« 本みりんレシピ☆桜えびの佃煮(高橋やよいさん) | トップページ | 【1月】お料理をおいしく熟成♪保存食と器 »

2012年01月13日 本みりんレシピ☆手まり寿司(高橋やよいさん)

公認ブログライター高橋やよいさんの
手まり寿司」レシピをご紹介します。
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
手間をかけなくても、おいしい手まり寿司。
酢飯は砂糖を使わず、「福来純三年熟成本みりん」で甘味を加え、しっとり。
素材を引き立てるので変わり寿司にもぴったりです。
漬け物、佃煮、サラダ、調味料など、おうちにあるものを
組み合わせるとアレンジもいろいろ楽しめますよ。

1_yt_sushiaa

材料(6個分)

ご飯:二合
福来純三年熟成本みりん:大さじ5
酢:大さじ3
塩:小さじ1と1/2
さしみ:適量(一個当たり2切れ)
湯葉、にんじん、わさび、大葉、ラー油、マヨネーズ、パセリ、ねぎ、梅、オリーブ油、
アーモンド、岩塩、あらびき胡椒、レモン汁、かいわれなど少量

作り方

(1)鍋に福来純三年熟成本みりん を沸騰させ、酢、塩を混ぜる。

(2)ご飯に(1)を混ぜ、あら熱を取る。

(3)ラップで一口大に丸め、さしみを乗せる。

(4)アレンジいろいろ
    湯葉・・・熱湯に3分漬けて、水気を切る。
    にんじんの千切り、わさびを乗せる。
    まぐろ・・・大葉の千切り、具入りラー油を乗せる。
    甘エビ・・・マヨネーズ、パセリを乗せる。
    イカ・・・ねぎ、梅を乗せる。
    鯛・・・オリーブ油、アーモンド、岩塩、あらびき胡椒を乗せる。
    サーモン・・・レモン汁、かいわれを乗せる。

コメント
コメントする



(ウェブ上には掲載しません)




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

良質な素材と昔ながらの手造りにこだわる岐阜の蔵元です。

本みりんde「お母さんの味」レシピコンテスト結果発表
「福来純三年熟成本みりん」をお試しいただきました!
2010年スペシャル版 ブログde本みりんレシピコンテスト結果発表
掲載雑誌紹介

当社の商品が紹介されました!

「この国の食を守りたい」辰巳芳子著(筑摩書房)
「この国の食を守りたい」
辰巳芳子著
(筑摩書房)
「おいしい玄米菜食レシピ/はじめてのマクロビオティック」(成美堂出版)
「おいしい玄米菜食レシピ/
はじめてのマクロビオティック」
(成美堂出版)
「CREA(クレア)」8月号(文藝春秋)
「CREA(クレア)」8月号
(文藝春秋)
「サライ増刊 美味サライ7月号」(小学館発行)
「サライ増刊 美味サライ7月号」
(小学館発行)