« 本みりんレシピ☆いちじくの赤ワイン煮 | トップページ | 本みりんレシピ☆コーヒー酒 »

2011年10月05日 【10月】秋の保存食レシピ&お外で食べるコーディネート提案

皆様、お久しぶりです。
スイーツプランナーの山口真理です。

ようやく秋らしい気候になってまいりました。
今年は世の中が目まぐるしく変化していき、時代をどのように生きていくかが課題の
進化の年となった方が多かったのではないでしょうか?

みんなで力を合わせてこの時代を乗り越えて
新しい未来を皆さんで作り上げていきたいと願います。
一歩ずつ前に皆さんで進んで行きましょう。

10月は運動会・遠足・様々なイベントやお出かけのシーズンですね。
「お弁当」を作る機会も増えるのではないでしょうか。
おにぎり・サンドイッチ・卵焼き・から揚げ・・・・
外でだからこそ美味しくて、みんなの笑顔があり、
そして作りがいもあります。

今回はお外で食べるお菓子=保存食のレシピと、
手軽にお菓子や保存食を広げて食べるのにふさわしいコーディネートをご紹介します。

7

さてこの時期はいちじく・葡萄・洋梨・栗・りんごなど
保存食になるようなものがたくさん獲れる季節。

1_4 特にいちじくは福岡県が生産量ナンバー1。
ワイン煮にして保存食としてたくさん作りおきしました。
これらはこの秋の私のおやつになることでしょう。

このワイン煮に「福来純三年熟成本みりん」を入れてみたら赤ワインの風味がとてもまろやかになりました。
レシピは「みりんdeレシピいかがでしょう」でご紹介しておりますのでぜひ作ってみてくださいね。

2_3 そして、ジャムも作りました。人参とオレンジのジャムです。

  このジャムも「福来純三年熟成本みりん」を入れることにより、
人参の臭みやオレンジの酸味が和らぎ、
お子様でも食べやすい甘みが出ました。
色も鮮やかでつい口にしたくなるジャムです。

保存は瓶をしっかり煮沸していれば長持ち。
お部屋のインテリアにもなり、心うかれるような1品です。
マスキングテープを無造作に貼って贈り物にいかがですか?





3_3今回はこのジャムを外で食べれるパンケーキに添えて。

朝食にもお勧めですよ。
ジャムがアクセントになります。

カッテージチーズや生ハムも一緒にそえて
カフェ風に盛りつけるのが
私のお気に入りにコーディネートです。

4



そしてちょっぴりサプライズな一品も。
甘い甘いキャラメルに「福来純三年熟成本みりん」を入れて作った
本みりんのキャラメルクリームです。

ジャムと同様に瓶で保存することをお勧めします。
作り方は、まずキャラメルを完成させてから
煮詰めた本みりんを注いで完成させていきます。

通常のキャラメルよりも砂糖の甘みの角がとれてまろやか。
更に食べやすくなります。
クセも全くない素朴なキャラメルが完成です!
作り方は「みりんdeレシピいかがでしょう」でご紹介しています。





このキャラメルを使ってキャラメルポップコーンを作りました。

5_2 なんだか懐かしい感じのスナック菓子です。
レジャーにも、お腹がちょっぴりすいたときにも
手軽に食べれます。
市販のポップコーンにかけるだけなので、
忙しいときのお子様のおやつにも最適ですね!

このキャラメルは他にも色々アレンジが出来る
万能ソースになりますよ。

・焼き菓子に入れて焼く
・パンに塗る
・ホットミルクに入れて溶かすetc
.  

ここまでに紹介したような保存食を是非行楽のお供に。そしておやつに。








そしてもっとみりんを楽しんでいただくために、
お外へ持ち運びやすいコーディネートのご提案です。

6_2

  写真のように可愛いくカゴに詰めて持って行きましょう!
なんだかウキウキしてきそうな詰め合わせです。

テーブルについたら手軽に食べれるように
無造作に食器などを並べて。
              
お花は草花系が似合います。
私のテーブルはこんな風に
自然のコーディネートで変に気張らないのがお気に入り。
 

              

我が家では、レジャーの時以外もこんな風にして
ベランダで朝食・夕食をとることもしばしば。

草花に囲まれて、形にこだわらず
私流のコーディネートを披露します。






是非皆さんも自宅や旅先で、保存食や外での食事を楽しんでくださいね!
食べる喜びを大切にしましょう。

1_5
いちじくの赤ワイン煮のレシピはこちら≫

2_4
人参とオレンジのジャムのレシピはこちら≫



4_2
本みりんのキャラメルクリームのレシピはこちら≫


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
「季節の歳時記お届けします」公認ブログライター
料理家・スイーツプランナー 山口真理さんのご紹介


はじめまして。料理家・スイーツプランナーとして東京と福岡を拠点にYamaguchisan_2
活動しています山口真理です。
「福来純三年熟成本みりん」は以前から使用しており、もちろんお料理では文句なしの味を作り上げてきました。

今回、このブログライターとしての活動をきっかけに、「福来純三年熟成本みりん」」という和の素材を是非お菓子に!そしてテーブルコーディネートに!新たな挑戦をしたいと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

●プロフィール
東京・福岡にてお菓子教室主宰。
カフェのような空間で手軽なものから高度なものまでケーキを知っていただきながら
発想豊なテーブルコーディネートも定評がある。
企業様へレシピ提案、テレビ・雑誌へのレシピ提供などの仕事も幅広く手掛け、
外部講師やカフェなどのお菓子監修も行う。
通販フェリシモカタログ商品レシピ提案、フェリシモカタログのスイーツブック提案など。

●山口真理さんのオフィシャルブログ
 ≫「Bonappe’tit!!をあなたに。福岡・東京の料理・お菓子教室」

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
過去の記事はこちら
2011年
・【9月】美醂と砂糖 味わいの秘密
・【8月】大好き♪琥珀色
・【8月】レモネードパーティはいかが?
・【7月】涼しいテーブルでカフェ気分&友達に贈りたいプチお中元

・【7月】レトロブルーのメキシカンパーティ
・【6月】和ごころたっぷりのお酒「福来純三年熟成本みりん」
・【5月】父の日の素敵な過ごし方
・【4月】アンティーク風小物で彩る春のコーディネート
・【3月】フレッシュな春のテーブルコーディネート
・【2月】春を心楽しむテーブルコーディネート
・【1月】福を呼び込む節分コーディネート
2010年
【12月】幸せを願うお正月
【11月】HAPPYホームクリスマス
【10月】行楽気分で小重テーブル
【9月】 月を愛でるお酒テーブル
【8月】 秋を彩るテーブルコーディネート 
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

コメント
コメントする



(ウェブ上には掲載しません)




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

トラックバック
この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560783/52913896

良質な素材と昔ながらの手造りにこだわる岐阜の蔵元です。

本みりんde「お母さんの味」レシピコンテスト結果発表
「福来純三年熟成本みりん」をお試しいただきました!
2010年スペシャル版 ブログde本みりんレシピコンテスト結果発表
掲載雑誌紹介

当社の商品が紹介されました!

「この国の食を守りたい」辰巳芳子著(筑摩書房)
「この国の食を守りたい」
辰巳芳子著
(筑摩書房)
「おいしい玄米菜食レシピ/はじめてのマクロビオティック」(成美堂出版)
「おいしい玄米菜食レシピ/
はじめてのマクロビオティック」
(成美堂出版)
「CREA(クレア)」8月号(文藝春秋)
「CREA(クレア)」8月号
(文藝春秋)
「サライ増刊 美味サライ7月号」(小学館発行)
「サライ増刊 美味サライ7月号」
(小学館発行)