« 【2月】乙女のアフタヌーンティパーティ | トップページ | 本みりんレシピ☆マーブルレアチーズケーキ »

2012年03月21日 本みりんレシピ☆文旦美醂サワー(古谷史織さん)

公認ブログライター古谷史織さんの
「文旦美醂サワー」レシピをご紹介します。
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
春先にかけて旬を迎える文旦は、ザクザクした口あたりと程よい酸味。
煮切り美醂のサワーに包まれると、口あたりも軽く、馴染みやすい甘みでどんどん進んでしまいます。
スプーンで崩していただくのもいいですし、丸ごとそのままパクパク口に運んでも。
福来純三年熟成本みりんと文旦の酸味・香りがとっても相性の良い、ザクザクの食感の文旦を食べながら飲む美醂のサワーです。
たっぷり文旦を用意して、少しずつ足しながら食べましょう。

05_2


◆材料(1グラス分)
文旦  :1/2個分
煮切り美醂 :40ml
炭酸水  :40ml

◆作り方
(1)文旦の皮を向き、5センチ程度とっておく。香り付け用に皮は適当な大きさに切り、
香りが出るように表面を指で少し潰しておく。
実は薄皮をむいておく。

(2)(1)の皮と適度な大きさにちぎった文旦の実、氷を交互に盛る。
コップの半分くらいまで美醂を注ぎ、最後に炭酸水を注げば完成。

※煮切り美醂:炭酸水は1:1程度の割合となります。注ぐグラスに合わせて調整してください。
※他のフルーツでも代用できます。
八朔やグレープフルーツなどの柑橘類や、酸味のあるフルーツがオススメです。

コメント
コメントする



(ウェブ上には掲載しません)




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

良質な素材と昔ながらの手造りにこだわる岐阜の蔵元です。

本みりんde「お母さんの味」レシピコンテスト結果発表
「福来純三年熟成本みりん」をお試しいただきました!
2010年スペシャル版 ブログde本みりんレシピコンテスト結果発表
掲載雑誌紹介

当社の商品が紹介されました!

「この国の食を守りたい」辰巳芳子著(筑摩書房)
「この国の食を守りたい」
辰巳芳子著
(筑摩書房)
「おいしい玄米菜食レシピ/はじめてのマクロビオティック」(成美堂出版)
「おいしい玄米菜食レシピ/
はじめてのマクロビオティック」
(成美堂出版)
「CREA(クレア)」8月号(文藝春秋)
「CREA(クレア)」8月号
(文藝春秋)
「サライ増刊 美味サライ7月号」(小学館発行)
「サライ増刊 美味サライ7月号」
(小学館発行)