« 本みりんレシピ☆マーブルレアチーズケーキ | トップページ | 本みりんレシピ☆桜の泡みりん(古谷史織さん) »

2012年03月21日 本みりんレシピ☆ポキご飯(古谷史織さん)

公認ブログライター古谷史織さんの 「ポキご飯」レシピをご紹介します。
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
ポキは、新鮮なお魚を使ったハワイのお料理です。
03_2


材料(2人分)
マグロ(刺身用) :6切(約80g)
アボカド  :1/2個
ご飯  :茶碗2杯分
赤タマネギ :1/8個(白でも可)
青ネギ  :適量
白胡麻  :適量
サラダ菜  :1~2枚
<マグロ下味>
 煮切り美醂 小さじ2
 濃口醤油 小さじ2
 ごま油  小さじ1/2
<ご飯下味>
 マヨネーズ :大さじ1
 米酢  :小さじ1
 濃口醤油 :小さじ1/2
 塩  :適量
 ワサビ  :お好みで

◆作り方
(1) マグロは2センチ角に切り、赤タマネギは繊維に沿ってスライスしたものを半分(2センチ程度の薄切り)にして、
マグロ下味の調味料をあわせて10分以上漬けておく。

(2) ご飯下味用のマヨネーズ・米酢・濃口醤油・ワサビ(お好みで)を合わせ、みじん切りにしたアボカドを加え
なじませてから塩で味を整え、ご飯を入れよく混ぜ合わせる。

(3) 皿にサラダ菜をひき、その上に型に入れたご飯をのせ、上に(1)のマグロをのせる。
最後に青ネギと白ごまをふりかけ完成。

※ご飯の下味はお好みでワサビを入れると、ピリッとパンチの効いた仕上がりになります。
小さなお子様が食べる場合には、除いてください。
※使うお醤油は濃口醤油を使っていますが、生醤油が手に入るときはぜひ使ってみてください。
醤油もろみから絞ったままで火入れをしていないことから「生」醤油と呼ばれます。
麹由来のタンパク質の分解酵素が生きているので、魚のタンパク質がアミノ酸に分解されることにより、
うま味を感じやすくなります。
この場合には魚を漬ける時間を少し長め(1時間~)にしてみてください。

コメント
コメントする



(ウェブ上には掲載しません)




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

良質な素材と昔ながらの手造りにこだわる岐阜の蔵元です。

本みりんde「お母さんの味」レシピコンテスト結果発表
「福来純三年熟成本みりん」をお試しいただきました!
2010年スペシャル版 ブログde本みりんレシピコンテスト結果発表
掲載雑誌紹介

当社の商品が紹介されました!

「この国の食を守りたい」辰巳芳子著(筑摩書房)
「この国の食を守りたい」
辰巳芳子著
(筑摩書房)
「おいしい玄米菜食レシピ/はじめてのマクロビオティック」(成美堂出版)
「おいしい玄米菜食レシピ/
はじめてのマクロビオティック」
(成美堂出版)
「CREA(クレア)」8月号(文藝春秋)
「CREA(クレア)」8月号
(文藝春秋)
「サライ増刊 美味サライ7月号」(小学館発行)
「サライ増刊 美味サライ7月号」
(小学館発行)