« 2017年4月の酒買いの儀式 | トップページ | 春のオススメ清酒!花美蔵 »

2017年04月10日 本みりんレシピ☆爽やかな風が吹き、過ごしやすい季節になりました

この季節を二十四節気では「清明(せいめい)」と言います。
明るく清らかですがすがしい季節という意味で、花が咲き、
蝶が舞い、空は青く澄みわたり、爽やかな風が吹く頃ですね。

ですがこの頃は「花冷え」という言葉もあるよう気候が
変わりやすいのも特徴です。ぽかぽか陽気に誘われ、薄着で
出かけたら、意外に風が冷たかったということもよくあります。

気候の変動に加え、新生活は新しい職場・人間関係などで
いつも以上に気を遣うことも多いことでしょう。
自覚がなくても意外に疲れがたまっているものです。
できるだけ休養を取り、バランスの良い食生活を心がけるように
しましょう。

お酢には疲労を回復する効果やカルシウムの吸収を助ける効果が
期待できます。お酢を使ったピクルスは作っておけば日持ちもし、
不足しがちな栄養素を簡単に補うことができます。
『福来純本みりん』の入った甘酢はまろやかなコクで酸味の苦手な方でも
おいしくいただけます。おいしい食事を摂って、ワクワクな春を元気に
楽しくお過ごしくださいね。

電子レンジで簡単ピクルス
Img_9805_4

◆材料(作りやすい量)
ウズラの卵:1パック
キュウリ:2/3本
ミニトマト:4個
水:50ml ※酸味が苦手な人は10~20ml増やす。

【調味料】
酢:70ml
砂糖:大3
福来純本みりん:大1
塩:小1
グローブ:3粒
コショウ:10粒
ローリエ:1枚
唐辛子:1/2本

Img_9812

◆作り方
①ウズラの卵は鍋に水から入れて5分くらいゆでて殻をむく。
キュウリは2cmくらいの輪切り、
よく洗った保存容器にウズラの卵を入れる。

②調味料と水とキュウリを耐熱容器に入れ、
ラップをかけて電子レンジ(600W)で3分加熱する。
 熱いうちに保存容器に入れる。トマトを入れる。

③冷めたら冷蔵庫で保存する。1時間後くらいから食べられる。
保存期間は冷蔵庫で4日ぐらい。トマトは溶けてしまうので早目に食べる。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
キュウリをみじん切りにし、ウズラの卵をつぶしたものとマヨネーズを混ぜると
タルタルソースになります。
お好みで玉ねぎのみじん切りやパセリを加えてもおいしくなります。

Img_9867

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
フードコーディネーター佐々木有紀子さんのご紹介

Sasaki_yukiko_3こんにちは。佐々木有紀子です。
フードコーディネーターとして料理教室の主催、レシピの提案、イベントの開催をしています。
また、地元の方々と郷土料理研究会を立ち上げ、
伝統的な料理を学び、次世代に継承していく活動をしています。
「美醂のしずく」では季節感を大切にし、
各家庭で大切にされてきた家庭料理を提案していきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

●プロフィール
大学卒業後、11年間高校で家庭科教諭。
大手教室で製菓・製パン、家庭料理を習得し同教室でアシスタント、講師として勤務。
広島クッキングスクールにてイタリア料理を習得。
フードコーディネーター、上級食品表示診断士、フードアナリスト、だしソムリエ。
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa主催

●佐々木有紀子さんのオフィシャルブログ
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa
http://saasa.petit.cc/muscat1/

コメント
コメントする



(ウェブ上には掲載しません)




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

トラックバック
この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560783/65132792

良質な素材と昔ながらの手造りにこだわる岐阜の蔵元です。

本みりんde「お母さんの味」レシピコンテスト結果発表
「福来純三年熟成本みりん」をお試しいただきました!
2010年スペシャル版 ブログde本みりんレシピコンテスト結果発表
掲載雑誌紹介

当社の商品が紹介されました!

「この国の食を守りたい」辰巳芳子著(筑摩書房)
「この国の食を守りたい」
辰巳芳子著
(筑摩書房)
「おいしい玄米菜食レシピ/はじめてのマクロビオティック」(成美堂出版)
「おいしい玄米菜食レシピ/
はじめてのマクロビオティック」
(成美堂出版)
「CREA(クレア)」8月号(文藝春秋)
「CREA(クレア)」8月号
(文藝春秋)
「サライ増刊 美味サライ7月号」(小学館発行)
「サライ増刊 美味サライ7月号」
(小学館発行)