« 「岐阜の地酒に酔う2019in東京」で白扇酒造のお酒を呑めます! | トップページ | 「岐阜の地酒に酔う2019in岐阜」で白扇酒造のお酒を呑めます! »

お中元も終わりの時期が近づいてきました。
地域によってお中元を贈る時期が違うため、この時期はお中元・暑中見舞い・残暑見舞いのどれを贈るべきか悩みませんか?
もともとお中元は中国から伝わったもので、お盆の時期に贈答品を持ち、挨拶回りをするようになったことが始まりです。
当時は身分の高い人に直接訪問し、贈答品を渡すことが常識だったそうです。
しかし、遠方の訪問は大変なため、代わりに暑さを見舞う手紙を出すようになりました。これが暑中見舞いの起源です。
なお、暑中見舞いは暑さのピークを見舞うもの、残暑見舞いはなかなか終わらない暑さを見舞うものです。
品物を贈ることをお中元、挨拶文を贈ることを暑中見舞い・残暑見舞いとされていました。
暑中見舞い・残暑見舞いは現在、ギフトに挨拶状を添えて一緒に贈ることが主流になっています。

現在のお中元・暑中見舞い・残暑見舞いの大きな違いは、贈る時期です。
お中元の時期は地域によって違い、7月1日〜7月15日までの地域と7月15日〜8月15日までの地域があります。
この時期を過ぎた場合は、暑中見舞い・残暑見舞いとして贈りましょう。
一般的に暑中見舞いは、7月19日〜8月7日ごろ、残暑見舞いは8月8日〜8月いっぱい、暑さが長引く年は9月に入っても残暑とされます。

白扇酒造は夏の贈り物にオススメなギフトを多数ご用意しています。
日本酒のギフトでオススメの夏の限定酒は、純米大吟醸・純米吟醸・純米酒の3種類です。
夏の限定酒 純米大吟醸は、岐阜県の清水と酒造好適米「ひだほまれ」を使った贅沢なお酒。
夏の限定酒 純米吟醸は、杜氏が時間をかけてじっくり丁寧に仕上げた滑らかな飲み口のお酒。
夏の限定酒 純米酒は、桜酵母を使用した酸味とバランスの取れたまろやかな味のお酒です。

お料理にも使え、そのまま飲むこともできる本みりんもギフトに人気です。
白扇酒造の本みりんは、伝統製法で作っている本物のみりん。
江戸時代には夏バテ防止の栄養ドリンクとして飲まれていたこともあり、夏にオススメの商品です。

夏の限定酒や本みりんなどをまとめたギフトセットも販売しています。
○夏の限定酒3種セット
Osusume1653
720ml3本入:4,700円(税込)


○伝統製法熟成本みりん、料理酒、夏の限定酒 純米セット
Osusume1950
720ml3本入:3,252円(税込)


○夏の限定酒 純米大吟醸、伝統製法熟成本みりんセット
Osusume1949
720ml3本入:3,242円(税込)


夏ギフトの詳細はこちら


送料無料キャンペーンを実施中です。
3,000円以上のお買い物が対象となる
お得なこの機会にぜひご利用ください!

送料無料キャンペーンの詳細はこちら

良質な素材と昔ながらの手造りにこだわる岐阜の蔵元です。

蔵人が蔵の生情報をお届け!花美蔵のブログ
白扇酒造公式facebook
白扇酒造公式Instagram
掲載雑誌紹介

当社の商品が紹介されました!

Kanisan club 7月号(中広)
Kanisan club 7月号
(中広)
Discover Japan 4月号(エイ出版社)
Discover Japan 4月号
(エイ出版社)
家庭画報 新春特大号(世界文化社)
家庭画報 新春特大号
(世界文化社)
みりんの飲み方 ささのしずく著
「みりんの飲み方」
ささのしずく著