« 2月も開催!冬の酒蔵まつり | トップページ | 里芋だんごの揚げだし風〜寒さの中に少しずつ春の訪れを感じるようになりました。〜本みりんレシピ »

もう冬も半ばですね。
しぼりたての生酒を味わえる季節になりました。
生酒とはどんなお酒かご存知でしょうか。

一般のお酒は、発酵したもろみをしぼり、濾過した後に火入れをして貯蔵。その後、もう一度濾過してから火入れを行い、瓶に詰めて完成します。
この火入れをいっさい行わない日本酒が生酒です。
火入れとは、日本酒に熱を加えて腐敗を防ぐ作業のことで、一般のお酒は、完成までに2回火入れをします。
生酒は、「なまざけ」または「なましゅ」と読み、別名で本生、生々とも呼ばれます。

Photo02

火入れをしない生酒は、生まれたてのフレッシュな風味が特長です。
通常より劣化が早いデリケートなお酒で、安定した流通と保存が難しく、一般ではほとんど販売されません。
生酒は、専門店や蔵元などで販売される貴重なお酒なのです。

生酒以外にも生貯蔵や生詰めなど、「生」と呼ばれる日本酒があります。
生酒との違いは、火入れの有無です。
生貯蔵は、生のまま貯蔵しておき、出荷の瓶詰め直前のみ火入れをします。
生詰めは、酒造タンクに貯蔵される直前のみ火入れをします。
火入れした生貯蔵や生詰めは生酒に比べ、フレッシュさは損なわれますが、まろみのある味わいになります。

_dsc0484

生酒だけでじっくり味わうのはもちろん、お料理とともに食中酒として楽しむのもオススメです。
この時季だけの貴重なお酒で、少しだけ贅沢にしてみませんか。

白扇酒造の生酒、しずく酒、あらばしり、にごり酒の詳細はこちら
https://www.hakusenshuzou.jp/pickup/shiboritate.html

良質な素材と昔ながらの手造りにこだわる岐阜の蔵元です。

蔵人が蔵の生情報をお届け!花美蔵のブログ
白扇酒造公式facebook
白扇酒造公式Instagram
掲載雑誌紹介

当社の商品が紹介されました!

Kanisan club 7月号(中広)
Kanisan club 7月号
(中広)
Discover Japan 4月号(エイ出版社)
Discover Japan 4月号
(エイ出版社)
家庭画報 新春特大号(世界文化社)
家庭画報 新春特大号
(世界文化社)
みりんの飲み方 ささのしずく著
「みりんの飲み方」
ささのしずく著