« 第21回大吟醸を楽しむ会に参加します! | トップページ | サラダ仕立てのタイ風そうめんを作ってみました! »

2018年06月22日 夏限定酒、生貯蔵酒の製造工程!

みなさんこんにちは。
梅雨でジメジメとした暑さが続きますね。
冷やして美味しい生貯蔵酒を味わえる季節になりました。
今回は、生貯蔵酒の製造風景を一部だけお見せします!


白扇酒造の麹作りは機械を一切使いません。
もちろん、生貯蔵酒の麹も手作りです。

1
蒸したお米を平らに広げ、一定の温度まで下げます。
使用しているお米は岐阜県を代表する酒造好適米です。


4
麹菌を混ぜ、手作業できちんと麹菌が付着しているか確認をします。
地道な作業ですが、これを怠るとお酒が完成しません。
手を抜かず、しっかりと確認します。


2
じっくり発酵させたもろみを、酒袋に1つずつ丁寧に袋取りします。


3
袋取りをしたら、槽(ふね)と呼ばれる搾り機を使ってもろみを濾します。
香りも旨みも一番美味しい瞬間を待って濾しています。

ここまでは、生貯蔵酒と他の日本酒も同じ工程です。
違いは出荷直線の火入れ工程の有無です。
生貯蔵酒は火入れをせず、出荷直前まで生で貯蔵します。

夏限定でこの生貯蔵酒を販売しています。

コメント
コメントする



(ウェブ上には掲載しません)




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

トラックバック
この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560783/66854221

良質な素材と昔ながらの手造りにこだわる岐阜の蔵元です。

蔵人が蔵の生情報をお届け!花美蔵のブログ
白扇酒造公式facebook
白扇酒造公式Instagram
掲載雑誌紹介

当社の商品が紹介されました!

Kanisan club 7月号(中広)
Kanisan club 7月号
(中広)
Discover Japan 4月号(エイ出版社)
Discover Japan 4月号
(エイ出版社)
家庭画報 新春特大号(世界文化社)
家庭画報 新春特大号
(世界文化社)
みりんの飲み方 ささのしずく著
「みりんの飲み方」
ささのしずく著