« 限定、こぼれ梅、糀甘酒など「糀(こうじ)」商品販売中! | トップページ | 「春の宵 生であう 美酒に逸盃」に参加します »

2016年02月15日 本みりんレシピ☆豚肉と大豆のしょうが煮

はじめまして、フードコーディネーターの佐々木有紀子です。

『食べること』は毎日のこと。
『食べること』は
楽しみだったり、
めんどくさかったり、
健康のために欠かせなかったり、
家族をつなぐ大切なイベントだったり
…いろんな側面があって知れば知るほど奥深いと思います。

『 美味しい料理は食べた人を幸せにする。
ちゃんとしたものを食べていたらちゃんとした体ができる。
ちゃんとした食事は家族の結びつきや気持ちも強くする。』
そんな思いを伝えたい。
とはじめた料理教室も6年目となりました。

昔ながらの製法を守り造り続けている福来純三年熟成本みりんは、
伝統的な手法で、熟成に3年かけた旨みたっぷり!
深みのある甘みと複雑なうまみが食材の旨みを
壊さぬようお料理を引き立ててくれます。
化学調味料や食品添加物は使用していない本みりんは、
家族の健康のためにも安心して使える調味料だと思っています。

今月から福来純三年熟成本みりん を使ったレシピをご紹介したいと思います。
どうぞよろしくお願い致します。

さて、立春と言ってもまだまだ冷え込む日が続いています。
こんな寒い季節には温まる煮物はいかがでしょう。

ショウガにはショウガオールという成分が含まれていて、
血行を良くして体を温める効果があります。

またこのショウガオールは生より加熱したほうが効果が高いと言われています。
茹でた豚肉と大豆に福来純三年熟成本みりんが
奥深い甘みとコクをプラスしてくれますよ。

豆類は水で戻すのに時間がかかるため敬遠されがちですが
缶詰を利用すると手軽に作ることができるので、ぜひお試しください。


豚肉と大豆のしょうが煮

Img_7013aa


◆材料(2人分)

豚バラ肉(塊:200g
大豆(水煮缶):1/2缶
ショウガ:30g
ネギ:1/3本

酒:大1と1/2
砂糖:大2/3
福来純本みりん:大1と1/2
しょうゆ:大1強
昆布:1枚(8×10cmくらい)
水:2カップ

サラダ油:大1

◆作り方
① なべに湯を沸かし豚肉(塊)、5cmくらいに切ったネギ、
ショウガの皮を入れて20分加熱する。
(※湯は豚肉がかぶるくらい。豚肉が長い場合は半分に切る。)
火を止め、肉の繊維を絶つように厚さ1cmに切る。皮を取ったしょうがは薄切りにする。
 
② 豚肉を取り出して1㎝の厚さに切る。
厚手の鍋にサラダ油を熱し、豚肉の両面を焼き付ける。
油はキッチンペーパーでふき取る

Img_7001aa

③ ②の鍋に大豆、ショウガ、昆布、水、酒を入れ強火にかけ、
あくが出てきたらとる。
あくを取った後、火を弱め、ふたをして20分くらい煮る。

④ 砂糖、福来純本みりんを加え、ときどき上下を返しながら10分くらい煮る。

⑤ しょうゆを加え5~10分くらい煮汁が少し残る程度まで煮詰める。

⑥ 火を止めてふたをしたまま5~10分おいて味をなじませてから器に盛る。


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
フードコーディネーター佐々木有紀子さんのご紹介

Photo

●プロフィール
大学卒業後、11年間高校で家庭科教諭。
大手教室で製菓・製パン、家庭料理を習得し同教室でアシスタント、講師として勤務。
広島クッキングスクールにてイタリア料理を習得。
フードコーディネーター、上級食品表示診断士、フードアナリスト、だしソムリエ。
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa主催

●佐々木有紀子さんのオフィシャルブログ
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa
http://saasa.petit.cc/muscat1/

コメント
コメントする



(ウェブ上には掲載しません)




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

良質な素材と昔ながらの手造りにこだわる岐阜の蔵元です。

本みりんde「お母さんの味」レシピコンテスト結果発表
「福来純三年熟成本みりん」をお試しいただきました!
2010年スペシャル版 ブログde本みりんレシピコンテスト結果発表
掲載雑誌紹介

当社の商品が紹介されました!

「この国の食を守りたい」辰巳芳子著(筑摩書房)
「この国の食を守りたい」
辰巳芳子著
(筑摩書房)
「おいしい玄米菜食レシピ/はじめてのマクロビオティック」(成美堂出版)
「おいしい玄米菜食レシピ/
はじめてのマクロビオティック」
(成美堂出版)
「CREA(クレア)」8月号(文藝春秋)
「CREA(クレア)」8月号
(文藝春秋)
「サライ増刊 美味サライ7月号」(小学館発行)
「サライ増刊 美味サライ7月号」
(小学館発行)