« 本みりんレシピ☆文旦美醂サワー(古谷史織さん) | トップページ | 本みりんレシピ☆ポキご飯(古谷史織さん) »

2012年03月21日 本みりんレシピ☆マーブルレアチーズケーキ

公認ブログライター古谷さ史織さんの
「マーブルレアチーズケーキ」レシピをご紹介します。
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
煮切り美醂とカラメルは相性がとても良いので、マーブルレアチーズケーキはいかがでしょうか?
カラメルの芳ばしい味わいに、福来純三年熟成本みりんの深い甘みが加わるとともに、
チーズのまったりした口あたりが楽しめるデザートです。
04_2


◆材料(ココット型4個分)
クリームチーズ :100g
ヨーグルト :80g
生クリーム :80g
砂糖  :大さじ1
粉ゼラチン :3g
<クッキー生地>
バタークッキー :4枚
バター  :15g
<カラメルソース>
砂糖  :大さじ1・1/2
水  :小さじ2
煮切り美醂  :小さじ2

◆作り方
(1)クッキー生地をつくる。
バターを電子レンジで10~20秒加熱し、粉々に砕いたバタークッキーと混ぜあわせて
ココット型の底に敷き詰める。

(2)クリームチーズ・ヨーグルト・生クリームは常温に、粉ゼラチンに小さじ2(分量外)の水を加えてふやかしておく。
クリームチーズを泡だて器でゆっくり混ぜてクリーム状にし、砂糖・ヨーグルト・生クリームを順番に加え混ぜあわせる。
ゼラチンを電子レンジで20秒程度加熱し溶かしたら小さじ1/2程度を残し、よく混ぜておく。

(3)カラメルソースを作る。
耐熱容器に砂糖・水を加えて溶かしたら、電子レンジで2分~2分半様子を見ながら加熱し、
砂糖が茶色く着色したら煮切りみりんを加えて手早く混ぜる(はねる場合があるので注意)。
冷めて固まってしまわないように、湯煎にかけカラメルソースを温めながら(2)で残したゼラチン、
(2)で作ったクリーム生地を大さじ2程度加えなじませる。

(4)(1)のココット型に、まずは(2)の生地を8分目くらいまで注ぎ入れ、(3)のカラメル生地を
ティースプーンで円を書くように優しくゆっくりと加える)。
最後に残ったクリーム生地を静かに流し入れ、竹串などでマーブル模様を作ってから冷やし固めれば完成。

※カラメルソースを作る際には、やけどに注意しましょう。
砂糖がカラメル化すると焦げやすいので、茶色に着色してきたら目を離さずに調整します。
また、すぐに冷え固まってしまうので、(3)に取り掛かる前に湯煎の準備をしておくとよいでしょう。
※流し入れた生地に気泡がある場合には、キッチンペーパー等で潰すと仕上がりのマーブル模様がキレイになります。

コメント
コメントする



(ウェブ上には掲載しません)




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

良質な素材と昔ながらの手造りにこだわる岐阜の蔵元です。

本みりんde「お母さんの味」レシピコンテスト結果発表
「福来純三年熟成本みりん」をお試しいただきました!
2010年スペシャル版 ブログde本みりんレシピコンテスト結果発表
掲載雑誌紹介

当社の商品が紹介されました!

「この国の食を守りたい」辰巳芳子著(筑摩書房)
「この国の食を守りたい」
辰巳芳子著
(筑摩書房)
「おいしい玄米菜食レシピ/はじめてのマクロビオティック」(成美堂出版)
「おいしい玄米菜食レシピ/
はじめてのマクロビオティック」
(成美堂出版)
「CREA(クレア)」8月号(文藝春秋)
「CREA(クレア)」8月号
(文藝春秋)
「サライ増刊 美味サライ7月号」(小学館発行)
「サライ増刊 美味サライ7月号」
(小学館発行)