« 「春の宵 生であう 美酒に逸盃」に今年も参加します | トップページ | ≪ご予約は3月8日まで≫蔵開きイベント限定品 »

2017年02月06日 本みりんレシピ☆暦の上では春。でもまだまだ寒い季節が続きます。

2月4日の立春も過ぎ、暦の上では春になりましたが
まだまだ風は冷たく、寒さも厳しいですね。

でも気がつけば、少しずつ日の出は早くなり、日の入りも
遅くなってきました。日中には光のまぶしさを感じたり、
耳慣れない鳥の鳴き声が聞こえてくることがあります。
そこここに春は静かに近づいてきているようです。

…と言ってもインフルエンザや風邪などが流行するのも2月。
春の到来を心待ちにしながらも、体調を崩さないようにして過ごしたいものです。

牡蠣は『海のミルク』とも呼ばれカルシウムや鉄などを多く含む栄養豊富な食材です。
カキの養殖は室町時代に広島で始まったといわれており、
広島の郷土料理には土鍋にみそを塗り、それを昆布だしで
のばしながら牡蠣や野菜を煮てたべる『土手鍋』があります。

みそは貝類相性が良く独自の臭みを取り除いてくれます。
また、『福来純本みりん 』も臭みを抑え、コクを加えてくれます。
旬の野菜と栄養豊富な牡蠣を食べて、免疫力UPで感染症を予防しましょう。

カキの土手鍋
Aa


◆材料(2人分)

カキ:300gぐらい
(大根おろし 適量)
ネギ:1本
糸こんにゃく:1/2袋
白菜:200gぐらい(1/8株)
春菊:1/2袋
エノキ、マイタケ、シイタケなど:適量

水:500ml(カップ2と1/2)
昆布:8g
白みそ:みそ=1:1 30gずつ
福来純本みりん:大1
酒:大1
七味:好みで

◆作り方
①カキに大根おろしを入れて軽くもみ、すすぐ。(水がきれいになるまで繰り返す)
野菜を食べやすい大きさに切る。

Img_9548aa

糸こんにゃくはさっとゆでて、ざるにあげておく。
みそを合わせ、みりんでのばしておく。

Img_9557aa

昆布を水につけて1時間くらい置き、火にかけてだしを取る。
(※昆布は沸騰させないこと)

Img_9567aa_2

②土鍋に底に味噌を塗り、だしを注ぐ。

Img_9573aa

火にかけ、みそが溶けたらカキの一部を入れてうまみを出す。

Img_9581aa_2

野菜を入れて煮る

③野菜が柔らかくになったら最後にカキを入れ、さっと煮たら火を止め、いただく。
(カキが入っているので十分に加熱するが、身が縮んでしまうので加熱しすぎないようにする)

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
フードコーディネーター佐々木有紀子さんのご紹介

Aa_3こんにちは。佐々木有紀子です。
フードコーディネーターとして料理教室の主催、レシピの提案、
イベントの開催をしています。
また、地元の方々と郷土料理研究会を立ち上げ、
伝統的な料理を学び、次世代に継承していく活動をしています。
「美醂のしずく」では季節感を大切にし、
各家庭で大切にされてきた家庭料理を提案していきたいと思います。
よろしくお願いいたします。



●プロフィール
大学卒業後、11年間高校で家庭科教諭。
大手教室で製菓・製パン、家庭料理を習得し同教室でアシスタント、講師として勤務。
広島クッキングスクールにてイタリア料理を習得。
フードコーディネーター、上級食品表示診断士、フードアナリスト、だしソムリエ。
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa主催

●佐々木有紀子さんのオフィシャルブログ
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa
http://saasa.petit.cc/muscat1/

コメント
コメントする



(ウェブ上には掲載しません)




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

良質な素材と昔ながらの手造りにこだわる岐阜の蔵元です。

本みりんde「お母さんの味」レシピコンテスト結果発表
「福来純三年熟成本みりん」をお試しいただきました!
2010年スペシャル版 ブログde本みりんレシピコンテスト結果発表
掲載雑誌紹介

当社の商品が紹介されました!

「この国の食を守りたい」辰巳芳子著(筑摩書房)
「この国の食を守りたい」
辰巳芳子著
(筑摩書房)
「おいしい玄米菜食レシピ/はじめてのマクロビオティック」(成美堂出版)
「おいしい玄米菜食レシピ/
はじめてのマクロビオティック」
(成美堂出版)
「CREA(クレア)」8月号(文藝春秋)
「CREA(クレア)」8月号
(文藝春秋)
「サライ増刊 美味サライ7月号」(小学館発行)
「サライ増刊 美味サライ7月号」
(小学館発行)