みなさん、こんにちは。
みりんは調味料として使われています。
ただ、もともとみりんは甘いお酒として飲まれていました。
みりんは寝かせるほど熟成が進み、それにつれて複雑な味わいとなり、それが味や香りに幅がでてきます。
白扇酒造では、伝統製法熟成本みりんよりもさらに熟成させた「古々美醂」を造っています。
古々美醂は、まるで黒蜜のような深みのあるこげ茶色にチョコレートのような甘い香りを漂わせます。
その甘みは、一言では言い尽くせないほど、複雑でとろりと濃厚な、極上の味わいです。
今回は、そんな古々美醂を紹介します。

独特の風味の秘密
初めて口にされた方は、「デザートワイン?それとも黒蜜…?」と、驚かれます。
その芳しさと甘美な味わいは、何かに似ているようで似ていない、みりんならではのもの。
古々美醂は、デザートのシロップや料理の隠し味としてプロの料理人も使っています。

食前・食後酒の一杯に
料亭で食前・食後酒としても利用されている古々美醂。
リキュール感覚でストレートまたはロックでお召し上がりください。
上等なデザートワインのような濃醇な味わいは、ブルーチーズなどコクのあるつまみともよく合います。
自宅でも食前・食後酒としてお楽しみいただけます。

本格料理の隠し味に
10年かけて熟成された甘みとコクは“みりん”というひと言ではかたづけられない味わいがあります。
和・洋の有名料亭でソースや調味料としても愛用される古々美醂、料理が大好きな方、素材にとことんこだわりたい方にお勧めします。

煮物や照り焼きに使えば一味違う味わいに
特別な日など、いつもの家庭料理をランクアップさせたいときはありませんか?
そんなときに古々美醂を使うと、熟成された独特の甘みとコクのある料理になります。

デザート用のシロップに
古々美醂は、口に含んだとたん、ふわっと広がる上品な香りと柔らかな甘みがあります。
まるで高級なチョコレートのようにスイートなため、デザートのソースやシロップにも合います。
深みのある甘さが口いっぱいに広がり、いつものデザートをちょっぴり大人の味に仕上げてくれます。

なお古々美醂は本物のみりんのためアルコールを含みます。
お子様やアルコールの苦手な方は、煮切りをしアルコール分を飛ばせば安心してお召し上がりいただけます。


古々美醂は、毎年1,000lずつ取り置きして、温度変化が少なく、日の当たらない蔵の奥に貯蔵しています。
出荷数が限られる商品です。ご了承ください。

Goods721
古々美醂 500ml / 2,700円

古々美醂 のご購入はこちらから

みなさん、こんにちは。
早いもので、白扇酒造ではもう次の酒造りの時期が近づいてきています。
白扇酒造の酒造りは、杜氏の服部龍二を中心に5人体制で日々作業をしています。
服部龍二は、現在販売中の秋のお酒「花美蔵 純米吟醸ひやおろし」も造りました。
そんな白扇酒造の誇る杜氏、服部龍二に語ってもらいました。

Photo_20190912170001

1988年生まれの31歳。白扇酒造に入社するまでは全く畑違いの研磨や金型の仕事をしていました。友人と行った飲食店で飲んだ白扇酒造の酒の旨さに一瞬で惚れ込み、それまでの金属関係の仕事を投げ打って、すぐさま入社を決意しました。思い立ったら善は急げと、翌日には白扇酒造に問い合わせをしました。最も最初は副社長から相手もされず無視され続けたんですけどね。それでも怯むことなく入社にこぎつけ「日本で一番の酒」を目指して酒造りに携わるようになりました。

しかしここでぶち当たったのが「なぜこの作業をしているのか?」逆に「なぜこの作業をしないのか?」という数々の疑問でした。そもそも日本酒製造の現場は杜氏の背中を見て仕事を覚える“経験型”の昔気質が根強く、先輩に聞いても納得できないことが色々ありました。それで自分なりに本を読んで勉強するようになったんです。そこで行き着いた結論が、無駄をなくし、手をかけるべきところは手をかける。すなわちメリハリをつけた作業の中で、自分ならさらに美味しいお酒を造れるに違いないという答えを見出したのです。

そう思って生意気にも副社長に「自分ならできる!」と直談判しちゃったんですよ。そしたら答えは意外なもので、「やったらいいじゃん」って。あまりにあっさり得られたその返事に当初はなめられているのではと思いましたが、この言葉は本気で僕を信じてくれていて「お前に任せるぞ。やるなら真剣にやれ」という意味だったんですよね。だから誤解と分かった時は恥ずかしかったです。今思えば未経験の人間に任せるなんて本当に大きな賭けだったと思います。

清酒にみりん、焼酎、リキュール、ワイン等、多岐にわたる酒類を製造する白扇酒造。こうした仕事の多様性を、この上ない幸運だと考えています。様々な経験ができて、そこから色々な技術を得られる。杜氏にとってこんなに嬉しいことはないと思います。僕の目標は酒造りの現場において一流になることです。ご期待ください。

Photo_20190912170002
秋限定、花美蔵 純米吟醸ひやおろしは、冬に大切に醸したお酒です。新酒の味わいとはまた違うこの時期のために熟成させました。今年の出来は濃厚な旨さと程よい甘さが調和し、まったりとした仕上がりです。
ぜひ一度、呑んでみてください。

花美蔵 純米吟醸ひやおろし
1.8ℓは2,808円(税込)、720mlは1,404円(税込)です。
https://www.hakusenshuzou.jp/pickup/aki2019.html

2019年09月10日 米焼酎商品統合のお知らせ

10月1日より「杉樽焼酎」「初留10分」「森のすみか」「こっちゃ」「米焼酎25度」のうち近似規格の商品を統合することといたしました。
永きにわたりご愛顧いただいたお客様には、大変ご迷惑をおかけすることをお詫び申し上げますとともに、新しい商品をご愛顧いただきますようお願い申し上げます。

統合する商品は以下の通りです。

<<現在の商品>>
ここ一番杉樽焼酎25度 720ml
森のすみか 720ml
↓↓↓
<<新商品>>
杉樽焼酎森のすみか アルコール分25度
1,000円(税別)
720_20190910101001


<<現在の商品>>
ここ一番杉樽焼酎25度 1.8ℓ
森のすみか 1.8ℓ
↓↓↓
<<新商品>>
杉樽焼酎森のすみか アルコール分25度
2,200円(税別)
1800_20190910101001


<<現在の商品>>
ここ一番初留10分 720ml
こっちゃ 720ml
↓↓↓
<<新商品>>
初留10分こっちゃ アルコール分25度
1,000円(税別)

720


<<現在の商品>>
ここ一番初留10分 1.8ℓ
こっちゃ 1.8ℓ
↓↓↓
<<新商品>>
初留10分こっちゃ アルコール分25度
2,200円(税別)
1800

2019年09月06日 今年の秋は今年だけ!「純米吟醸ひやおろし」販売開始!

みなさん、こんにちは。
9月に入り、朝は肌寒く感じるようになりました。
白扇酒造では、秋のお酒「花美蔵 純米吟醸ひやおろし」の販売を開始しました!

Photo_20190905134901

ひやおろしとは、冬にしぼった新酒が劣化しないよう春先に火入れして貯蔵した日本酒です。
ひと夏を越え、外気と貯蔵庫の中の温度が同じくらいになった頃、2度目の加熱をせず、冷やのまま出荷します。
1度目の火入れは安定して熟成させるため。2度目に火入れをしないのは、お酒の繊細な香り・味わいのバランスを加熱で壊さないためです。
火入れとは、味のバランスを整えたり、殺菌するための加熱工程のことです。
このように、「ひや」のまま、大桶から樽に「おろし」て出荷していることから「ひやおろし」と呼ばれ、秋のお酒として親しまれています。

花美蔵 純米吟醸ひやおろしは、杜氏の服部龍二が丹精込めて冬に醸しました。
新酒の味わいとはまた違う、この時期のために熟成させました。
今年は、濃厚な旨さと程よい甘さが調和し、まったりと仕上げました。
それでいて、コシの強いあと味は、我が道を行くブレない白扇酒造らしさがあります。
旬の食材をより一層引き立ててくれる「花美蔵 純米吟醸ひやおろし」。
ぜひ、今年の秋は至福のひと時をご堪能ください。
Photo_20190905135001

花美蔵 純米吟醸ひやおろしの呑み方は、冷や(常温)または冷酒。
とくに冷やすとよりおいしく味わえます。
Photo_20190905134902

品質・味を維持するため、お醤油などが保管されている場所、冷蔵庫など、太陽光の当たらない涼しい場所で保管してください。
保管温度は特に決まっていませんが、冷やして飲むと美味しいお酒なので、10度以下の環境がオススメです。
Photo_20190905135002


「花美蔵 純米吟醸ひやおろし」のご購入はこちら
1.8L:2,808円(税込)
720ML:1,404円(税込)
https://www.hakusenshuzou.jp/pickup/aki2019.html

2019年08月30日 食用米、酒米…日本人に欠かせないお米

みなさんこんにちは。
今回は私たちの生活にはもちろん、お酒の原料にも欠かせない「お米」について紹介します。

お米の種類は大きく分けて3種類
私たちの生活になくてはならないお米。日本ならではの食べ物というイメージが強いかもしれませんが、もともとは縄文時代に大陸から伝来したものです。お米=稲(イネ)の学名はOryza sativa(オリザ・サティバ)といい、ラテン語でOryzaは「属性=イネ」、sativaは「栽培されている」という意味を持ちます。一口に米といっても、Oryzaはその形態や生理生態的特性の違いにより、japonica(日本型)・javanica(ジャワ型)・indica(インド型)に分類。日本型のジャポニカ米は玄米が短粒で粘りがあること、そして低温に強いのが大きな特徴。日本の寒冷地域で米作りが盛んなのは、そのためなのです。

1

世界の歴史
イネ(=オリザ)の祖先は、インド以東の亜熱帯〜熱帯アジアに広く分布する野生種。古代人がこれを採集し、住居近くの湿地にまいたことが栽培の始まりだといわれています。手近なところで食料を得るための工夫、これが稲作の起源なんですね。中国雲南省からインドあたりにかけて始まったとされる稲作文化は、四方に伝播していく中で気候風土に適応する遺伝子型が選択され、さらには人間の手で改良が加えられていきました。

2_20190829115401

日本のお米
日本におけるイネの品種の成立は平安時代までさかのぼるといわれており、時代が進むにつれてその数も増えていきました。代表的なのは私たちが普段食べている「うるち米」、お正月に欠かせないもちの原料である「もち米」、そしてお酒造りに欠かせない「酒米」などです。お米は約70%がデンプンでできており、そこに含まれるアミロースやアミロペクチンの割合によって性質が変わります。まずアミロースが17〜23%ほど含まれるのがうるち米です。アミロースの割合が少ないほど粘り強い米となり、時間の経過と共に粘りが少なくなり、パサパサした食感になります。しかしアミロースは時間が経過しても劣化しにくいため、長い間おいしく食べることができます。ちなみにもち米はアミロースが全く含まれていないため、あの独特のもっちりとした粘りが出るのです。

3_20190829115401

酒米
酒米は日本酒を醸造する原料、主に麹米(こうじまい)として使われるもの。正式には「酒造好適米」もしくは「醸造用玄米」と呼ばれています。お酒はお米の中央部の心白を出して使用するため、一般的に酒米は精米しやすいように粒が大きいのが特徴。

4

これ以外にもほどよい線状心白があること、タンパク質や脂肪分が少ないこと、外側は硬く内側は柔らかいこと、保水力に優れていることなどが、良い酒米の条件とされています。このように同じイネ(オリザ)でも、その種類や用途は様々。近年も技術の向上でお米はさらなる進化を遂げています。そんなお米の歴史に思いを馳せつつ、ごはんを食べたり日本酒を呑んでいただけると嬉しいですね。

▼より以前の記事一覧
2019年08月23日 昔から伝わる暑気払いのお酒「柳蔭」
2019年08月09日 八百津工場内の業務・通販部門の移転について
2019年08月05日 夏季休業のお知らせ
2019年08月02日 お中元・暑中見舞いにオススメの夏ギフト&今だけ送料無料のキャンペーン
2019年07月26日 お中元・暑中見舞い・残暑見舞いの違いとは?
2019年07月19日 北海道・西日本のお中元シーズン到来!白扇酒造のオススメギフト
2019年07月05日 東北・関東・北陸はお中元シーズン!贈り物にオススメなsummerギフトセット
2019年06月28日 お中元シーズンの今だけ!送料無料キャンペーン実施中!
2019年06月19日 G20サミット開催による配達遅延、着日指定の受付中止について
2019年06月14日 フレッシュで爽やかな風味!「夏の限定酒」発売
2019年05月31日 父の日に清酒とおつまみで素敵なひとときを
2019年05月17日 中国伝来?日本発生?本みりんの始まり
2019年05月10日 冷やすことでより美味しく!低温貯蔵酒
2019年04月22日 GW休暇の発送について
2019年04月12日 岐阜の個性豊かな9種類のお酒「岐阜九蔵」
2019年03月22日 4代目社長に聞く!お酒の健康効果
2019年01月07日 新年のご挨拶&営業開始のご案内
2018年12月19日 年末年始の発送について
2018年12月07日 4代目社長に聞く!お歳暮に込められた想い
2018年11月30日 酒蔵まつりにご来場ありがとうございました♪
2018年11月16日 お歳暮の時期到来!白扇酒造のおすすめギフト
2018年11月02日 5代目に聞く!芋焼酎を造り始めたきっかけとは
2018年10月12日 10月は柚子の季節!旬の果物を使った柚子にごり
2018年09月28日 本物を極めた古々美醂!オススメの使い方
2018年09月14日 秋のお酒、ひやおろしの由来とは?
2018年08月31日 どんな記念日がある?お酒・みりんの日
2018年08月30日 鶏肉のくわ焼きを作ってみました!
2018年08月06日 夏季休業のお知らせ
2018年08月03日 サマーセレクションでポイント還元!! 終了間近
2018年08月01日 オクラと長いもの梅肉和えを作ってみました!
2018年07月27日 古くから続く白扇酒造の歴史
2018年07月23日 フランスの日本酒品評会「KURA MASTER」で金賞を受賞!
2018年06月27日 サラダ仕立てのタイ風そうめんを作ってみました!
2018年06月22日 夏限定酒、生貯蔵酒の製造工程!
2018年05月29日 お野菜じゃがを作ってみました!
2018年04月23日 GW休暇の発送について
2018年04月06日 伝統ある白扇酒造の本みりん、うまさの決め手とは?
2018年03月23日 本みりんの「本」って何?
2018年03月15日 3月の冬の酒蔵まつりのご来場、ありがとうございました!
2018年03月02日 健康維持に!やさしい身体の味方「糀」
2018年01月19日 良いことずくめな「こうじ」の秘めたる力とは!?
2018年01月09日 新年のご挨拶&営業開始のご案内
2017年12月20日 年末年始の発送について
2017年12月18日 当選者発表!お歳暮お買い上げプレゼントキャンペーン
2017年12月08日 新杜氏「服部龍二」に聞く!酒造りへの想い
2017年12月01日 冬ギフト・お歳暮を販売中!
2017年11月30日 秋の酒蔵まつりin川辺町にご来場ありがとうございました♪
2017年11月15日 お歳暮お買い上げプレゼントキャンペーンをスタート!
2017年11月02日 伝統製法で造る白扇酒造の「梅酒」
2017年09月22日 プロの料理人も愛用、本物を極めた「古々美醂」発売中!
2017年09月08日 秋限定酒!秋あがり&ひやおろし販売開始!!
2017年08月25日 ボトリング工場の裏側!ボトリングラインとおいしさのヒミツ
2017年07月21日 おいしい日本酒をつくる「酒米」とは!
2017年04月27日 GW休暇の発送について
2017年04月27日 新酒鑑評会で純米酒・本醸造酒が受賞!
2017年02月20日 ≪ご予約は3月8日まで≫蔵開きイベント限定品
2017年01月18日 予約受付開始♪蔵開きイベント限定販売、しぼりたて生酒3種、糀(こうじ)
2016年12月26日 年末年始の発送について
2016年11月16日 冬ギフト、お歳暮特集&お歳暮お買い上げプレゼントキャンペーンスタート!
2016年10月05日 お待たせしました!長期熟成本みりん(古々味醂)
2016年10月03日 秋あがり&ひやおろし販売開始!
2016年08月11日 夏季休暇のお知らせ
2016年06月02日 夏ギフト特集&SUMMERキャンペーンスタート!
2016年04月27日 GWのお知らせ
2016年02月03日 限定、こぼれ梅、糀甘酒など「糀(こうじ)」商品販売中!
2016年01月23日 この季節にしか味わえない“しぼりたて生酒3種”
2016年01月20日 予約受付開始♪蔵開きイベント限定販売、しぼりたて生酒3種
2015年12月03日 今年第一号の初仕込み「新酒一号」
2015年11月29日 限定!「プレミアム福来純セット」
2015年10月26日 2015新酒ピーチワイン「桃の園」
2015年10月05日 『古々味醂(ここみりん)』発売中!
2015年09月16日 秋を楽しむ『新酒』予約販売開始!
2015年08月26日 夏ギフトキャンペーン当選発表!
2015年07月31日 夏季休暇中の発送スケジュールについて
2015年07月10日 夏場の暑気払いとして・・・幻のお酒「柳蔭」
2015年06月15日 夏の限定品です!生貯蔵酒
2015年06月10日 2015白扇酒造の夏ギフト
2015年04月27日 GW休暇の発送スケジュールについて
2015年04月15日 花美蔵の料理酒の魅力
2015年02月19日 蔵開きイベント限定品、最終!ご予約受付中!
2015年02月09日 ≪発売開始!≫しぼりたて“生酒3種”
2015年01月27日 ご予約受付中♪蔵開き(朝しぼり)イベント限定品
2014年11月28日 純米吟醸 超特選がリニューアルしました♪
2014年11月13日 冬ギフト特集がスタート
2014年10月13日 リキュールと果実酒って何か違うの?
2014年10月06日 岐阜にも楽しい焼酎がある。これって面白くない?
2014年09月24日 おためしミニボトル限定発売!!【10月末までの限定】
2014年09月18日 秋あがりの美味しいお酒 ≪白扇酒造の秋特集≫
2014年08月12日 夏季休暇のお知らせ
2014年06月26日 自宅で本格リキュール
2014年06月11日 新発売!おかみさんのかくし酒
2014年03月20日 消費税率変更に伴うお知らせ
2014年02月19日 配送について
2014年01月25日 ≪予約受付中!≫純米3種の“しぼりたて生酒”
2014年01月22日 【特別企画】朝しぼり限定予約販売
2013年11月28日 おすすめレシピ本
2013年09月16日 2013☆新酒「PEACH WINE 桃の園」予約受付中です!
2013年09月12日 原酒になって新発売!「ひやおろし」予約開始です!
2013年08月22日 【期間限定】焼酎飲み比べセットのご注文承りは8月末までです♪
2013年07月25日 みりんのお話1~みりんってお酒ですか?
2013年04月23日 母の日に日頃の感謝を込めて本みりん、果実酒はいかがでしょう♪
2013年04月17日 県産米を用いた純米造りの酒「花美蔵 岐阜九蔵 」
2013年02月19日 【期間限定】貴重なみりん粕“こぼれ梅”も入った「調味セット」
2013年02月07日 【期間限定】日本テレビ 満天★青空レストランで紹介された「満天セット」
2013年01月28日 “しぼりたて生酒3種”予約承り中です!
2013年01月13日 イベントのみでしか味わえない♪「蔵出し原酒」「糀三昧セット」予約限定販売!
2012年12月19日 【お歳暮ギフトお買い上げプレゼントキャンペーン】終了しました!
2012年11月16日 お歳暮お買い上げプレゼントキャンペーンを実施します!
2012年09月25日 「桃の園」が装い新たに新発売。今年はヴィンテージも!
2012年09月05日 “最も美味しい日本酒”ひやおろし本日WEB先行予約受付スタート!
2012年08月08日 お中元お買い上げプレゼントキャンペーン当選者発表!
2012年08月06日 暑中お見舞い申し上げます!今年の夏季休暇は・・・
2012年03月29日 ブログライター古谷さんの料理教室で「福来純三年熟成本みりん」が紹介されました!
2011年09月15日 “最も美味しい日本酒”ひやおろし発売日決定!10月5日(水)
2011年09月14日 プレゼントが当たる!メルマガ会員登録は本日正午まで!
2011年03月29日 最新の配送状況についてご案内
2011年03月14日 東北関東大震災被災者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。
2011年03月14日 私たちができることを考えてみました。
2011年03月02日 今年も大盛況でした♪「朝しぼりのお酒を汲む会」
2011年02月09日 白扇酒造公認ブログライター募集のお知らせ♪
2010年12月27日 帰省のお土産・お年賀特集が始まりました≪送料一律315円≫
2010年11月20日 出ました!“杉玉”
2010年10月15日 念願の“芋焼酎”
2010年09月24日 新しい「道の駅」登場!
2010年09月21日 あの中田英寿氏が・・・!
2010年08月26日 暑すぎでしょッッ!
2010年07月01日 みりんの搾り
2010年06月24日 白扇の密かな人気商品

良質な素材と昔ながらの手造りにこだわる岐阜の蔵元です。

蔵人が蔵の生情報をお届け!花美蔵のブログ
白扇酒造公式facebook
白扇酒造公式Instagram
掲載雑誌紹介

当社の商品が紹介されました!

Kanisan club 7月号(中広)
Kanisan club 7月号
(中広)
Discover Japan 4月号(エイ出版社)
Discover Japan 4月号
(エイ出版社)
家庭画報 新春特大号(世界文化社)
家庭画報 新春特大号
(世界文化社)
みりんの飲み方 ささのしずく著
「みりんの飲み方」
ささのしずく著