クリスマスや年末の雰囲気に包まれる季節になってきました。
年末にお友達や家族と楽しいホームパーティを企画している方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんなときローストビーフでおもてなしはいかがでしょう?
ローストビーフというとなんとなく難しいイメージですがちょっとしたコツで柔らかく作ることができます。
湯せんする湯を沸騰させずに80℃くらいでゆっくり加熱すると、お肉を切った時に柔らかく、きれいなロゼに仕上げることができます。
また加熱した後すぐに切ると肉汁が流れ出てしまうので、肉汁が落ち着くよう20分くらいおいてから切ります。

あらかじめ作って冷蔵庫に入れておけば、あとは切るだけ。
見た目にも華やかで、お酒とも相性が良いのでマスターしておくと便利です。

日本酒を蒸留して作った「初留10分」は上品な香りの焼酎。
おいしいお酒、おいしい料理、楽しい仲間。
満ち足りた楽しい時間をお過ごしくださいね。

【失敗しにくいローストビーフ 柚子胡椒ソース添え】
Img_1492

◆材料(2〜3人分)
牛モモ肉:300g
塩:少量
こしょう:少量
サラダ油:大さじ1

【ソース】
すりおろしタマネギ:50g
しょうゆ:大さじ1と1/2
福来純伝統製法熟成本みりん:大さじ2
酒:大さじ1
柚子胡椒:小さじ1/2

Img_1471


◆作り方
①作り始める30分くらい前に牛肉を常温に戻しておく。焼く直前に牛肉に塩、こしょうをまんべんなくつける。
②フライパンにサラダ油を入れて火にかけ、牛肉の全面を焼き付ける。
③牛肉をバットに取り出し、粗熱が取れたらジッパーつきの袋に入れ、しっかり空気を抜く。
フライパンはソース作りに使うので洗わない。
④大きめの鍋に湯をたっぷり沸かし、鍋底に泡がついたら(80℃)袋ごと入れる。湯温を75℃くらいに保ちながら40~50分くらい湯煎にかける。取り出してからそのまま20分くらい肉を休ませる。
⑤フライパンに残った余分なサラダ油をキッチンペーパーでふき取り、ソースの材料を入れて火にかける。
⑥肉を切って、皿に盛り付け、ソースを添える。

作り方を動画でご覧いただけます。


◆この料理に合うお酒
初留10分は辛口の日本酒のしぼりたてを蒸留し、一番おいしい最初の10分間ぶんだけを集めて作ったもので、香りがよくすっきりとした焼酎です。
すっきりとしたお酒なので、肉のうまみをストレートに感じられるローストビーフにも合います。

初留10分の詳細はこちら


フードコーディネーター佐々木有紀子さんのご紹介

Sasaki_yukiko
こんにちは。佐々木有紀子です。
フードコーディネーターとして料理教室の主催、レシピの提案、イベントの開催をしています。
また、地元の方々と郷土料理研究会を立ち上げ、伝統的な料理を学び、次世代に継承していく活動をしています。
「美醂のしずく」では季節感を大切にし、各家庭で大切にされてきた家庭料理を提案していきたいと思います。よろしくお願いいたします。

●プロフィール
大学卒業後、11年間高校で家庭科教諭。
大手教室で製菓・製パン、家庭料理を習得し同教室でアシスタント、講師として勤務。
広島クッキングスクールにてイタリア料理を習得。
フードコーディネーター、上級食品表示診断士、フードアナリスト、だしソムリエ。
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa主催

●佐々木有紀子さんのオフィシャルブログ
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa
http://saasa.petit.cc/muscat1/

秋も深まり、23日は二十四節気の『霜降(そうこう)』。
朝夕の気温が下がり、霜も降り始めるころと言われています。
地域によっては少しずつ冬の気配も感じられるようになってきました。

寒さも感じる季節になると、温かい料理がうれしいもの。
『大根の信太巻き』は大根を油揚げでまき、かんぴょうで結んだ煮物。
油揚げを使った料理を『信太(しのだ)』と呼ぶことがありますが、これは信太の森にいた葛の葉というきつねの話に由来するもの。

大根の信太巻きは、だしと調味料のうまみをしみこませたシンプルな煮物です。
かんぴょうで結ぶことでちょっとしたおもてなしにも使える一品になります。
余ったかんぴょうは、くせがないので、サラダやスープに入れてもおいしく、不足しがちな食物繊維を補うことができます。

すっきりとして香り高い花美蔵 秋あがりとも相性ピッタリです。
秋の夜長に親しい人をお招きして一緒にいただいてみてはいかがでしょうか?

【大根の信太巻き】
Img_1387

◆材料(2人分)
大根:油揚げの長さのもの2本 
油揚げ:2枚
かんぴょう:適量
砂糖:大さじ1と1/2
福来純伝統製法熟成本みりん:大さじ1
酒:大さじ1
しょうゆ:大さじ2弱
米(または米のとぎ汁):適量
塩(かんぴょうを戻す時に使う):少量

【だし】
水:2.5カップ
昆布:4g
かつおぶし:8g

Img_1307

◆作り方
①大根を油揚げの長さに切り、2センチ角にする。これを2本作る。鍋に水(分量外)と米を入れ、竹串が通るまで下ゆでして水に取る。
油揚げはキッチンペーパーでくるんで油抜きをし、3方の端を切って開く。
かんぴょうはさっと洗ってから塩で揉む。水洗いしてから20分くらい漬けて戻す。
水、昆布、かつおぶしを耐熱容器に入れ、600Wの電子レンジで2分加熱し、ザルでこして、だしをとる。
②油揚げの内側を上にしてまな板の上に広げ、大根を巻いてかんぴょうで留める。
包丁で3つに切る。
③鍋にだし、砂糖、酒、福来純伝統製法熟成本みりん、(2)を入れる。2、3分煮てからしょうゆを入れる。
落としブタをしてからフタを斜めにしておき、味を含むまで煮る。(20分くらい)
出来上がったら火を止め、冷ますとより味がしみ込む。
※好みでからしを添えても良いです。

作り方を動画でご覧いただけます。


<アレンジ例>
Img_1435
余ったかんぴょうはミネストローネなど洋風のスープにも合います。


◆この料理に合うお酒
花美蔵 秋あがりは岐阜県産の酒造好適米「ひだほまれ」を50%まで精米して仕込んだ純米大吟醸。
秋の清明な空と紅葉のように鮮明で繊細なお酒です。香り高くすっきりとした味わいは贅沢な時間へと誘います。
すっきりとしたお酒なので、だしのうまみの沁みた素材と相性ピッタリです。

秋あがりの詳細はこちら


フードコーディネーター佐々木有紀子さんのご紹介

Sasaki_yukiko
こんにちは。佐々木有紀子です。
フードコーディネーターとして料理教室の主催、レシピの提案、イベントの開催をしています。
また、地元の方々と郷土料理研究会を立ち上げ、伝統的な料理を学び、次世代に継承していく活動をしています。
「美醂のしずく」では季節感を大切にし、各家庭で大切にされてきた家庭料理を提案していきたいと思います。よろしくお願いいたします。

●プロフィール
大学卒業後、11年間高校で家庭科教諭。
大手教室で製菓・製パン、家庭料理を習得し同教室でアシスタント、講師として勤務。
広島クッキングスクールにてイタリア料理を習得。
フードコーディネーター、上級食品表示診断士、フードアナリスト、だしソムリエ。
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa主催

●佐々木有紀子さんのオフィシャルブログ
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa
http://saasa.petit.cc/muscat1/

2018年09月21日 なすの田舎煮〜秋なすは嫁に食わすな。と言いますが…〜本みりんレシピ

彼岸(ひがん)を迎え、秋もさらに深まってきました。朝夕に水の冷たさを感じる日もあります。
秋の彼岸とは9月23日の秋分の日をはさんだ7日間をさします。

なすは夏野菜の代表ですが、『秋なすは嫁に食わすな』ということわざが有名です。
長い間、『とても美味しいので嫁に食べさせるのがもったいない』という意地悪な姑の発言だと思っていたのですが、 『秋なすは体を冷やすから大切な嫁には食べさせられない』や『秋なすはタネが少ないので子宝に恵まれなくなる』などの嫁をいたわる優しい姑の発言ともいわれているのを知りました。
どちらが本当の意味かは分からないそうです。

なすの田舎煮はしょうゆ、みりん、砂糖、とうがらしを入れて、コトコト煮込んだ昔ながらの煮物です。
シンプルな煮物なので好みで干しエビを入れてうまみを足したり、サラダ油をごま油に変えて中華風にするなどアレンジもできます。

花美蔵 秋あがりはすっきりとした香り高いお酒なので、冷やしてすっきりいただきたい。
なすの田舎煮は温めても、冷やして食べてもおいしいのですが、秋らしい夜には少し温めて秋あがりに合わせてみてはいかがでしょうか?


【なすの田舎煮】
Img_0775_3

◆材料(2人分)
なす(中):3本
赤とうがらし:1/2本
しょうが:ひとかけ
水:1カップ
しょうゆ:大さじ2
砂糖:大さじ1
福来純伝統製法熟成本みりん:大さじ1
サラダ油:大さじ2

Img_0734


◆作り方
①なすのへたを切り、縦半分に切る。皮側に厚さの半分くらいまで斜めに2~3㎜間隔で切り込みを入れる。
なすの向きを反対にし、格子状になるように切り込みを入れたあと、食べやすい大きさに切る。
水に5分くらいつけてあくを抜く。
赤とうがらしは半分にちぎって種を取り、はさみで輪切りにする。
しょうがは皮をむき、繊維にそって薄切りにし、せん切りにする。水につけてあくを抜く。
②なすをザルにあげ、水気をふく。鍋にサラダ油を入れ、なすを入れて、全体に油が回るように中火で炒める。
③(2)に水、砂糖、福来純伝統製法熟成本みりん、赤とうがらしを入れ、煮汁が全体に回るようにアルミホイルで
落しぶたをし、さらにふたをして強めの弱火で5分煮る。
④(3)にしょうゆを加え、落しぶたとふたをして弱火で15分煮る。器に盛り付け、水気を切った針ショウガを添える。

作り方を動画でご覧いただけます。


◆この料理に合うお酒
花美蔵 秋あがりは岐阜県産の酒造好適米「ひだほまれ」を50%まで精米して仕込んだ純米大吟醸。
秋の清明な空と紅葉のように鮮明で繊細なお酒です。香り高くすっきりとした味わいは贅沢な時間へと誘います。
すっきりとしたお酒なので冷酒にして、トロトロになるまで煮たなすの濃厚さと相性が良いです。

秋あがりの詳細はこちら


フードコーディネーター佐々木有紀子さんのご紹介

Sasaki_yukiko
こんにちは。佐々木有紀子です。
フードコーディネーターとして料理教室の主催、レシピの提案、イベントの開催をしています。
また、地元の方々と郷土料理研究会を立ち上げ、伝統的な料理を学び、次世代に継承していく活動をしています。
「美醂のしずく」では季節感を大切にし、各家庭で大切にされてきた家庭料理を提案していきたいと思います。よろしくお願いいたします。

●プロフィール
大学卒業後、11年間高校で家庭科教諭。
大手教室で製菓・製パン、家庭料理を習得し同教室でアシスタント、講師として勤務。
広島クッキングスクールにてイタリア料理を習得。
フードコーディネーター、上級食品表示診断士、フードアナリスト、だしソムリエ。
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa主催

●佐々木有紀子さんのオフィシャルブログ
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa
http://saasa.petit.cc/muscat1/

2018年08月24日 白身魚のパクチー焼き〜残暑も健やかに乗り切るために〜本みりんレシピ

立秋を過ぎ、もうすぐ暦のうえでは『処暑(しょしょ)』。
暑さもおさまり、吹く風に涼しさが加わる頃と言われています。
朝夕には涼しい風を感じるようになりました。
一方で日中はまだ30℃を超す真夏日もあり、朝夕と日中で気温差があると夏の疲れが出がちです。
夏バテ気味で食欲がないときはいつもの食材に香味野菜やスパイスで風味を補って、積極的にいろいろな食材を食べて残暑を乗り切るようにしましょう。

白身魚のパクチー焼きはあっさりとした鯛をにんにく風味のオイルで焼き、パクチーなどのハーブや、ナンプラーなどのうまみの強い調味料で作ったソースを合わせたもの。
ソースは魚以外にも鶏肉や豚肉を焼いたものとも相性が良く、食欲が進みます。
福来純伝統製法熟成本みりんを使えばより一層、味に深みが増します。

【白身魚のパクチー焼き】
Img_0623

◆材料(2人分)
鯛の切り身:2切れ
にんにく:1/2片
パクチー:好みの量
塩:少量
レモン:1/4個
サラダ油:大さじ1

【調味料】
レモン汁:大さじ1
スイートチリ:大さじ1
ナンプラー:大さじ1
福来純伝統製法熟成本みりん:大さじ1/2

Img_0497


◆作り方
①にんにくを横に薄切りにする。パクチーは一部を飾り用に取り除き、残りをみじん切りにする。
レモンを縦半分に切る。
②鯛の皮目に切り込みを入れ、パクチーのみじん切りをはさむ。軽く塩を振る。
③フライパンにサラダ油と(1)のにんにくを入れて火にかける。きつね色になったら、にんにくを取り出す。
取り出したにんにくは後で飾りに使うため、取っておく。
鯛の皮目を下にして入れ、きつね色に焼けたら裏返し、同じように焼く。
ふたをして完全に火が通るまで焼く。
④調味料を混ぜてソースを作る。
⑤(3)の火を止め、皿に盛り付ける。鯛に(4)で作ったソースをかけ、にんにくチップ、レモン、飾り用のパクチーを添える。

作り方を動画でご覧いただけます。


<アレンジ例>
白身魚の代わりに鶏の胸肉や豚ヒレで作るとあっさりとした仕上がりになります。


◆この料理に合うお酒
江戸時代、関西では夏場の栄養補給に飲まれた甘いお酒を「柳蔭」と呼びました。
もち米と米麹、米焼酎からできたこのお酒は、いわゆる「米のリキュール」。
ロックにしたり、氷と炭酸水、レモン、ミントを加えてもおいしいソーダ割ができます。
レモンを加えたソーダ割にするとさっぱりとした味わいで、にんにくやパクチーの風味を引き立てます。

柳蔭の詳細はこちら



フードコーディネーター佐々木有紀子さんのご紹介

Sasaki_yukiko_2
こんにちは。佐々木有紀子です。
フードコーディネーターとして料理教室の主催、レシピの提案、イベントの開催をしています。
また、地元の方々と郷土料理研究会を立ち上げ、伝統的な料理を学び、次世代に継承していく活動をしています。
「美醂のしずく」では季節感を大切にし、各家庭で大切にされてきた家庭料理を提案していきたいと思います。よろしくお願いいたします。

●プロフィール
大学卒業後、11年間高校で家庭科教諭。
大手教室で製菓・製パン、家庭料理を習得し同教室でアシスタント、講師として勤務。
広島クッキングスクールにてイタリア料理を習得。
フードコーディネーター、上級食品表示診断士、フードアナリスト、だしソムリエ。
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa主催

●佐々木有紀子さんのオフィシャルブログ
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa
http://saasa.petit.cc/muscat1/

2018年07月20日 鶏肉のくわ焼き〜本格的な夏がやってきました〜本みりんレシピ

今日は土用の丑の日。本格的な夏が始まりました。
暑くて体力が落ちがちな季節こそ、あっさりとしたものばかりでなく、鰻のような精のつきそうなものを食べて体力をつけたいところ。

ただ近年、鰻の稚魚であるシラスウナギの減少が世界的な問題になっていて、鰻も手軽に食べられない食材になってきています。

そんなとき鶏のモモ肉は便利な食材。
甘辛な照り焼き風のたれで『くわ焼き』にしてみてはいかがでしょうか?
ちょっと耳慣れない『くわ焼き』ですが、そもそもは畑仕事の合間に農機具の「鍬(くわ)」の上で野鳥などを焼いて食べたのが始まりと言われています。
片栗粉をつけて焼くので照り焼きよりも優しい口当たりとジューシーさが特徴。
福来純「伝統製法」熟成本みりんを使えばより一層、味に深みが増します。

【鶏肉のくわ焼き】
Img_0446


◆材料(2人分)
鶏モモ:1枚(250~300g)
しょうゆ:大さじ1
酒:大さじ2
砂糖:大さじ1
福来純「伝統製法」熟成本みりん:大さじ1
サラダ油:大さじ1
片栗粉:適量
水菜:適量(4cmに切る)
粉山椒:お好みで

Photo

◆作り方
①鶏モモの水けをふき取り、一口大に切る。しょうゆ、酒に10分つける。
②汁けをきり、片栗粉を振る。汁けをきったときに出るつけ汁は捨てずにとっておく。
③フライパンにサラダ油を引き、皮目を下にして3分くらい焼く。返して2分くらい焼く。
④福来純本みりん、砂糖、つけ汁を加え、煮からめる。
⑤皿に水菜を盛り、その上に盛り付ける。 好みで粉山椒を振る。

作り方を動画でご覧いただけます。


<アレンジ例>
鶏のモモ肉の代わりに胸肉や豚ヒレで作るとあっさりとした仕上がりになります。
加熱時間が長いとパサつくので火を通しすぎないように注意します。


◆この料理に合うお酒
江戸時代、関西では夏場の栄養補給に飲まれた甘いお酒を「柳蔭」と呼びました。
もち米と米麹、米焼酎からできたこのお酒は、いわゆる「米のリキュール」。
お好みの濃さで水割りやお湯割りにしていただくのがおすすめです。
水割りにするとさっぱりとした味わいの中にほのかな甘みがあり、照り焼き風味のお肉ともマッチします。

柳蔭の詳細はこちら



フードコーディネーター佐々木有紀子さんのご紹介

Sasaki_yukiko
こんにちは。佐々木有紀子です。
フードコーディネーターとして料理教室の主催、レシピの提案、イベントの開催をしています。
また、地元の方々と郷土料理研究会を立ち上げ、伝統的な料理を学び、次世代に継承していく活動をしています。
「美醂のしずく」では季節感を大切にし、各家庭で大切にされてきた家庭料理を提案していきたいと思います。よろしくお願いいたします。

●プロフィール
大学卒業後、11年間高校で家庭科教諭。
大手教室で製菓・製パン、家庭料理を習得し同教室でアシスタント、講師として勤務。
広島クッキングスクールにてイタリア料理を習得。
フードコーディネーター、上級食品表示診断士、フードアナリスト、だしソムリエ。
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa主催

●佐々木有紀子さんのオフィシャルブログ
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa
http://saasa.petit.cc/muscat1/

▼より以前の記事一覧
2018年06月15日 オクラと長いもの梅肉和え〜湿度の多い季節に酸っぱい&ネバネバはいかが?〜本みりんレシピ
2018年05月18日 カツオのカルパッチョ〜新緑がまぶしい季節になりました〜本みりんレシピ
2018年04月13日 わけぎとアサリのぬた〜春の雨で穀物が育ちはじめる季節になりました〜本みりんレシピ
2018年03月16日 ふき味噌〜冬を耐えた植物から春の便りが届きました〜本みりんレシピ
2018年02月16日 里芋だんごの揚げだし風〜寒さの中に少しずつ春の訪れを感じるようになりました。〜本みりんレシピ
2018年01月26日 いわしのかば焼き丼〜寒さ本番。でも暦の上ではもうすぐ春です〜本みりんレシピ
2017年12月27日 お正月はみりんで本格料理にチャレンジ!「伊達巻」「鯛のかぶと煮」
2017年12月15日 本みりんレシピ☆いくらとゆり根の中華和え〜新酒のシーズンが始まりました〜
2017年11月24日 本みりんレシピ☆あんかけ茶碗蒸し〜寒い季節は湯気もごちそう〜
2017年10月20日 本みりんレシピ☆豚肩ロースのみそ漬け〜食欲の秋。発酵食品を見直してみては。〜
2017年09月15日 本みりんレシピ☆ほうれん草の白和え
2017年08月10日 本みりんレシピ☆タコ飯
2017年07月13日 本みりんレシピ☆さんが焼き
2017年06月14日 本みりんレシピ☆夏野菜のジュレスープ
2017年05月10日 本みりんレシピ☆鶏肉のかんたんオレンジ煮
2017年04月10日 本みりんレシピ☆爽やかな風が吹き、過ごしやすい季節になりました
2017年03月06日 本みりんレシピ☆3月になりました。木の芽やつぼみもふくらみ、いよいよ春ですね
2017年02月06日 本みりんレシピ☆暦の上では春。でもまだまだ寒い季節が続きます。
2017年01月06日 本みりんレシピ☆2017年もスタート。今年もよろしくお願いいたします。
2016年12月06日 本みりんレシピ☆冬一色。今年も残りわずかとなりました。
2016年11月07日 本みりんレシピ☆まもなく冬の到来。温かい料理で体を温めましょう
2016年10月08日 本みりんレシピ☆実りの秋。おいしいもので元気に過ごしましょう
2016年09月06日 本みりんレシピ☆秋到来。旬の食材で夏の疲れを取りましょう
2016年08月09日 本みりんレシピ☆暑さやクーラーで疲れがちな夏の体にお酢パワー
2016年07月06日 本みりんレシピ☆暑さも本格的に。スペアリブで夏バテ予防
2016年06月13日 本みりんレシピ☆ジメジメとした季節、自家製めんつゆであっさりと
2016年05月10日 本みりんレシピ☆忙しい毎日をサポート。肉みそで作り置きに挑戦!
2016年04月12日 本みりんレシピ☆新ゴボウの八幡巻き
2016年03月13日 本みりんレシピ☆照り焼きチキンと菜の花ののり巻き
2016年02月15日 本みりんレシピ☆豚肉と大豆のしょうが煮
2014年11月13日 白扇酒造のお料理レシピ
2012年03月21日 本みりんレシピ☆桜の泡みりん(古谷史織さん)
2012年03月21日 本みりんレシピ☆ポキご飯(古谷史織さん)
2012年03月21日 本みりんレシピ☆マーブルレアチーズケーキ
2012年03月21日 本みりんレシピ☆文旦美醂サワー(古谷史織さん)
2012年02月15日 本みりんレシピ☆野菜とフルーツのジャム(堀川のぞみさん)
2012年02月15日 本みりんレシピ☆抹茶豆腐ムース(堀川のぞみさん)
2012年02月15日 本みりんレシピ☆Wチョコカップケーキ(堀川のぞみさん)
2012年02月15日 本みりんレシピ☆はったい粉と みりんのクッキー(堀川のぞみさん)
2012年01月13日 本みりんレシピ☆手まり寿司(高橋やよいさん)
2012年01月13日 本みりんレシピ☆桜えびの佃煮(高橋やよいさん)
2012年01月13日 本みりんレシピ☆伊達巻(高橋やよいさん)
2012年01月13日 本みりんレシピ☆野菜チップスかりんとう(高橋やよいさん)
2012年01月13日 本みりんレシピ☆ゆずチョコケーキ(高橋やよいさん)
2011年12月21日 本みりんレシピ☆イチゴと小豆と本みりんのジャム(山口真理さん)
2011年12月21日 本みりんレシピ☆本みりんのエンゼルフードケーキ(山口真理さん)
2011年12月21日 本みりんレシピ☆本みりんとしょう油のポップオーバー(山口真理さん)
2011年12月01日 本みりんレシピ☆熟成サングリア(堀川のぞみさん)
2011年12月01日 本みりんレシピ☆味醂風味のホタテのゼリー寄せ(堀川のぞみさん)
2011年12月01日 本みりんレシピ☆味醂でまろやか 押し麦のトマトリゾット(堀川のぞみさん)
2011年12月01日 本みりんレシピ☆味醂が香るハーブローストチキンレッグ(堀川のぞみさん)
2011年12月01日 本みりんレシピ☆イチジクの味醂マリネ(堀川のぞみさん)
2011年11月09日 本みりんレシピ☆豚肉のみりん粕漬(古谷史織さん)
2011年11月09日 本みりんレシピ☆みりん粕漬豆腐と柿のピンチョス(古谷史織さん)
2011年11月09日 本みりんレシピ☆みりん粕 ソフトクッキー(古谷史織さん)
2011年10月19日 本みりんレシピ☆ライスペーパーの白いミルクレープ
2011年10月19日 本みりんレシピ☆チーズとナッツのみりんしょう油漬け
2011年10月19日 本みりんレシピ☆栗の渋皮煮
2011年10月19日 本みりんレシピ☆レーズンのみりん漬け
2011年10月19日 本みりんレシピ☆コーヒー酒
2011年10月05日 本みりんレシピ☆いちじくの赤ワイン煮
2011年10月05日 本みりんレシピ☆本みりんのキャラメルクリーム
2011年10月05日 本みりんレシピ☆人参とオレンジのジャム
2011年09月28日 本みりんレシピ☆生姜の佃煮(古谷史織さん)
2011年08月24日 本みりんレシピ☆焼き豚入りの甘辛ジャーマンポテト(高橋やよいさん)
2011年08月24日 本みりんレシピ☆キャラメルどら焼きのクリームチーズサンド(高橋やよいさん)
2011年08月24日 本みりんレシピ☆生姜とナッツのフロランタン最中
2011年08月24日 本みりんレシピ☆小豆の粒あん(高橋やよいさん)
2011年08月03日 本みりんレシピ☆ライムレモネード(堀川のぞみさん)
2011年08月03日 本みりんレシピ☆シュリンプカクテル(堀川のぞみさん)
2011年08月03日 本みりんレシピ☆野菜スティック 奈良漬マヨディップ(堀川のぞみさん)
2011年07月20日 本みりんレシピ☆本みりんと煎りごまのラスク(山口真理さん)
2011年07月20日 本みりんレシピ☆本みりんをかけた牛乳屋さんのプリン(山口真理さん)
2011年07月20日 本みりんレシピ☆玄米と本みりんアイス(山口真理さん)
2011年07月06日 本みりんレシピ☆和風サルサ(堀川のぞみさん)
2011年07月06日 本みりんレシピ☆本みりんが隠し味のチリコンカン(堀川のぞみさん)
2011年07月06日 本みりんレシピ☆ピナコラーダムース(堀川のぞみさん)
2011年06月22日 本みりんレシピ☆季節のフルーツを使ったみりん「苺みりん」(古谷史織さん)
2011年06月15日 【本みりんdeお母さんの味★最優秀賞レシピ】お野菜じゃが
2011年06月15日 【本みりんdeお母さんの味★優秀賞レシピ】かしわごはん
2011年06月15日 【本みりんdeお母さんの味★優秀賞レシピ】みりん漬け豆腐♪山椒風味
2011年06月15日 【本みりんdeお母さんの味★優秀賞レシピ】にんじんのかりかり炒め
2011年06月15日 【本みりんdeお母さんの味★優秀賞レシピ】さつまいもプリン
2011年06月15日 【本みりんdeお母さんの味★優秀賞レシピ】親子4代おかぼの炊いたん
2011年06月15日 【本みりんde母の味★優秀賞レシピ】肉じゃが豆腐キムチ鍋
2011年06月15日 【本みりんdeお母さんの味★優秀賞レシピ】ナスとピーマン味噌炒め
2011年06月15日 【本みりんdeお母さんの味★優秀賞レシピ】みりんジュレサラダカクテル
2011年05月18日 本みりんレシピ☆みたらしキャラメル団子(高橋やよいさん)
2011年05月18日 本みりんレシピ☆いちごのコンフィチュール(高橋やよいさん)
2011年05月18日 本みりんレシピ☆紅芋モンブラン・いちごのコンフィチュール入り(高橋やよいさん)
2011年05月18日 本みりんレシピ☆薔薇のジャム(高橋やよいさん)
2011年05月18日 本みりんレシピ☆寒天レアチーズムース(高橋やよいさん)
2011年05月18日 本みりんレシピ☆薔薇のハート型ケーキ(高橋やよいさん)
2011年05月18日 本みりんレシピ☆薔薇のスクエアシフォンケーキ(高橋やよいさん)
2011年05月18日 本みりんレシピ☆旨みたっぷりのはね付き餃子(高橋やよいさん)
2011年04月20日 本みりんレシピ☆本みりん和風ロールケーキ(山口真理さん)
2010年10月19日 misa先生の本みりんレシピ☆ピーマン肉詰め
2010年10月19日 misa先生の本みりんレシピ☆こんにゃくのきんぴら風
2010年10月19日 本みりんレシピ☆いわしの梅みりん煮
2010年10月19日 misa先生の本みりんレシピ☆ささみのみりん干し
2010年09月01日 【最優秀賞レシピ】みりんdeこくアップのエビカリー
2010年09月01日 【優秀賞レシピ】夏にぴったりのひたし豆
2010年09月01日 【優秀賞レシピ】みりんde韓国風さきいかの和え物
2010年09月01日 【優秀賞レシピ】ワンタン皮のピリッと中華みりんだれ
2010年09月01日 【優秀賞レシピ】みりん風味のしっとりケーキ
2010年08月11日 みりん粕ディップ
2010年07月06日 本みりんレシピ☆トマトでひや!
2010年07月02日 本みりんレシピ☆本みりんで作る本格カステラ
2010年06月28日 本みりんレシピ☆レンコンとそば粉のチヂミ風

良質な素材と昔ながらの手造りにこだわる岐阜の蔵元です。

蔵人が蔵の生情報をお届け!花美蔵のブログ
白扇酒造公式facebook
白扇酒造公式Instagram
掲載雑誌紹介

当社の商品が紹介されました!

Kanisan club 7月号(中広)
Kanisan club 7月号
(中広)
Discover Japan 4月号(エイ出版社)
Discover Japan 4月号
(エイ出版社)
家庭画報 新春特大号(世界文化社)
家庭画報 新春特大号
(世界文化社)
みりんの飲み方 ささのしずく著
「みりんの飲み方」
ささのしずく著