« 本みりんレシピ☆熟成サングリア(堀川のぞみさん) | トップページ | 本みりんレシピ☆本みりんとしょう油のポップオーバー(山口真理さん) »

2011年12月01日 【12月】味醂で楽しむクリスマスパーティ

こんにちは。ブログライターの堀川のぞみです。
街にクリスマスソングが流れる季節になりました。
あちら こちらが『クリスマスモード』になって、気分がウキウキします。

先日、我が家もクリスマスツリーを出しました。
アメリカで購入したもので2メートル以上ある大きなツリーです。

オーナメントは、毎年少しずつ増やしてきました。
ちぐはぐにならないように、自分の中でテーマを決めて買い足しています。

我が家のクリスマスツリーのテーマは
「ちょこっと大人でアンティークな乙女ツリー」。
赤系、ピンク系をメインに白、ゴールドもOK。
テーマがぶれないので、毎年買い足ししても統一感が出ます。
Kurisumasu
このツリーを眺めながらおやつを食べたり、ワインを飲んだり、
友人を招いてパーティをするのが1年中で一番好きな時間です。

子どもの友達&ママ友とワイワイ、友人と賑やかに、家族だけでこじんまりと・・・。
去年からはテーブルコーディネートのレッスン兼パーティも数回主催しているので、
全部で7~8回はクリスマスパーティをしています。
もう毎週末、パーティ三昧です(笑)

先日も、ちょっと早めのクリスマスパーティをしました。
色々な料理に「福来純三年熟成本みりん」を使ってみましたが、どれも大好評でした♪
Img_9569top
パーティの準備をしている時も、思わずクリスマスソングを口ずさんでしまいます。
子どもたちに、『ママご機嫌さんだね~』なんて言われて、
そんなやり取りも嬉しい、楽しいクリスマス♪
やっぱりクリスマスは、みんなを笑顔にするHAPPYな気分にする
素敵なイベントですね。

さて皆さんをお迎えするクリスマスパーティのテーブルコーディネートを
ちょっぴりご紹介しますね。
Img_9552ff
クリスマスカラーと言えば、赤・緑が定番ですが、
真っ赤なクロスは楽しげで可愛い反面、少し子どもっぽいし、
緑色のクロスは全体が暗くなって料理の見栄えが悪くなるので、
私は、バーガンディカラーで大人っぽく仕上げるのが好きです。
うっすらとスノーフレークの模様がついたラルフローレンのクロスは、
私のお気に入りクロスのひとつです。

キャンドルは、少しくすんだ色のモスグリーンや、アイボリーがおすすめ!
柔らかい印象になって、料理の良い引き立て役になってくれます。
Img_9595dd

クリスマスツリーをライトアップして、キャンドルを灯し
福来純三年熟成本みりん」を風味付けに加えた『熟成サングリア』で乾杯。

Img_9654dd
熟成サングリアのレシピはこちら


スパイスの香りがふわっと心地よいドリンクです。
アルコールがしっかり含まれていることを忘れて、ぐいぐい飲めてしまいます。
お手ごろ価格のワインを使ったのですが、
福来純三年熟成本みりん」の年代物のワインのような香りのおかげで、
高級ワインと間違うほどのおいしさ!

フルーツをカットして、赤ワイン、「福来純三年熟成本みりん」、
スパイスと一緒に一晩漬け込むだけなのに何ということでしょう!
この熟成したかのような味わい。
とっても簡単なので、この冬のクリスマスパーティにおすすめです。

前にもお話したと思いますが、声を大にして何度でも言いたい!
福来純三年熟成本みりん」は、“飲めるみりん”なのです。

ブランデーのような、年代物のワインのような風味で、
料理にはもちろんのこと、食前酒やカクテルにもぴったりの優秀な調味料です。

貴腐ワインやカナダのアイスワインにも似て、デザートワインのように楽しめるので
甘口のワインがお好きな方に是非試してみて欲しい!

Mirin_4 
 
プロの料理人、食通も認める『福来純三年熟成本みりん』、
是非お試しくださいませ。

さて続いては、コンソメスープでホタテを煮て、風味付けに「福来純三年熟成みりん」を少し加えゼラチンで冷やし固めた『味醂風味のホタテのゼリー寄せ』。
パプリカを星に型抜きして、クリスマスっぽく。

Img_9627gg 
味醂風味のホタテのゼリー寄せのレシピはこちら


器は小鉢やカスタードカップなど何でもOKですが、
私は高足のカクテルグラスを使っています。

すべての料理を高さの同じ平らのお皿に盛り付けるよりも、
いろいろな高さの器を使ってテーブルの上に高低差を出すと、
立体的な印象になり、華やかで素敵なテーブルになりますよ。

次は、押し麦のプチプチとした食感と、まろやかなトマト味が後をひく
『味醂でまろやか 押し麦のトマトリゾット』です。
Img_9606dd_2
味醂でまろやか 押し麦のトマトリゾットのレシピはこちら


ところで、トマトの水煮缶やケチャップの酸味が気になる時、ありませんか?
そんな時はひとつまみの砂糖を加えると酸味が和らいで、食べやすくおいしくなります。

今回は、砂糖の変わりに味醂を加えてみたところ、
酸味が和らぐだけでなく、かどが取れまろやか。
コトコト煮込んだような味わいになって大満足でした!
トッピングのスノーフレークなレンコンさん。
意外と簡単に作れてとっても可愛いので是非作ってみてくださいませ。

こちらはクリスマスパーティのメインディッシュにぴったりの
『味醂が香るハーブローストチキンレッグ』。
Img_9688dd
味醂が香るハーブローストチキンレッグのレシピはこちら


花美蔵料理酒、ハチミツ、ローリエ、ローズマリー、岩塩、粗引きこしょう、
ニンニクすりおろしに一晩つけて「福来純三年熟成みりん」を刷毛で塗り、
オーブンで焼くだけ。

お酒は素材を軟らかくし、味醂は素材を煮崩れさせない=硬くする効果があるので
漬け込みには料理酒、香り付けと照り用には味醂を使いました。
ハチミツにもお肉を柔らかくする効果があるので、
料理酒とハチミツでW効果です。

とっても簡単なのに、レストランのような深い味わい。
味醂効果で焼き色もこんがり綺麗に焼けました。


最後は、イチジクをカットして、「福来純三年熟成みりん」とレモン汁をかけて
混ぜるだけの『イチジクの味醂マリネ』。
冷たく冷やしてデザートにどうぞ♪
Img_9622ff
イチジクの味醂マリネのレシピはこちら


パーティの準備で忙しくて、デザートまで手が回らないという時でも、
あっという間にパパッと作れるのでよく作ります。
フルーツは、柿、林檎、洋梨、梨、湯むきした葡萄、皮をむいたグレープフルーツなど
何でもOKです。

今回、ご紹介した5つのレシピは普段からよく作るものばかり。
味醂を使ってみたのは初めてでしたが、
長時間煮込んだり手間暇かけたわけでもないのに、
どれも味に深みやコクが出ていつもよりも高級な味になったことには驚きました。

簡単でおいしくて、クリスマスパーティにぴったりなレシピですので
是非作ってみてくださいませ。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
「季節の歳時記お届けします」公認ブログライター
食育インストラクター・ハーバルスペシャリスト 堀川のぞみさんのご紹介

Img_0342jpgpro_3 

アメリカ在住を経て帰国し、日本食のおいしさ、繊細さを改めて実感しました。
帰国後は日本の食材を多く使うようになりました。
在米時、夫の仕事の都合で各国の奥様方と接する機会に恵まれ、 各国のお料理のレシピを教わりました。 そのときの経験を活かして、いろんな国の料理に「味醂のしずく」を使ってアレンジしたレシピを考えたいと思っています。

●プロフィール

2年間のアメリカ生活を経て帰国後、新築の自宅兼スタジオで
料理教室・テーブルコーディネート教室をスタート。
3人の子どもの母。ハウス食品スパイス大使就任。
企業コラボのレシピ開発、子育てWebサイト連載、雑誌、webサイトへのレシピ提供を行っている。

●堀川のぞみさんのオフィシャルブログ
 ≫ 「ほんわか*おうちcafe~幸せのおいしい食卓~」

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
過去の記事はこちら
2011年
・【11月】 まぼろしの食材 「みりん粕」
・【10月】「“発見”と“漬ける”」レシピのご提案
・【10月】秋の保存食レシピ&お外で食べるコーディネート提案
・【8月】大好き♪琥珀色
・【8月】レモネードパーティはいかが?
・【7月】涼しいテーブルでカフェ気分&友達に贈りたいプチお中元

・【7月】レトロブルーのメキシカンパーティ
・【6月】和ごころたっぷりのお酒「福来純三年熟成本みりん」
・【5月】父の日の素敵な過ごし方
・【4月】アンティーク風小物で彩る春のコーディネート
・【3月】フレッシュな春のテーブルコーディネート
・【2月】春を心楽しむテーブルコーディネート
・【1月】福を呼び込む節分コーディネート
2010年
【12月】幸せを願うお正月
【11月】HAPPYホームクリスマス
【10月】行楽気分で小重テーブル
【9月】 月を愛でるお酒テーブル
【8月】 秋を彩るテーブルコーディネート 
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽






コメント
コメントする



(ウェブ上には掲載しません)




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

良質な素材と昔ながらの手造りにこだわる岐阜の蔵元です。

本みりんde「お母さんの味」レシピコンテスト結果発表
「福来純三年熟成本みりん」をお試しいただきました!
2010年スペシャル版 ブログde本みりんレシピコンテスト結果発表
掲載雑誌紹介

当社の商品が紹介されました!

「この国の食を守りたい」辰巳芳子著(筑摩書房)
「この国の食を守りたい」
辰巳芳子著
(筑摩書房)
「おいしい玄米菜食レシピ/はじめてのマクロビオティック」(成美堂出版)
「おいしい玄米菜食レシピ/
はじめてのマクロビオティック」
(成美堂出版)
「CREA(クレア)」8月号(文藝春秋)
「CREA(クレア)」8月号
(文藝春秋)
「サライ増刊 美味サライ7月号」(小学館発行)
「サライ増刊 美味サライ7月号」
(小学館発行)