« 【10月】秋の保存食レシピ&お外で食べるコーディネート提案 | トップページ | 本みりんレシピ☆レーズンのみりん漬け »

2011年10月19日 本みりんレシピ☆コーヒー酒

公認ブログライター高橋やよいさんの
「コーヒー酒」レシピを紹介します。
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
焙煎したコーヒー豆と、同量の福来純三年熟成本みりん瓶に入れ、
一晩漬け込むだけで、簡単。
豆の種類はお好みで構いません。
アイスクリームにかけたり、ドリンクに混ぜたり、牛乳で割ると
カルーアミルクのようでおいしいです。
Coffee_3

材料(作りやすい量)

コーヒー豆: 適量
福来純三年熟成本みりん:適量
                ※1:1の同量が目安。
                 瓶の大きさに合わせて、ひたひたになれば構いません。

作り方

(1)瓶は煮沸消毒して乾燥させた清潔なものを準備します。

(2)瓶にコーヒー豆を入れ、福来純三年熟成本みりんをひたひたになるまで注ぎます。
 冷蔵庫で一晩寝かせると抽出されるので、召し上がれます。


≪アレンジ例≫
Coffee_2_2


温かいココアやカプチーノに注ぐと、ビターな奥深い香りが広がります。
お茶請けは、栗の渋皮煮。
爪楊枝に色を塗り、両面テープとレースを貼って、オリジナルのピックを添えました。

Pick_2

和の色合いを選ぶと、日本料理や和菓子にも使えます。
爪楊枝は、太めを選びました。
巻き方を変えるだけで、アレンジが利くので、ケースに入れて常備しています。
和紙や千代紙を使っても楽しいですよ。

コメント
コメントする



(ウェブ上には掲載しません)




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

トラックバック
この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560783/53029698

良質な素材と昔ながらの手造りにこだわる岐阜の蔵元です。

本みりんde「お母さんの味」レシピコンテスト結果発表
「福来純三年熟成本みりん」をお試しいただきました!
2010年スペシャル版 ブログde本みりんレシピコンテスト結果発表
掲載雑誌紹介

当社の商品が紹介されました!

「この国の食を守りたい」辰巳芳子著(筑摩書房)
「この国の食を守りたい」
辰巳芳子著
(筑摩書房)
「おいしい玄米菜食レシピ/はじめてのマクロビオティック」(成美堂出版)
「おいしい玄米菜食レシピ/
はじめてのマクロビオティック」
(成美堂出版)
「CREA(クレア)」8月号(文藝春秋)
「CREA(クレア)」8月号
(文藝春秋)
「サライ増刊 美味サライ7月号」(小学館発行)
「サライ増刊 美味サライ7月号」
(小学館発行)