« 本みりんレシピ☆みりん粕漬豆腐と柿のピンチョス(古谷史織さん) | トップページ | 【11月】 まぼろしの食材 「みりん粕」 »

2011年11月09日 本みりんレシピ☆豚肉のみりん粕漬(古谷史織さん)

公認ブログライター古谷史織さんの
「豚肉のみりん粕漬」レシピを紹介します。
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
たきたてのご飯にぴったりな美醂の香りとコクが豊かなお肉の味噌漬けです。
漬け込む食材を、お肉をお魚やチーズに代えるのもオススメです。
4_4

材料

豚肉厚切り :3枚
(1枚約100グラムで、ロースや肩ロースの部位)
生姜  :1/3個
米味噌 :60g
こぼれ梅 :30g

作り方

(1) 生姜は薄切りにしておく。こぼれ梅と味噌をよく混ぜ合わせ、豚肉の表面に塗り
生姜の薄切りを貼りつけてからラップで包み冷蔵庫で1晩おく。

(2) 豚肉の表面についた生姜と味噌を取り除き、お好みで切り分ける。中弱火に熱したフライパンに油(分量外)を薄く引き両面をよく焼き、途中で生姜もフライパンの隅で火を入れ、あわせて盛り付ければ完成。

POINT

味噌は、だし入り味噌でない非加熱タイプのものを選びましょう。
味噌に含まれる米麹の量にもよりますが、味噌:みりん粕を2:1程度の割合であわせます。
お好みの割合に配合を調整してから、漬け込みましょう。

コメント
コメントする



(ウェブ上には掲載しません)




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

トラックバック
この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560783/53202012

良質な素材と昔ながらの手造りにこだわる岐阜の蔵元です。

本みりんde「お母さんの味」レシピコンテスト結果発表
「福来純三年熟成本みりん」をお試しいただきました!
2010年スペシャル版 ブログde本みりんレシピコンテスト結果発表
掲載雑誌紹介

当社の商品が紹介されました!

「この国の食を守りたい」辰巳芳子著(筑摩書房)
「この国の食を守りたい」
辰巳芳子著
(筑摩書房)
「おいしい玄米菜食レシピ/はじめてのマクロビオティック」(成美堂出版)
「おいしい玄米菜食レシピ/
はじめてのマクロビオティック」
(成美堂出版)
「CREA(クレア)」8月号(文藝春秋)
「CREA(クレア)」8月号
(文藝春秋)
「サライ増刊 美味サライ7月号」(小学館発行)
「サライ増刊 美味サライ7月号」
(小学館発行)