす。
鶏もも肉は食べやすい大きさに切り、薄口しょうゆ小さじ1/3と酒小さじ1/2で下味をつける。
シメジは石づきを取って小房に分ける。
餅は6等分に切る。
※卵を割りほぐすときや出し汁と混ぜるときは泡立てないようにする。(仕上がりが悪くなる)

③器に鶏もも肉ともちを入れてから静かに卵液を流し入れる。
泡立っているときはすくい取る。
フライパンに湯を沸かし、キッチンペーパーを敷き、器を並べてシメジをのせ、フタをする。
中火にかけ、沸騰したら火を弱め(ポコポコと泡が出る程度)5分間加熱する。 火を止めそのまま5分置いておく。
竹串をさして、透明なだしが出るか確認する。
※火力を強いままにしておくと、すが立つので弱火にする。

④あんの材料を鍋に入れて火にかける。とろみがついたら火から下ろす。
枝豆を飾り、あんをかける。

作り方を動画でご覧いただけます。
https://www.youtube.com/watch?v=jK3uNpjP99I&feature=youtu.be


工夫ポイント!
大きい器に入れて、個別に取り分けてもよい。その時は蒸し時間を2~3分長くする。
Photo_3


フードコーディネーター佐々木有紀子さんのご紹介

Sasaki_yukiko_2
こんにちは。佐々木有紀子です。
フードコーディネーターとして料理教室の主催、レシピの提案、イベントの開催をしています。また、地元の方々と郷土料理研究会を立ち上げ、伝統的な料理を学び、次世代に継承していく活動をしています。
「美醂のしずく」では季節感を大切にし、各家庭で大切にされてきた家庭料理を提案していきたいと思います。よろしくお願いいたします。

●プロフィール
大学卒業後、11年間高校で家庭科教諭。
大手教室で製菓・製パン、家庭料理を習得し同教室でアシスタント、講師として勤務。
広島クッキングスクールにてイタリア料理を習得。
フードコーディネーター、上級食品表示診断士、フードアナリスト、だしソムリエ。
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa主催

●佐々木有紀子さんのオフィシャルブログ
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa
http://saasa.petit.cc/muscat1/

コメント(0)  |  トラックバック(0)
▼より以前の記事一覧
2017年10月20日 本みりんレシピ☆豚肩ロースのみそ漬け〜食欲の秋。発酵食品を見直してみては。〜
2017年09月15日 本みりんレシピ☆ほうれん草の白和え
2017年08月10日 本みりんレシピ☆タコ飯
2017年07月13日 本みりんレシピ☆さんが焼き
2017年06月14日 本みりんレシピ☆夏野菜のジュレスープ
2017年05月10日 本みりんレシピ☆鶏肉のかんたんオレンジ煮
2017年04月10日 本みりんレシピ☆爽やかな風が吹き、過ごしやすい季節になりました
2017年03月06日 本みりんレシピ☆3月になりました。木の芽やつぼみもふくらみ、いよいよ春ですね
2017年02月06日 本みりんレシピ☆暦の上では春。でもまだまだ寒い季節が続きます。
2017年01月06日 本みりんレシピ☆2017年もスタート。今年もよろしくお願いいたします。
2016年12月06日 本みりんレシピ☆冬一色。今年も残りわずかとなりました。
2016年11月07日 本みりんレシピ☆まもなく冬の到来。温かい料理で体を温めましょう
2016年10月08日 本みりんレシピ☆実りの秋。おいしいもので元気に過ごしましょう
2016年09月06日 本みりんレシピ☆秋到来。旬の食材で夏の疲れを取りましょう
2016年08月09日 本みりんレシピ☆暑さやクーラーで疲れがちな夏の体にお酢パワー
2016年07月06日 本みりんレシピ☆暑さも本格的に。スペアリブで夏バテ予防
2016年06月13日 本みりんレシピ☆ジメジメとした季節、自家製めんつゆであっさりと
2016年05月10日 本みりんレシピ☆忙しい毎日をサポート。肉みそで作り置きに挑戦!
2016年04月12日 本みりんレシピ☆新ゴボウの八幡巻き
2016年03月13日 本みりんレシピ☆照り焼きチキンと菜の花ののり巻き
2016年02月15日 本みりんレシピ☆豚肉と大豆のしょうが煮
2014年11月13日 白扇酒造のお料理レシピ
2012年03月21日 本みりんレシピ☆桜の泡みりん(古谷史織さん)
2012年03月21日 本みりんレシピ☆ポキご飯(古谷史織さん)
2012年03月21日 本みりんレシピ☆マーブルレアチーズケーキ
2012年03月21日 本みりんレシピ☆文旦美醂サワー(古谷史織さん)
2012年02月15日 本みりんレシピ☆野菜とフルーツのジャム(堀川のぞみさん)
2012年02月15日 本みりんレシピ☆抹茶豆腐ムース(堀川のぞみさん)
2012年02月15日 本みりんレシピ☆Wチョコカップケーキ(堀川のぞみさん)
2012年02月15日 本みりんレシピ☆はったい粉と みりんのクッキー(堀川のぞみさん)
2012年01月13日 本みりんレシピ☆手まり寿司(高橋やよいさん)
2012年01月13日 本みりんレシピ☆桜えびの佃煮(高橋やよいさん)
2012年01月13日 本みりんレシピ☆伊達巻(高橋やよいさん)
2012年01月13日 本みりんレシピ☆野菜チップスかりんとう(高橋やよいさん)
2012年01月13日 本みりんレシピ☆ゆずチョコケーキ(高橋やよいさん)
2011年12月21日 本みりんレシピ☆イチゴと小豆と本みりんのジャム(山口真理さん)
2011年12月21日 本みりんレシピ☆本みりんのエンゼルフードケーキ(山口真理さん)
2011年12月21日 本みりんレシピ☆本みりんとしょう油のポップオーバー(山口真理さん)
2011年12月01日 本みりんレシピ☆熟成サングリア(堀川のぞみさん)
2011年12月01日 本みりんレシピ☆味醂風味のホタテのゼリー寄せ(堀川のぞみさん)
2011年12月01日 本みりんレシピ☆味醂でまろやか 押し麦のトマトリゾット(堀川のぞみさん)
2011年12月01日 本みりんレシピ☆味醂が香るハーブローストチキンレッグ(堀川のぞみさん)
2011年12月01日 本みりんレシピ☆イチジクの味醂マリネ(堀川のぞみさん)
2011年11月09日 本みりんレシピ☆豚肉のみりん粕漬(古谷史織さん)
2011年11月09日 本みりんレシピ☆みりん粕漬豆腐と柿のピンチョス(古谷史織さん)
2011年11月09日 本みりんレシピ☆みりん粕 ソフトクッキー(古谷史織さん)
2011年10月19日 本みりんレシピ☆ライスペーパーの白いミルクレープ
2011年10月19日 本みりんレシピ☆チーズとナッツのみりんしょう油漬け
2011年10月19日 本みりんレシピ☆栗の渋皮煮
2011年10月19日 本みりんレシピ☆レーズンのみりん漬け
2011年10月19日 本みりんレシピ☆コーヒー酒
2011年10月05日 本みりんレシピ☆いちじくの赤ワイン煮
2011年10月05日 本みりんレシピ☆本みりんのキャラメルクリーム
2011年10月05日 本みりんレシピ☆人参とオレンジのジャム
2011年09月28日 本みりんレシピ☆生姜の佃煮(古谷史織さん)
2011年08月24日 本みりんレシピ☆焼き豚入りの甘辛ジャーマンポテト(高橋やよいさん)
2011年08月24日 本みりんレシピ☆キャラメルどら焼きのクリームチーズサンド(高橋やよいさん)
2011年08月24日 本みりんレシピ☆生姜とナッツのフロランタン最中
2011年08月24日 本みりんレシピ☆小豆の粒あん(高橋やよいさん)
2011年08月03日 本みりんレシピ☆ライムレモネード(堀川のぞみさん)
2011年08月03日 本みりんレシピ☆シュリンプカクテル(堀川のぞみさん)
2011年08月03日 本みりんレシピ☆野菜スティック 奈良漬マヨディップ(堀川のぞみさん)
2011年07月20日 本みりんレシピ☆本みりんと煎りごまのラスク(山口真理さん)
2011年07月20日 本みりんレシピ☆本みりんをかけた牛乳屋さんのプリン(山口真理さん)
2011年07月20日 本みりんレシピ☆玄米と本みりんアイス(山口真理さん)
2011年07月06日 本みりんレシピ☆和風サルサ(堀川のぞみさん)
2011年07月06日 本みりんレシピ☆本みりんが隠し味のチリコンカン(堀川のぞみさん)
2011年07月06日 本みりんレシピ☆ピナコラーダムース(堀川のぞみさん)
2011年06月22日 本みりんレシピ☆季節のフルーツを使ったみりん「苺みりん」(古谷史織さん)
2011年06月15日 【本みりんdeお母さんの味★最優秀賞レシピ】お野菜じゃが
2011年06月15日 【本みりんdeお母さんの味★優秀賞レシピ】かしわごはん
2011年06月15日 【本みりんdeお母さんの味★優秀賞レシピ】みりん漬け豆腐♪山椒風味
2011年06月15日 【本みりんdeお母さんの味★優秀賞レシピ】にんじんのかりかり炒め
2011年06月15日 【本みりんdeお母さんの味★優秀賞レシピ】さつまいもプリン
2011年06月15日 【本みりんdeお母さんの味★優秀賞レシピ】親子4代おかぼの炊いたん
2011年06月15日 【本みりんde母の味★優秀賞レシピ】肉じゃが豆腐キムチ鍋
2011年06月15日 【本みりんdeお母さんの味★優秀賞レシピ】ナスとピーマン味噌炒め
2011年06月15日 【本みりんdeお母さんの味★優秀賞レシピ】みりんジュレサラダカクテル
2011年05月18日 本みりんレシピ☆みたらしキャラメル団子(高橋やよいさん)
2011年05月18日 本みりんレシピ☆いちごのコンフィチュール(高橋やよいさん)
2011年05月18日 本みりんレシピ☆紅芋モンブラン・いちごのコンフィチュール入り(高橋やよいさん)
2011年05月18日 本みりんレシピ☆薔薇のジャム(高橋やよいさん)
2011年05月18日 本みりんレシピ☆寒天レアチーズムース(高橋やよいさん)
2011年05月18日 本みりんレシピ☆薔薇のハート型ケーキ(高橋やよいさん)
2011年05月18日 本みりんレシピ☆薔薇のスクエアシフォンケーキ(高橋やよいさん)
2011年05月18日 本みりんレシピ☆旨みたっぷりのはね付き餃子(高橋やよいさん)
2011年04月20日 本みりんレシピ☆本みりん和風ロールケーキ(山口真理さん)
2010年10月19日 misa先生の本みりんレシピ☆ピーマン肉詰め
2010年10月19日 misa先生の本みりんレシピ☆こんにゃくのきんぴら風
2010年10月19日 本みりんレシピ☆いわしの梅みりん煮
2010年10月19日 misa先生の本みりんレシピ☆ささみのみりん干し
2010年09月01日 【最優秀賞レシピ】みりんdeこくアップのエビカリー
2010年09月01日 【優秀賞レシピ】夏にぴったりのひたし豆
2010年09月01日 【優秀賞レシピ】みりんde韓国風さきいかの和え物
2010年09月01日 【優秀賞レシピ】ワンタン皮のピリッと中華みりんだれ
2010年09月01日 【優秀賞レシピ】みりん風味のしっとりケーキ
2010年08月11日 みりん粕ディップ
2010年07月06日 本みりんレシピ☆トマトでひや!
2010年07月02日 本みりんレシピ☆本みりんで作る本格カステラ
2010年06月28日 本みりんレシピ☆レンコンとそば粉のチヂミ風

良質な素材と昔ながらの手造りにこだわる岐阜の蔵元です。

本みりんde「お母さんの味」レシピコンテスト結果発表
「福来純三年熟成本みりん」をお試しいただきました!
2010年スペシャル版 ブログde本みりんレシピコンテスト結果発表
掲載雑誌紹介

当社の商品が紹介されました!

「この国の食を守りたい」辰巳芳子著(筑摩書房)
「この国の食を守りたい」
辰巳芳子著
(筑摩書房)
「おいしい玄米菜食レシピ/はじめてのマクロビオティック」(成美堂出版)
「おいしい玄米菜食レシピ/
はじめてのマクロビオティック」
(成美堂出版)
「CREA(クレア)」8月号(文藝春秋)
「CREA(クレア)」8月号
(文藝春秋)
「サライ増刊 美味サライ7月号」(小学館発行)
「サライ増刊 美味サライ7月号」
(小学館発行)