« 秋あがり&ひやおろし、秋限定セットの販売開始! | トップページ | なすの田舎煮〜秋なすは嫁に食わすな。と言いますが…〜本みりんレシピ »

2018年09月14日 秋のお酒、ひやおろしの由来とは?

みなさん、こんにちは。
白扇酒造では先週、秋の風物詩「ひやおろし」を発売しました!
ひやおろしとは、春にしぼられ、秋まで貯蔵して出荷する秋限定のお酒です。
今回は、ひやおろしの語源について紹介します。

「ひやおろし」と呼ばれるようになったのは、江戸時代中期からです。
ひやおろしは、春先に一度だけ火入れをし、ひんやりとした蔵の中で熟成させます。
そして秋になり、外気と蔵の温度が同じになった頃、2度目の火入れをしない「冷や」のまま貯蔵用の大桶から木樽に「卸(おろ)し」て樽詰めします。
この製造過程から「冷卸し(ひやおろし)」と呼ばれるようになったといわれています。
「生(ひや)で瓶詰めすること」、「秋から冬の冷える季節に出荷される」ことも由来になっているそうです。

そんなひやおろしの特徴は、秋らしい穏やかで落ち着いた香り、なめらかな口当たり、まろやかな味わいです。
お酒を秋までしっかり熟成させたことにより、春先の荒々しさからぐっと味わい深くなります。
白扇酒造のひやおろしは、我が道を行く酒造らしく、しっかりした味にコシの強い後味です。

白扇酒造のひやおろし「花美蔵 純米吟醸ひやおろし」はこちら

コメント
コメントする



(ウェブ上には掲載しません)




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

トラックバック
この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560783/67167259

良質な素材と昔ながらの手造りにこだわる岐阜の蔵元です。

蔵人が蔵の生情報をお届け!花美蔵のブログ
白扇酒造公式facebook
白扇酒造公式Instagram
掲載雑誌紹介

当社の商品が紹介されました!

Kanisan club 7月号(中広)
Kanisan club 7月号
(中広)
Discover Japan 4月号(エイ出版社)
Discover Japan 4月号
(エイ出版社)
家庭画報 新春特大号(世界文化社)
家庭画報 新春特大号
(世界文化社)
みりんの飲み方 ささのしずく著
「みりんの飲み方」
ささのしずく著