2018年07月20日 鶏肉のくわ焼き〜本格的な夏がやってきました〜本みりんレシピ

今日は土用の丑の日。本格的な夏が始まりました。
暑くて体力が落ちがちな季節こそ、あっさりとしたものばかりでなく、鰻のような精のつきそうなものを食べて体力をつけたいところ。

ただ近年、鰻の稚魚であるシラスウナギの減少が世界的な問題になっていて、鰻も手軽に食べられない食材になってきています。

そんなとき鶏のモモ肉は便利な食材。
甘辛な照り焼き風のたれで『くわ焼き』にしてみてはいかがでしょうか?
ちょっと耳慣れない『くわ焼き』ですが、そもそもは畑仕事の合間に農機具の「鍬(くわ)」の上で野鳥などを焼いて食べたのが始まりと言われています。
片栗粉をつけて焼くので照り焼きよりも優しい口当たりとジューシーさが特徴。
福来純「伝統製法」熟成本みりんを使えばより一層、味に深みが増します。

【鶏肉のくわ焼き】
Img_0446


◆材料(2人分)
鶏モモ:1枚(250~300g)
しょうゆ:大さじ1
酒:大さじ2
砂糖:大さじ1
福来純「伝統製法」熟成本みりん:大さじ1
サラダ油:大さじ1
片栗粉:適量
水菜:適量(4cmに切る)
粉山椒:お好みで

Photo

◆作り方
①鶏モモの水けをふき取り、一口大に切る。しょうゆ、酒に10分つける。
②汁けをきり、片栗粉を振る。汁けをきったときに出るつけ汁は捨てずにとっておく。
③フライパンにサラダ油を引き、皮目を下にして3分くらい焼く。返して2分くらい焼く。
④福来純本みりん、砂糖、つけ汁を加え、煮からめる。
⑤皿に水菜を盛り、その上に盛り付ける。 好みで粉山椒を振る。

作り方を動画でご覧いただけます。


<アレンジ例>
鶏のモモ肉の代わりに胸肉や豚ヒレで作るとあっさりとした仕上がりになります。
加熱時間が長いとパサつくので火を通しすぎないように注意します。


◆この料理に合うお酒
江戸時代、関西では夏場の栄養補給に飲まれた甘いお酒を「柳蔭」と呼びました。
もち米と米麹、米焼酎からできたこのお酒は、いわゆる「米のリキュール」。
お好みの濃さで水割りやお湯割りにしていただくのがおすすめです。
水割りにするとさっぱりとした味わいの中にほのかな甘みがあり、照り焼き風味のお肉ともマッチします。

柳蔭の詳細はこちら



フードコーディネーター佐々木有紀子さんのご紹介

Sasaki_yukiko
こんにちは。佐々木有紀子です。
フードコーディネーターとして料理教室の主催、レシピの提案、イベントの開催をしています。
また、地元の方々と郷土料理研究会を立ち上げ、伝統的な料理を学び、次世代に継承していく活動をしています。
「美醂のしずく」では季節感を大切にし、各家庭で大切にされてきた家庭料理を提案していきたいと思います。よろしくお願いいたします。

●プロフィール
大学卒業後、11年間高校で家庭科教諭。
大手教室で製菓・製パン、家庭料理を習得し同教室でアシスタント、講師として勤務。
広島クッキングスクールにてイタリア料理を習得。
フードコーディネーター、上級食品表示診断士、フードアナリスト、だしソムリエ。
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa主催

●佐々木有紀子さんのオフィシャルブログ
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa
http://saasa.petit.cc/muscat1/

2018年06月15日 オクラと長いもの梅肉和え〜湿度の多い季節に酸っぱい&ネバネバはいかが?〜本みりんレシピ

全国的に例年より少し早い梅雨入りになりました。
農作物の成長には欠かせない雨ですが、高い気温や湿度のあと、急に冷えたりすると体調が崩れやすくなることがあります。

食欲の落ちたときには酸っぱいものやネバネバしたものがおすすめ。
2月ごろに美しい花を咲かせた梅は6月ごろに実が熟してきます。
梅酒などには未熟な青い梅を使いますが、青い梅には毒があるので食べないように注意してください。
梅干しには黄色く熟した梅を使います。
梅干しには疲労回復や静菌作用のあるクエン酸などが含まれ、胃弱や腹痛、風邪などのときにおすすめです。

オクラのネバネバした触感はペクチンによるもの。
腹の調子を整えると言われています。
同じくネバネバの山芋も胃腸の粘膜を保護すると同時に、ゆっくり消化吸収するためスタミナが長持ちします。

『オクラと長いもの梅肉和え』は食欲不振や胃腸が乱れたときにピッタリの組み合わせ。
隠し味の福来純本みりんとゴマ油が梅干しの酸味をマイルドにしています。

【オクラと長いもの梅肉和え】
Photo

◆材料(2人分)
オクラ:3本
長いも:100g
梅干し:1~2個
のり:1枚

【調味料】
しょうゆ:小さじ1
みりん:小さじ1
ごま油:小さじ1/2

Img_0326


◆作り方
①まな板の上でオクラに塩を少量ふって板ずりをする。
さっとゆでて冷水にとり、冷めたら水気をふいて斜め切りにする。
②梅干しの実を外して潰す。調味料を混ぜる。
③長いもの皮をむき、ナイロン袋に入れる。めん棒で好みの大きさまで叩いてつぶす。
(1)、(2)も入れ、もんで混ぜる。
④器に盛り付け、ノリを刻んで散らす。

作り方を動画でご覧いただけます。


<アレンジ例>
オクラの代わりにきゅうりにするとシャキシャキした仕上がりになります。
切ったきゅうりに塩を振り、水気が出たら絞ります。
梅肉の量は梅干しの塩分によって加減します。


◆この料理に合う日本酒
花美蔵 花は華やかな味わいの中にキレがあるこの酒は辛口ですっきりしているお酒です。
そのまま冷やか冷酒にしてもおいしくいただけます。
すっきりとしたお酒なので梅肉の酸味と相性がよいです。
しっかり梅肉を効かせたほうがお酒に合います。

花美蔵 花の詳細はこちら



フードコーディネーター佐々木有紀子さんのご紹介

Sasaki_yukiko_2
こんにちは。佐々木有紀子です。
フードコーディネーターとして料理教室の主催、レシピの提案、イベントの開催をしています。
また、地元の方々と郷土料理研究会を立ち上げ、伝統的な料理を学び、次世代に継承していく活動をしています。
「美醂のしずく」では季節感を大切にし、各家庭で大切にされてきた家庭料理を提案していきたいと思います。よろしくお願いいたします。

●プロフィール
大学卒業後、11年間高校で家庭科教諭。
大手教室で製菓・製パン、家庭料理を習得し同教室でアシスタント、講師として勤務。
広島クッキングスクールにてイタリア料理を習得。
フードコーディネーター、上級食品表示診断士、フードアナリスト、だしソムリエ。
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa主催

●佐々木有紀子さんのオフィシャルブログ
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa
http://saasa.petit.cc/muscat1/

2018年05月18日 カツオのカルパッチョ〜新緑がまぶしい季節になりました〜本みりんレシピ

立夏(りっか)を過ぎ、暦のうえでは夏になりました。
木々の新芽が伸び、吹き抜ける風もさわやかに感じます。

『目には青葉 山ほととぎす 初がつお』は江戸時代の俳人・山口素堂の作。

目に映る美しい新緑、鳴き声の美しいほととぎす、おいしいカツオ。
江戸っ子が好んだものを詠み込んだこの句の流行によって、初夏に初がつおを食べるのが粋とされたと言われています。

カツオには初夏の初がつおと秋の戻りがつおの2つの旬があります。
初がつおはシーズンの始めで、脂が少なくあっさりとしているのが特徴。
それに対し、戻りがつおは三陸沖でたっぷり餌を食べ、脂がのっています。

カルパッチョはイタリア料理のひとつで、生の肉や魚で作ります。
カツオのカルパッチョは刺身の上にたっぷりの新鮮野菜をのせ、さっぱりとしたレモン風味のソースをかけたものです。
隠し味の福来純本みりんがソースに甘みとコクをプラスしています。

【カツオのカルパッチョ】
Photo

◆材料
カツオ(刺身用):1さく
水菜:1/6束
紫タマネギ:1/6個
貝割れ菜:1/8パック
ニンニク:1/2片

【調味料】
オリーブ油:大さじ2
レモン汁:小さじ2
塩:小さじ1/3
福来純「伝統製法」熟成本みりん:小さじ1

201805


◆作り方
①水菜を4㎝に切り、紫たまねぎを薄切りにして水にさらす。ニンニクは薄切りにする。
カツオを8㎜くらいの厚さに切る。
②塩、レモン汁、福来純本みりんを混ぜて塩が溶けたら、オリーブ油を混ぜる。
③皿にカツオを並べ、水菜、紫タマネギ、ニンニク、貝割れ菜を散らす。調味料を回しかける。

作りかたを動画でご覧いただけます。


<工夫ポイント>
201805_2
オリーブ油にスライスしたニンニクを入れて加熱し、ニンニクの臭いを油に移す。

201805_3
ニンニクを取り出し、カツオの表面を焼き付けてたたきにする。

201805_5
薄く切って盛り付け、ニンニクチップを散らす。オリーブ油にポン酢を加えて回しかける。


◆この料理に合う日本酒
花美蔵 花は華やかな味わいの中にキレがあり、辛口ですっきりしているお酒です。
そのまま冷やか冷酒にしてもおいしくいただけます。
すっきりとしたお酒なのでレモン汁の酸味と相性がよく、サラダ感覚でいただけます。

花美蔵 花の詳細はこちら




フードコーディネーター佐々木有紀子さんのご紹介

Sasaki_yukiko
こんにちは。佐々木有紀子です。
フードコーディネーターとして料理教室の主催、レシピの提案、イベントの開催をしています。また、地元の方々と郷土料理研究会を立ち上げ、伝統的な料理を学び、次世代に継承していく活動をしています。
「美醂のしずく」では季節感を大切にし、各家庭で大切にされてきた家庭料理を提案していきたいと思います。よろしくお願いいたします。

●プロフィール
大学卒業後、11年間高校で家庭科教諭。
大手教室で製菓・製パン、家庭料理を習得し同教室でアシスタント、講師として勤務。
広島クッキングスクールにてイタリア料理を習得。
フードコーディネーター、上級食品表示診断士、フードアナリスト、だしソムリエ。
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa主催

●佐々木有紀子さんのオフィシャルブログ
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa
http://saasa.petit.cc/muscat1/

コメント(0)  |  トラックバック(0)
2018年04月13日 わけぎとアサリのぬた〜春の雨で穀物が育ちはじめる季節になりました〜本みりんレシピ

今年の春は暖かい日が続いたおかげで、全国的に桜の花が早まっているようですね。
4月20日は二十四節気の『穀雨(こくう)』。穀物を潤す春の雨が降る頃という意味です。

春の暖かさのおかげで山からはタラの芽やこごみなどの山菜が、畑からは新タマネギや新じゃがなど季節のたよりが届いていますが、海でもアサリやホタルイカなどがおいしい季節を迎えています。

今では1年を通して手に入るため旬が分かりにくいアサリですが、身が大きくなりおいしいのは春です。
ゴールデンウィークに潮干狩りのご予定の方もいらっしゃるでしょう。
ですが4月末から5月にかけては2枚貝が毒化することもあるので、お出かけ予定の場合は地方自治体のホームページなどで事前に確認してから採るようにすると安心です。
市販のアサリは事前に検査を受けていますので、毒化したものが流通することはありません。

わけぎとアサリのぬたの『ぬた』は酢味噌和えのことです。
沼田が転じてぬたになったと言われています。
酢味噌は加熱して保存がきくので多めに作っておいて食材をアレンジしてもおいしくいただけます。

【わけぎとアサリのぬた】
2018

◆材料(2人分)
わけぎ:60g(1/2束)
水:1/2カップ

【A】
アサリ:200g
酒:大1

【B】
白みそ:35g
福来純本みりん:大2
砂糖:大1

【C】
酢:大1強
からし:小1/2~小1

201804


◆作り方
①わけぎを4㎝に切り、根と葉に分ける。フライパンに水を入れて沸騰させる。
根の部分を先に入れて加熱し、しんなりしたら葉の部分を入れ、さっと加熱する。
②ざるにあげてうちわであおいで冷ます。
※水っぽくなるので水に取らない。
③フライパンにAを入れてふたをし、火にかける。
貝が開いたら火を止め、殻から身を外す。
④小さい鍋にBを入れて火にかける。
よく混ぜながら、水分が蒸発してとろりとするまで加熱する。
火を止めてCを加えて混ぜる。
⑤食べる直前に②③④を入れて和え、盛り付ける。

作り方を動画でご覧いただけます。


<アレンジ例>
Photo
・アサリの代わりに…イカ、マグロ、アオヤギ、タコなど
・わけぎの代わりに…キュウリ、ほうれん草、ブロッコリーなど


◆この料理に合う日本酒
花美蔵 蔵は豊かな味わいの中にキレがあり、お米の味が感じられ、喉ごしがよくバランスの良いお酒です。
熱燗にしても、そのまま冷やでもおいしくいただけます。
キレがあるのでアサリのうまみとも相性がよく、酢味噌の濃厚さをすっきりとさせてくれます。

花美蔵 蔵の詳細はこちら


フードコーディネーター佐々木有紀子さんのご紹介

Sasaki_yukiko
こんにちは。佐々木有紀子です。
フードコーディネーターとして料理教室の主催、レシピの提案、イベントの開催をしています。また、地元の方々と郷土料理研究会を立ち上げ、伝統的な料理を学び、次世代に継承していく活動をしています。
「美醂のしずく」では季節感を大切にし、各家庭で大切にされてきた家庭料理を提案していきたいと思います。よろしくお願いいたします。

●プロフィール
大学卒業後、11年間高校で家庭科教諭。
大手教室で製菓・製パン、家庭料理を習得し同教室でアシスタント、講師として勤務。
広島クッキングスクールにてイタリア料理を習得。
フードコーディネーター、上級食品表示診断士、フードアナリスト、だしソムリエ。
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa主催

●佐々木有紀子さんのオフィシャルブログ
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa
http://saasa.petit.cc/muscat1/

コメント(0)  |  トラックバック(0)
2018年03月16日 ふき味噌〜冬を耐えた植物から春の便りが届きました〜本みりんレシピ

例年よりも冷え込んだ冬の寒さも緩み、日中は暖かく感じる日も増えてきました。
もうすぐ春分の日。本格的に春ですね。

春になるとたらの芽やふきのとうなどの山菜の便りが届きます。
これらの植物には独特の苦みがありますが、発芽したばかりの芽を動物に食べられないようにする植物の工夫です。
ですがこの苦みはポリフェノールなどで、抗酸化作用が高く、体の中の老廃物を排出してくれる働きがあると言われています。
カロリーも低く、食物繊維も豊富です。
子供のころは何がおいしいのか分からなかった山菜も大人になるとかすかに感じる苦みにおいしさを感じ、
新しい季節の訪れを告げる味にうれしさを感じるようになりました。

ふき味噌は甘くした味噌にかすかな苦みを感じる大人の味です。
お酒との相性がよく、甘さとほろ苦さでついついお酒が進んでしまいます。
ご飯との相性もいいのでまとめて作って季節を楽しむおかず味噌として利用してみてはいかがでしょうか?

【ふき味噌】
1

◆材料(6個分)
ふき:100g(20個ぐらい)
サラダ油:大1/2

【調味料】
味噌:150g
砂糖:50g
福来純本みりん:大4(60ml)

Photo

◆作り方
①ふきのとうを縦半分に切る。
②熱湯に入れて3〜4分ゆで、ざるに上げる。
ふきは、あくが強いので30分くらい水につけてあくを抜く。
③細かく刻み、水気を絞る。
④ナベにサラダ油を入れて、ふきを炒める。
⑤調味料を入れ、ねっとりするまで混ぜながら加熱する。

作り方を動画でご覧いただけます。


<アレンジ例>
ご飯のお供に。
1_2

油揚げにふき味噌を塗ってトースターでカリっとするまで焼きます。
味噌で香ばしくなり、苦みも弱くなります。ねぎとごまを添えてどうぞ。
2


◆この料理に合う日本酒
ほろ苦さと甘さのあるふき味噌とすっきりした花美蔵 蔵は相性の良い組み合わせ。
お酒、みそ、お酒…とすすんでしまうので、つい飲みすぎてしまいそう。
少し冷える夜には熱燗にし、ふき味噌をグリルで炙ってていただくのもおすすめです。

花見蔵 蔵の詳細はこちら


フードコーディネーター佐々木有紀子さんのご紹介

Sasaki_yukiko_2

こんにちは。佐々木有紀子です。
フードコーディネーターとして料理教室の主催、レシピの提案、イベントの開催をしています。また、地元の方々と郷土料理研究会を立ち上げ、伝統的な料理を学び、次世代に継承していく活動をしています。
「美醂のしずく」では季節感を大切にし、各家庭で大切にされてきた家庭料理を提案していきたいと思います。よろしくお願いいたします。

●プロフィール
大学卒業後、11年間高校で家庭科教諭。
大手教室で製菓・製パン、家庭料理を習得し同教室でアシスタント、講師として勤務。
広島クッキングスクールにてイタリア料理を習得。
フードコーディネーター、上級食品表示診断士、フードアナリスト、だしソムリエ。
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa主催

●佐々木有紀子さんのオフィシャルブログ
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa
http://saasa.petit.cc/muscat1/

コメント(0)  |  トラックバック(0)
▼より以前の記事一覧
2018年02月16日 里芋だんごの揚げだし風〜寒さの中に少しずつ春の訪れを感じるようになりました。〜本みりんレシピ
2018年01月26日 いわしのかば焼き丼〜寒さ本番。でも暦の上ではもうすぐ春です〜本みりんレシピ
2017年12月27日 お正月はみりんで本格料理にチャレンジ!「伊達巻」「鯛のかぶと煮」
2017年12月15日 本みりんレシピ☆いくらとゆり根の中華和え〜新酒のシーズンが始まりました〜
2017年11月24日 本みりんレシピ☆あんかけ茶碗蒸し〜寒い季節は湯気もごちそう〜
2017年10月20日 本みりんレシピ☆豚肩ロースのみそ漬け〜食欲の秋。発酵食品を見直してみては。〜
2017年09月15日 本みりんレシピ☆ほうれん草の白和え
2017年08月10日 本みりんレシピ☆タコ飯
2017年07月13日 本みりんレシピ☆さんが焼き
2017年06月14日 本みりんレシピ☆夏野菜のジュレスープ
2017年05月10日 本みりんレシピ☆鶏肉のかんたんオレンジ煮
2017年04月10日 本みりんレシピ☆爽やかな風が吹き、過ごしやすい季節になりました
2017年03月06日 本みりんレシピ☆3月になりました。木の芽やつぼみもふくらみ、いよいよ春ですね
2017年02月06日 本みりんレシピ☆暦の上では春。でもまだまだ寒い季節が続きます。
2017年01月06日 本みりんレシピ☆2017年もスタート。今年もよろしくお願いいたします。
2016年12月06日 本みりんレシピ☆冬一色。今年も残りわずかとなりました。
2016年11月07日 本みりんレシピ☆まもなく冬の到来。温かい料理で体を温めましょう
2016年10月08日 本みりんレシピ☆実りの秋。おいしいもので元気に過ごしましょう
2016年09月06日 本みりんレシピ☆秋到来。旬の食材で夏の疲れを取りましょう
2016年08月09日 本みりんレシピ☆暑さやクーラーで疲れがちな夏の体にお酢パワー
2016年07月06日 本みりんレシピ☆暑さも本格的に。スペアリブで夏バテ予防
2016年06月13日 本みりんレシピ☆ジメジメとした季節、自家製めんつゆであっさりと
2016年05月10日 本みりんレシピ☆忙しい毎日をサポート。肉みそで作り置きに挑戦!
2016年04月12日 本みりんレシピ☆新ゴボウの八幡巻き
2016年03月13日 本みりんレシピ☆照り焼きチキンと菜の花ののり巻き
2016年02月15日 本みりんレシピ☆豚肉と大豆のしょうが煮
2014年11月13日 白扇酒造のお料理レシピ
2012年03月21日 本みりんレシピ☆桜の泡みりん(古谷史織さん)
2012年03月21日 本みりんレシピ☆ポキご飯(古谷史織さん)
2012年03月21日 本みりんレシピ☆マーブルレアチーズケーキ
2012年03月21日 本みりんレシピ☆文旦美醂サワー(古谷史織さん)
2012年02月15日 本みりんレシピ☆野菜とフルーツのジャム(堀川のぞみさん)
2012年02月15日 本みりんレシピ☆抹茶豆腐ムース(堀川のぞみさん)
2012年02月15日 本みりんレシピ☆Wチョコカップケーキ(堀川のぞみさん)
2012年02月15日 本みりんレシピ☆はったい粉と みりんのクッキー(堀川のぞみさん)
2012年01月13日 本みりんレシピ☆手まり寿司(高橋やよいさん)
2012年01月13日 本みりんレシピ☆桜えびの佃煮(高橋やよいさん)
2012年01月13日 本みりんレシピ☆伊達巻(高橋やよいさん)
2012年01月13日 本みりんレシピ☆野菜チップスかりんとう(高橋やよいさん)
2012年01月13日 本みりんレシピ☆ゆずチョコケーキ(高橋やよいさん)
2011年12月21日 本みりんレシピ☆イチゴと小豆と本みりんのジャム(山口真理さん)
2011年12月21日 本みりんレシピ☆本みりんのエンゼルフードケーキ(山口真理さん)
2011年12月21日 本みりんレシピ☆本みりんとしょう油のポップオーバー(山口真理さん)
2011年12月01日 本みりんレシピ☆熟成サングリア(堀川のぞみさん)
2011年12月01日 本みりんレシピ☆味醂風味のホタテのゼリー寄せ(堀川のぞみさん)
2011年12月01日 本みりんレシピ☆味醂でまろやか 押し麦のトマトリゾット(堀川のぞみさん)
2011年12月01日 本みりんレシピ☆味醂が香るハーブローストチキンレッグ(堀川のぞみさん)
2011年12月01日 本みりんレシピ☆イチジクの味醂マリネ(堀川のぞみさん)
2011年11月09日 本みりんレシピ☆豚肉のみりん粕漬(古谷史織さん)
2011年11月09日 本みりんレシピ☆みりん粕漬豆腐と柿のピンチョス(古谷史織さん)
2011年11月09日 本みりんレシピ☆みりん粕 ソフトクッキー(古谷史織さん)
2011年10月19日 本みりんレシピ☆ライスペーパーの白いミルクレープ
2011年10月19日 本みりんレシピ☆チーズとナッツのみりんしょう油漬け
2011年10月19日 本みりんレシピ☆栗の渋皮煮
2011年10月19日 本みりんレシピ☆レーズンのみりん漬け
2011年10月19日 本みりんレシピ☆コーヒー酒
2011年10月05日 本みりんレシピ☆いちじくの赤ワイン煮
2011年10月05日 本みりんレシピ☆本みりんのキャラメルクリーム
2011年10月05日 本みりんレシピ☆人参とオレンジのジャム
2011年09月28日 本みりんレシピ☆生姜の佃煮(古谷史織さん)
2011年08月24日 本みりんレシピ☆焼き豚入りの甘辛ジャーマンポテト(高橋やよいさん)
2011年08月24日 本みりんレシピ☆キャラメルどら焼きのクリームチーズサンド(高橋やよいさん)
2011年08月24日 本みりんレシピ☆生姜とナッツのフロランタン最中
2011年08月24日 本みりんレシピ☆小豆の粒あん(高橋やよいさん)
2011年08月03日 本みりんレシピ☆ライムレモネード(堀川のぞみさん)
2011年08月03日 本みりんレシピ☆シュリンプカクテル(堀川のぞみさん)
2011年08月03日 本みりんレシピ☆野菜スティック 奈良漬マヨディップ(堀川のぞみさん)
2011年07月20日 本みりんレシピ☆本みりんと煎りごまのラスク(山口真理さん)
2011年07月20日 本みりんレシピ☆本みりんをかけた牛乳屋さんのプリン(山口真理さん)
2011年07月20日 本みりんレシピ☆玄米と本みりんアイス(山口真理さん)
2011年07月06日 本みりんレシピ☆和風サルサ(堀川のぞみさん)
2011年07月06日 本みりんレシピ☆本みりんが隠し味のチリコンカン(堀川のぞみさん)
2011年07月06日 本みりんレシピ☆ピナコラーダムース(堀川のぞみさん)
2011年06月22日 本みりんレシピ☆季節のフルーツを使ったみりん「苺みりん」(古谷史織さん)
2011年06月15日 【本みりんdeお母さんの味★最優秀賞レシピ】お野菜じゃが
2011年06月15日 【本みりんdeお母さんの味★優秀賞レシピ】かしわごはん
2011年06月15日 【本みりんdeお母さんの味★優秀賞レシピ】みりん漬け豆腐♪山椒風味
2011年06月15日 【本みりんdeお母さんの味★優秀賞レシピ】にんじんのかりかり炒め
2011年06月15日 【本みりんdeお母さんの味★優秀賞レシピ】さつまいもプリン
2011年06月15日 【本みりんdeお母さんの味★優秀賞レシピ】親子4代おかぼの炊いたん
2011年06月15日 【本みりんde母の味★優秀賞レシピ】肉じゃが豆腐キムチ鍋
2011年06月15日 【本みりんdeお母さんの味★優秀賞レシピ】ナスとピーマン味噌炒め
2011年06月15日 【本みりんdeお母さんの味★優秀賞レシピ】みりんジュレサラダカクテル
2011年05月18日 本みりんレシピ☆みたらしキャラメル団子(高橋やよいさん)
2011年05月18日 本みりんレシピ☆いちごのコンフィチュール(高橋やよいさん)
2011年05月18日 本みりんレシピ☆紅芋モンブラン・いちごのコンフィチュール入り(高橋やよいさん)
2011年05月18日 本みりんレシピ☆薔薇のジャム(高橋やよいさん)
2011年05月18日 本みりんレシピ☆寒天レアチーズムース(高橋やよいさん)
2011年05月18日 本みりんレシピ☆薔薇のハート型ケーキ(高橋やよいさん)
2011年05月18日 本みりんレシピ☆薔薇のスクエアシフォンケーキ(高橋やよいさん)
2011年05月18日 本みりんレシピ☆旨みたっぷりのはね付き餃子(高橋やよいさん)
2011年04月20日 本みりんレシピ☆本みりん和風ロールケーキ(山口真理さん)
2010年10月19日 misa先生の本みりんレシピ☆ピーマン肉詰め
2010年10月19日 misa先生の本みりんレシピ☆こんにゃくのきんぴら風
2010年10月19日 本みりんレシピ☆いわしの梅みりん煮
2010年10月19日 misa先生の本みりんレシピ☆ささみのみりん干し
2010年09月01日 【最優秀賞レシピ】みりんdeこくアップのエビカリー
2010年09月01日 【優秀賞レシピ】夏にぴったりのひたし豆
2010年09月01日 【優秀賞レシピ】みりんde韓国風さきいかの和え物
2010年09月01日 【優秀賞レシピ】ワンタン皮のピリッと中華みりんだれ
2010年09月01日 【優秀賞レシピ】みりん風味のしっとりケーキ
2010年08月11日 みりん粕ディップ
2010年07月06日 本みりんレシピ☆トマトでひや!
2010年07月02日 本みりんレシピ☆本みりんで作る本格カステラ
2010年06月28日 本みりんレシピ☆レンコンとそば粉のチヂミ風

良質な素材と昔ながらの手造りにこだわる岐阜の蔵元です。

本みりんde「お母さんの味」レシピコンテスト結果発表
「福来純三年熟成本みりん」をお試しいただきました!
2010年スペシャル版 ブログde本みりんレシピコンテスト結果発表
掲載雑誌紹介

当社の商品が紹介されました!

「この国の食を守りたい」辰巳芳子著(筑摩書房)
「この国の食を守りたい」
辰巳芳子著
(筑摩書房)
「おいしい玄米菜食レシピ/はじめてのマクロビオティック」(成美堂出版)
「おいしい玄米菜食レシピ/
はじめてのマクロビオティック」
(成美堂出版)
「CREA(クレア)」8月号(文藝春秋)
「CREA(クレア)」8月号
(文藝春秋)
「サライ増刊 美味サライ7月号」(小学館発行)
「サライ増刊 美味サライ7月号」
(小学館発行)