« 年末年始の発送について | トップページ | 予約受付開始♪蔵開きイベント限定販売、しぼりたて生酒3種、糀(こうじ) »

新年あけましておめでとうございます。
今年も四季の変化を感じながら、健康や暮らしに役立つことをお伝えしていきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

1月は睦月。
お正月に遠方に住む親類や友人と仲睦まじくおいしいものをいただいた方も多いのではないでしょうか?
年末年始を通じて食べ過ぎ気味だった方もそろそろ胃腸をいたわる食材も増やしていきたいですね。

1月7日は「人日の節句(じんじつのせっく)」で五節句の一つですが、七草粥を食べる日として有名ですね。
春の七草は食物繊維や鉄分、ビタミンCを多く含み、スズシロ=だいこんには消化を促進する効果があります。
7種類全部そろわなくても、無病息災を祈って野菜をおかゆに入れてみてはいかがでしょうか?

のっぺい汁は新潟や奈良の郷土料理です。
たんぱく質と不足しがちな食物繊維が同時に取れ、栄養バランスのよい汁物です。
里芋から出るとろみはムチンで胃の粘膜を保護する働きがあります。

グッと気温が下がるこの季節、とろみのついた汁物で体を温めてはいかがでしょう?
福来純本みりん』はあっさりした汁物に深いコクを付け加えてくれます。

1年の目標を新たに立て、仕事始めや新学期にむけて体調を整えておきましょう。


のっぺい汁
2017aa

◆材料(2人分)
鶏もも:1/4枚(70g)
ニンジン:30g(1/4本)
里芋:100g(中1個)
干しシイタケ:1枚 ※戻しておく。
こんにゃく:1/4枚(100g)
かつおだし:2カップ
しょう油:大1/2
福来純本みりん:大3/4
塩:小1/4
片栗粉:大1/2弱
ネギ:1/2本
七味:好みで

(かつおだし)
水:500ml
かつお節:10g (2%)

◆作り方
①保存容器にかつおだしの水、鰹節、干しシイタケを入れ、冷蔵庫に入れてひと晩置く。

Img_9469aa

②鶏肉は皮と脂肪を取って2㎝位に切り、ニンジン、里芋は乱切りにする。
里芋は塩でもんで、水で洗ってぬめりを取る。

Img_9477aa

干ししいたけは軸を除き、5㎜幅に切る。こんにゃくはスプーンでちぎって下茹でしておく。

Img_9474aa

ネギは小口切りににする。(※乱切りやスプーンを使ってちぎることで表面積が広くなり、火通りが良くなる)

Img_9488aa

③鍋にかつおだしを入れて火にかける。沸騰したら鶏肉を入れアクを取る。
野菜を加えて、ふたをずらして中火で20分くらい煮る。

④調味料で味を調え、水で溶いた片栗粉でとろみをつける。
椀によそいネギを散らす。好みで七味も降る。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
フードコーディネーター佐々木有紀子さんのご紹介

Aa_2
こんにちは。佐々木有紀子です。
フードコーディネーターとして料理教室の主催、レシピの提案、
イベントの開催をしています。
また、地元の方々と郷土料理研究会を立ち上げ、
伝統的な料理を学び、次世代に継承していく活動をしています。
「美醂のしずく」では季節感を大切にし、
各家庭で大切にされてきた家庭料理を提案していきたいと思います。
よろしくお願いいたします。



●プロフィール
大学卒業後、11年間高校で家庭科教諭。
大手教室で製菓・製パン、家庭料理を習得し同教室でアシスタント、講師として勤務。
広島クッキングスクールにてイタリア料理を習得。
フードコーディネーター、上級食品表示診断士、フードアナリスト、だしソムリエ。
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa主催


●佐々木有紀子さんのオフィシャルブログ
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa
http://saasa.petit.cc/muscat1/

良質な素材と昔ながらの手造りにこだわる岐阜の蔵元です。

蔵人が蔵の生情報をお届け!花美蔵のブログ
白扇酒造公式facebook
白扇酒造公式Instagram
掲載雑誌紹介

当社の商品が紹介されました!

Kanisan club 7月号(中広)
Kanisan club 7月号
(中広)
Discover Japan 4月号(エイ出版社)
Discover Japan 4月号
(エイ出版社)
家庭画報 新春特大号(世界文化社)
家庭画報 新春特大号
(世界文化社)
みりんの飲み方 ささのしずく著
「みりんの飲み方」
ささのしずく著