« 本みりんレシピ☆手まり寿司(高橋やよいさん) | トップページ | 本みりんレシピ☆はったい粉と みりんのクッキー(堀川のぞみさん) »

2012年01月13日 【1月】お料理をおいしく熟成♪保存食と器

フードコーディネーターの高橋やよいです。
年が明けて、いよいよ寒さがつのって参りましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

昨年は、忘れることの出来ないニュースが起きた、激動の一年でした。
普段、当たり前に感じていた生活が、当たり前ではない環境を
受け入れることが容易ではありませんでした。
私もボランティアやイベントに参加させていただきましたが、
人と人とがつながりを持って、絆が育まれ、たくましい団結力に励まされ、頭が下がる思いでした。

すぐに形にならなくても、動かないと何も始まりません。
今後も出来ることから実行し、いつかどこかで少しでもたくさんの
笑顔が拡がっていくことを心よりお祈り申し上げます。

今回のテーマは、「保存食と器」です。
忙しい時など保存食があると、一から作る手間が省けるので、安心します。
福来純三年熟成本みりん の、アルコール成分が、
お料理をおいしく熟成させる力を発揮します。
素材の旨味成分を引き立ててくれるので、保存食にも向いています。

「手まり寿司」は、小ぶりで食べやすく、気軽におうちにあるもので、
変わり寿司にするとバリエーションも増え、楽しいです。

1_yt_sushiaa
プレゼントでいただいた蓋つき器に盛り付けてみました。
蓋つきの器に盛り付けると食卓も華やかになります。

手まり寿司のレシピはこちら


「桜えびの佃煮」は、レンジであっという間に出来る、おいしい佃煮。
えび豆風で我が家の定番メニューです。
多めに作って、冷蔵庫保存可能ですが、すぐになくなってしまうほど。

2_yt_tukudani

器は、陶芸教室で作りました。たれや薬味を入れたり、
小鉢代わりに使っています。

≫桜えびの佃煮のレシピはこちら


「伊達巻」は、材料を全て混ぜ、オーブンで焼くだけと簡単です。
福来純三年熟成本みりん を入れることでしっとりと、すっきりした甘さになり
冷蔵庫で一晩寝かせると、更においしくなります。

3_yt_datemaki

器は、陶芸作家の先生が作られたお皿です。
落ち着いたピンクと、群青色の模様が気に入っています。

≫伊達巻のレシピはこちら


「野菜チップスかりんとう」は、子供のおやつに野菜を摂り入れたくて、
作ってみました。お茶やコーヒーに合う、懐かしい素朴な味わい。
熱いうちに、おろし生姜やシナモンパウダーを混ぜてもおいしいです。
4_yt_karintou

器は、旅先の陶芸教室で作りました。淵があるので、こぼれにくいです。

≫野菜チップスかりんとうのレシピはこちら


また、冷蔵庫にちょこっとスイーツがあるだけで、わくわくしますね。
福来純三年熟成本みりん は、洋酒に似た芳醇な香りもあり、
まろやかな甘味とコクを生かしたお菓子作りにも相性が良いです。

「ゆずチョコケーキ」は、チョコと柑橘類の組み合わせが好きなので、
和風に福来純三年熟成本みりん とゆずの皮を使った、大人のケーキにしました。
冷蔵庫で寝かせると、二日目からさらにおいしくなるのが感じられますので、違いを味わってみて下さい。

5_yt_cake_2

器は、子供が修学旅行の体験で作ってくれました。
どんな料理やお菓子にも合う様にと、シンプルなデザインやサイズを考えてくれたそうです。

≫ゆずチョコケーキのレシピはこちら

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
「季節の歳時記お届けします」公認ブログライター
フードコーディネーター・パンマイスター 高橋やよいさんのご紹介

Ty_face1_3 はじめまして。高橋やよいです。我が家には、子どもが3人います。“食育”を兼ねて、“簡単に、楽しく、美味しく出来るもの”を、日々研究中です。レシピを考える時は、家族が好きな食材から構成していきます。

実際作って食べてもらった時に、子供達がおかわりしてくれたり、「また食べたいな、今度は一緒に作ってみたいから教えて。」とノートに忠実にメモしてくれているのを見ると、励みになります。子供の友達や、自分の友達が遊びにきてくれた時にも、一緒に手作りし、体験してもらっています。
また、旬の食材や、それにあった調味料の組み 合わせを考えて、ゲームのように楽しんでいます。

今回、ブログライターとして活動させていただくことになり、私の周りの方々をはじめ、たくさんの皆さまに本みりんの良さを伝えたいです。また自分自身もっと勉強をして、食に関するお仕事にどんどん繋げていきたいと思っています。
宜しくお願いいたします。


●プロフィール
出版社の編集を経て、フードコーディネーター、調理師、パンマイスターの資格を取得後、商品企画、雑誌、企業のHP、リーフレットなどへのレシピ提供を行っている。
雑誌と企業のコラボレーションで、提案したお惣菜が商品化など、幅広く活動。
現在、料理教室のレシピ・商品開発に携わっている。私生活では3人の子どもの母。

●高橋やよいさんのオフィシャルブログ
 ≫「 *mylove*cafe* 」 

●高橋さんが参加されている東日本大震災チャリティレシピ本はこちら

≫『レシピブログ 少ない電力&火力でおいしくつくる』宝島社 880円(税込)

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
過去の記事はこちら2011年
・【12月】HAPPYを運ぶアメリカンスイーツ
・【12月】味醂で楽しむクリスマスパーティ
・【11月】まぼろしの食材 「みりん粕」
・【10月】「“発見”と“漬ける”」レシピのご提案
・【10月】秋の保存食レシピ&お外で食べるコーディネート提案
・【8月】大好き♪琥珀色
・【8月】レモネードパーティはいかが?
・【7月】涼しいテーブルでカフェ気分&友達に贈りたいプチお中元
・【7月】レトロブルーのメキシカンパーティ
・【6月】和ごころたっぷりのお酒「福来純三年熟成本みりん」
・【5月】父の日の素敵な過ごし方
・【4月】アンティーク風小物で彩る春のコーディネート
・【3月】フレッシュな春のテーブルコーディネート
・【2月】春を心楽しむテーブルコーディネート
・【1月】福を呼び込む節分コーディネート

2010年
・【12月】幸せを願うお正月
・【11月】HAPPYホームクリスマス
・【10月】行楽気分で小重テーブル
・【9月】 月を愛でるお酒テーブル
・【8月】 秋を彩るテーブルコーディネート 

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

コメント
コメントする



(ウェブ上には掲載しません)




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

良質な素材と昔ながらの手造りにこだわる岐阜の蔵元です。

本みりんde「お母さんの味」レシピコンテスト結果発表
「福来純三年熟成本みりん」をお試しいただきました!
2010年スペシャル版 ブログde本みりんレシピコンテスト結果発表
掲載雑誌紹介

当社の商品が紹介されました!

「この国の食を守りたい」辰巳芳子著(筑摩書房)
「この国の食を守りたい」
辰巳芳子著
(筑摩書房)
「おいしい玄米菜食レシピ/はじめてのマクロビオティック」(成美堂出版)
「おいしい玄米菜食レシピ/
はじめてのマクロビオティック」
(成美堂出版)
「CREA(クレア)」8月号(文藝春秋)
「CREA(クレア)」8月号
(文藝春秋)
「サライ増刊 美味サライ7月号」(小学館発行)
「サライ増刊 美味サライ7月号」
(小学館発行)