« 【3月】煮切り美醂の美味しいチカラ | トップページ | 非売品の樫樽焼酎が当たる!父の日ギフトお買い上げプレゼントキャンペーンがスタート »

2012年03月29日 ブログライター古谷さんの料理教室で「福来純三年熟成本みりん」が紹介されました!

3月14日(水)、ブログ「季節の歳時記お届けします」でおなじみの
ブログライター古谷史織さんの調味料講座つき料理教室が月島社会教育会館で開催され、
当社の「福来純三年熟成本みりん」も特選素材として紹介されました。
009
調理デモを行う古谷さん。テーブルには「福来純三年熟成本みりん」が。


017
生徒さんが作ったお料理の数々。砂糖の食べ比べをしたそうですよ。


素材が持つ『甘』をテーマとした料理教室で、
試食タイムでは「福来純三年熟成本みりん」のティスティングも行われ、
古谷さんが「この本みりんには糖類添加一切なく、麹の発酵の力の甘味ですよ」と解説すると、
皆さん、驚かれたそうです。
グビッと飲み干してしまっていい気分でお帰りになった生徒さんも
いらっしゃったようですよ。
本みりんの甘みは、麹の酵素が作り出すもの。奥行きのある甘味が特徴です。
本みりんと砂糖の甘味の違いについて、「季節の歳時記お届けします」で
古谷さんが詳しくお話してくれていますのでぜひご覧ください。


≫季節の歳時記お届けします「美醂と砂糖 味わいの秘密」

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
「季節の歳時記お届けします」公認ブログライター
調味料アドバイザー 古谷史織さんのご紹介

Furuya_2皆さん、こんにちは。古谷史織です。
私は調味料アドバイザーとして調味料の講義や
イベントに参加させていただいたり、レシピの開
発や料理教室での講師などしております。
「美醂のしずく」では、調味料アドバイザーとして
の知識を活かしながら、味醂にまつわるお話や
レシピ、味醂を使ったデザートの紹介などをして
いきたいと思っております。
どうぞよろしくお願いいたします。

●プロフィール
日本野菜ソムリエ協会認定 調味料ジュニアマイスター。
農水省後援 日本農業技術検定2級。
日本の調味料「さしすせそ」の選び方や使い方など、一般の生活者に
分かりやすい調味料の魅力を伝えるために活動中。
調味料の講義やコラム執筆、料理教室の開催やレシピの開発など
「幸せな食卓作り」をテーマに展開している。また、2児の子育てを
しながら都内で農業を学び、半農生活を送っている。

●古谷史織さんのオフィシャルブログ
   
まいにち うま味日記

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

コメント
コメントする



(ウェブ上には掲載しません)




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

良質な素材と昔ながらの手造りにこだわる岐阜の蔵元です。

本みりんde「お母さんの味」レシピコンテスト結果発表
「福来純三年熟成本みりん」をお試しいただきました!
2010年スペシャル版 ブログde本みりんレシピコンテスト結果発表
掲載雑誌紹介

当社の商品が紹介されました!

「この国の食を守りたい」辰巳芳子著(筑摩書房)
「この国の食を守りたい」
辰巳芳子著
(筑摩書房)
「おいしい玄米菜食レシピ/はじめてのマクロビオティック」(成美堂出版)
「おいしい玄米菜食レシピ/
はじめてのマクロビオティック」
(成美堂出版)
「CREA(クレア)」8月号(文藝春秋)
「CREA(クレア)」8月号
(文藝春秋)
「サライ増刊 美味サライ7月号」(小学館発行)
「サライ増刊 美味サライ7月号」
(小学館発行)