« 本みりんレシピ☆野菜とフルーツのジャム(堀川のぞみさん) | トップページ | 本みりんレシピ☆文旦美醂サワー(古谷史織さん) »

2012年02月15日 【2月】乙女のアフタヌーンティパーティ

まだまだ寒い日が続きますが、立春を迎え、暦の上では、もう春ですね。
春先に黄色い花を咲かせ、真っ先に春を告げるミモザの蕾がふっくらと膨らみ
店先では、ふきのとう、菜の花、そら豆、グリンピースなど春の野菜が出始め
春の足音が少しづつ聞こえ始めました。

今回は、ピンクと若草色をテーマカラーにしたテーブルセッティングと
福来純3年熟成本みりん」を使ったスイーツで
春を楽しむ『乙女のアフタヌーンパーティ』を提案させていただきます。

A2_2
乙女チックな雑貨が好き、
心はいつまでも乙女、自称乙女・・・
誰でも何かしら、乙女な部分があると思います。


ラルフローレンのコットン100%のバラ柄のテーブルクロス。
バラ柄ですが、コットンなので、ナチュラルな感じにも使えます。

テーブルクロスに、これだけ大柄の花柄が入っていると、
食器や小物使いをシンプルにしなくては・・・
と思いがちですが花柄にチェック、水玉、ストライプを合わせるとポップで可愛い感じになります。

柄×柄も大いに、ありなのです。
ただ、似たような系統で同じような色合いの花柄+花柄になると話は別。
ちょっとうるさい感じになってしまいます。









そんな時は花柄+花柄の間にワンクッション。無地のマットなどを敷くと良いですよ。

レシピブック、キッチン雑貨、キャンドルは、ピンク系のものを使っているので
特に違和感なく、しっくり収まっていると思います。

全く同じ色調のピンクよりも、違う系統のピンクが混在した方が、
それぞれが引き立ちます。
さし色で濃い紫色やボルドー、赤などを加えるのもおすすめ!
ちぐはぐになりがちな柄&柄の合わせ方も、小物使いで、テーブルの上が
ぐんと華やかに、可愛くなります♪

小物のバンビも、角の部分に娘に作ったヘアゴムをつけて、乙女の仲間入りさせました。


テーブルコーディネートが決まったら、次はスイーツの準備です。
今回も「福来純3年熟成本みりん」を色々なスイーツに使ってみました。

まずは、簡単なのに、絶対喜ばれること間違いなしのトランプサンドウィッチ。
小さいハート、スペード、クローバー、ダイヤの型で
食パンを型抜きしてジャムをサンドして、トランプに見立てています。

A3_2
ジャムは、苺とフルーツトマトのジャム、ブルーベリーとセロリのジャムの2種類。

Jamu_2
珍しい野菜とフルーツのジャムは、ちょっぴり大人味。
トマトの酸味とセロリの爽やかな苦味と「福来純3年熟成本みりん」のハーモニーが、絶妙です。

≫苺とフルーツトマトのジャム、ブルーベリーとセロリのジャムのレシピはこちら



こちら次は、ヘルシーな抹茶と豆腐のムース。
若草色のムースと、琥珀色の「福来純3年熟成本みりん」が2層になって綺麗。

ほろ苦い抹茶の風味と、飲めるみりん「福来純3年熟成本みりん
スプーンで一緒にすくって、召し上がれ♪
A6_4
≫抹茶と豆腐のムースのレシピはこちら


Wチョコカップケーキ。
生地にココアと溶かしたミルクチョコレートのリッチなカップケーキ。
福来純3年熟成本みりん」を加えたら、ブランデーケーキのように
更にリッチな味わいとなりました。

Tyokokeki
カップケーキに、生クリームとラズベリーでおめかし♪

≫Wチョコカップケーキのレシピはこちら



和の素材、はったい粉は麦焦がしとも呼ばれています。
とても香ばしく懐かしい味がする、はったい粉と「福来純3年熟成本みりん」で
甘さ控えめ、素朴な「和のクッキー」に仕上げました。

Cooke_3
クッキースタンプでcookieとスタンプしています。
小さいクッキーは紐でしばって、プレゼントにしても良いですね♪

≫はったい粉のクッキーのレシピはこちら


スタンドに乗せると、パーティ気分も盛り上がります。
せっかく、上手にお菓子が焼けても器が合っていないと、お菓子もおいしそうに見えません。
そのお菓子に合わせて、一番おいしく見える食器を選んであげたいですね。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
「季節の歳時記お届けします」公認ブログライター
食育インストラクター・ハーバルスペシャリスト 堀川のぞみさんのご紹介

Haku12

アメリカ在住を経て帰国し、日本食のおいしさ、繊細さを改めて実感しました。
帰国後は日本の食材を多く使うようになりました。
在米時、夫の仕事の都合で各国の奥様方と接する機会に恵まれ、 各国のお料理のレシピを教わりました。
そのときの経験を活かして、いろんな国の料理に「味醂のしずく」を使ってアレンジしたレシピを考えたいと思っています。

●プロフィール
2年間のアメリカ生活を経て帰国後、新築の自宅兼スタジオで料理教室・テーブルコーディネート教室をスタート。 3人の子どもの母。ハウス食品スパイス大使就任。 企業コラボのレシピ開発、子育てWebサイト連載、雑誌、webサイトへのレシピ提供を行っている。

●堀川のぞみさんのオフィシャルブログ
≫ 「ほんわか*おうちcafe~幸せのおいしい食卓~」

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
過去の記事はこちら

2012年
・【1月】お料理をおいしく熟成♪保存食と器

2011年
・【12月】HAPPYを運ぶアメリカンスイーツ
・【12月】味醂で楽しむクリスマスパーティ
・【11月】まぼろしの食材 「みりん粕」
・【10月】「“発見”と“漬ける”」レシピのご提案
・【10月】秋の保存食レシピ&お外で食べるコーディネート提案
・【8月】大好き♪琥珀色
・【8月】レモネードパーティはいかが?
・【7月】涼しいテーブルでカフェ気分&友達に贈りたいプチお中元
・【7月】レトロブルーのメキシカンパーティ
・【6月】和ごころたっぷりのお酒「福来純三年熟成本みりん」
・【5月】父の日の素敵な過ごし方
・【4月】アンティーク風小物で彩る春のコーディネート
・【3月】フレッシュな春のテーブルコーディネート
・【2月】春を心楽しむテーブルコーディネート
・【1月】福を呼び込む節分コーディネート

2010年
・【12月】幸せを願うお正月
・【11月】HAPPYホームクリスマス
・【10月】行楽気分で小重テーブル
・【9月】 月を愛でるお酒テーブル
・【8月】 秋を彩るテーブルコーディネート 

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

コメント
コメントする



(ウェブ上には掲載しません)




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

良質な素材と昔ながらの手造りにこだわる岐阜の蔵元です。

本みりんde「お母さんの味」レシピコンテスト結果発表
「福来純三年熟成本みりん」をお試しいただきました!
2010年スペシャル版 ブログde本みりんレシピコンテスト結果発表
掲載雑誌紹介

当社の商品が紹介されました!

「この国の食を守りたい」辰巳芳子著(筑摩書房)
「この国の食を守りたい」
辰巳芳子著
(筑摩書房)
「おいしい玄米菜食レシピ/はじめてのマクロビオティック」(成美堂出版)
「おいしい玄米菜食レシピ/
はじめてのマクロビオティック」
(成美堂出版)
「CREA(クレア)」8月号(文藝春秋)
「CREA(クレア)」8月号
(文藝春秋)
「サライ増刊 美味サライ7月号」(小学館発行)
「サライ増刊 美味サライ7月号」
(小学館発行)