« 本みりんレシピ☆レーズンのみりん漬け | トップページ | 本みりんレシピ☆チーズとナッツのみりんしょう油漬け »

2011年10月19日 本みりんレシピ☆栗の渋皮煮

公認ブログライター高橋やよいさんの
「栗の渋皮煮」レシピを紹介します。
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
秋になると毎年作っている、栗の渋皮煮。
ちょっとの量で、材料もシンプル。
洋酒の代わりに、福来純三年熟成本みりんを使うと
コクのある自然な甘みで砂糖が控えられ、カロリーダウンに。
その上、つやと照りが出て、ふっくら仕上がります。
シロップは、パンや焼き菓子に混ぜると風味が良く、マロンクリームにも使えます。

Maron_2_3 

材料(作りやすい量)※たくさん作るときは、分量を倍にしてください。

生栗:500g
砂糖:220g
福来純三年熟成本みりん:大さじ2
重曹(一回目):大さじ1
重曹(二回目):小さじ1

※栗の重さから、砂糖は1/2の量が目安です。
 通常は砂糖250gと洋酒大さじ1入れていましたが、
 福来純三年熟成本みりんを使うと甘さが控えられるので、
 砂糖を220gにしました。
 お好みで調整くださいね。

作り方

(1)栗の重さを量る。
 洗って、鍋にお湯を沸かし、10分ほどゆでる。

(2)渋皮が傷つかないように、鬼皮を丁寧にむき、水に入れて一晩漬ける。
  ※鬼皮は硬いので、キッチンばさみを使うと便利です。
    先5mmほど切ってください。
  ※スジは手か、爪楊枝で取って下さい。神経質に取り除かなくても
   煮てやわらかくなるとスルッと取れます。


(3)(2)の栗を洗って、鍋にひたひたの水に“重曹大さじ1”を入れ
  アクを取りながら10分ゆでる。
  ※煮汁が真っ黒になり、泡が出てきます。

(4)(3)の水を替え、(3)と同じ要領で“重曹小さじ1”を入れて
  アクを取りながら10分ゆでる。

(5)(4)の水を替えて、今度は重曹を入れずに“水”だけで10分ゆでる。
  ※煮汁が少しづつ澄んできます。
  Maron_1_2


(6)(5)の水を替え、ひたひたの水に砂糖を2~3回に分けて加え
  落し蓋(クッキングシート)をして30分煮る。

(7)(6)に福来純三年熟成本みりんを加える。
  ※アルコールをとばしたい時は、砂糖と同時に加えて下さい。

(8)熱湯消毒した瓶に、シロップひたひたに栗を詰める。

※冷凍保存は1年程楽しめます。
 一つずつアルミホイルに包み、ビニール袋に入れて下さい。

コメント
コメントする



(ウェブ上には掲載しません)




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

トラックバック
この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560783/53029824

良質な素材と昔ながらの手造りにこだわる岐阜の蔵元です。

本みりんde「お母さんの味」レシピコンテスト結果発表
「福来純三年熟成本みりん」をお試しいただきました!
2010年スペシャル版 ブログde本みりんレシピコンテスト結果発表
掲載雑誌紹介

当社の商品が紹介されました!

「この国の食を守りたい」辰巳芳子著(筑摩書房)
「この国の食を守りたい」
辰巳芳子著
(筑摩書房)
「おいしい玄米菜食レシピ/はじめてのマクロビオティック」(成美堂出版)
「おいしい玄米菜食レシピ/
はじめてのマクロビオティック」
(成美堂出版)
「CREA(クレア)」8月号(文藝春秋)
「CREA(クレア)」8月号
(文藝春秋)
「サライ増刊 美味サライ7月号」(小学館発行)
「サライ増刊 美味サライ7月号」
(小学館発行)