« 食用米、酒米…日本人に欠かせないお米 | トップページ | 「岐阜の地酒に酔う2019in大阪」で白扇酒造のお酒を呑めます! »

みなさん、こんにちは。
9月に入り、朝は肌寒く感じるようになりました。
白扇酒造では、秋のお酒「花美蔵 純米吟醸ひやおろし」の販売を開始しました!

Photo_20190905134901

ひやおろしとは、冬にしぼった新酒が劣化しないよう春先に火入れして貯蔵した日本酒です。
ひと夏を越え、外気と貯蔵庫の中の温度が同じくらいになった頃、2度目の加熱をせず、冷やのまま出荷します。
1度目の火入れは安定して熟成させるため。2度目に火入れをしないのは、お酒の繊細な香り・味わいのバランスを加熱で壊さないためです。
火入れとは、味のバランスを整えたり、殺菌するための加熱工程のことです。
このように、「ひや」のまま、大桶から樽に「おろし」て出荷していることから「ひやおろし」と呼ばれ、秋のお酒として親しまれています。

花美蔵 純米吟醸ひやおろしは、杜氏の服部龍二が丹精込めて冬に醸しました。
新酒の味わいとはまた違う、この時期のために熟成させました。
今年は、濃厚な旨さと程よい甘さが調和し、まったりと仕上げました。
それでいて、コシの強いあと味は、我が道を行くブレない白扇酒造らしさがあります。
旬の食材をより一層引き立ててくれる「花美蔵 純米吟醸ひやおろし」。
ぜひ、今年の秋は至福のひと時をご堪能ください。
Photo_20190905135001

花美蔵 純米吟醸ひやおろしの呑み方は、冷や(常温)または冷酒。
とくに冷やすとよりおいしく味わえます。
Photo_20190905134902

品質・味を維持するため、お醤油などが保管されている場所、冷蔵庫など、太陽光の当たらない涼しい場所で保管してください。
保管温度は特に決まっていませんが、冷やして飲むと美味しいお酒なので、10度以下の環境がオススメです。
Photo_20190905135002


「花美蔵 純米吟醸ひやおろし」のご購入はこちら
1.8L:2,808円(税込)
720ML:1,404円(税込)
https://www.hakusenshuzou.jp/pickup/aki2019.html

良質な素材と昔ながらの手造りにこだわる岐阜の蔵元です。

蔵人が蔵の生情報をお届け!花美蔵のブログ
白扇酒造公式facebook
白扇酒造公式Instagram
掲載雑誌紹介

当社の商品が紹介されました!

Kanisan club 7月号(中広)
Kanisan club 7月号
(中広)
Discover Japan 4月号(エイ出版社)
Discover Japan 4月号
(エイ出版社)
家庭画報 新春特大号(世界文化社)
家庭画報 新春特大号
(世界文化社)
みりんの飲み方 ささのしずく著
「みりんの飲み方」
ささのしずく著