« 本みりんレシピ☆ライスペーパーの白いミルクレープ | トップページ | 本みりんレシピ☆みりん粕 ソフトクッキー(古谷史織さん) »

2011年10月19日 【10月】 「“発見”と“漬ける”」レシピのご提案

こんにちは。フードコーディネーターの高橋やよいです。
ブログライターは、今回で3回目の担当になりますが、
「福来純三年熟成本みりん」をきっかけに、食に関する素敵なご縁が広がり感激しています。

例えば・・・
15年程前から我が家にある、料理研究家の先生方の“おすすめのお取り寄せ”の本を読み返すと
「福来純三年熟成本みりん」の記事が紹介されていました。
“一度使うと、他のものは使えなくなるほどの調味料”という内容で、
今では私もそのうちの一人となりました。

先日は、いつもお世話になっている、料理上手な友人に手作りの本みりんスイーツとともに、
「福来純三年熟成本みりん」をおすそわけして、
母の誕生日には、「梅ころリキュール梅みりん1L」を贈りました。
どちらもとても喜ばれました。

     Goods871
「梅ころリキュール」は梅の実がぎっしりとつまっていて、ボトルの形もお洒落で珍しく
料理にこだわるグルメな人への贈り物にこちらも最適ですね。



さて、先月より大手料理教室のお仕事を頂いて、レシピや商品開発に携わることになりました。
食のスペシャリストの方々との出逢いが嬉しく、発見にわくわくしています。
これからも日々学び進んで行きたいと思っています。

今回は、「“発見”と“漬ける”」をテーマに、
我が家で作り続けている定番レシピをアレンジし、「福来純三年熟成本みりん」の新しい使い方を考えました。

まずは★ライスペーパーの白いミルクレープ★。
Millecrepe_2
もちもちしっとりの生地の白いミルクレープの中のクリームは、
卵黄のカスタードクリームではなく、卵白を使ったミルククリームにこだわりました。
「福来純三年熟成本みりん」は、お米から出来ているので、米粉を使ったライスペーパーと相性が良いようです。

クレープ生地を焼かず、ライスペーパーを水でさっと戻すだけで、生地が簡単に出来ます。
5分ほどで出来るので、急なおもてなしや、お子様と一緒に楽しく作って下さいね。

エディブルフラワーは、食用のお花で彩りが美しく、華やかになります。
エディブルフラワーもいろいろ種類があり、生花では傷みやすいので、
お気に入りのお菓子材料のお店の真空パックの押し花タイプを常備しています。

≫ライスペーパーの白いミルクレープのレシピはこちら



2つ目は、★チーズとナッツのみりんしょう油漬け★ 。
Cheese
「福来純三年熟成本みりん」としょう油に、お好きなチーズとナッツを一晩漬け込むだけ。
チーズやナッツの種類はお好みで構いません。
本みりんの熟成された旨みやコクを生かし、余計な手を加えずに
濃厚でおいしいオードブルが出来ます。

サラダやパスタにトッピングしたり、魚介類とも合うので、カリフォルニアロールに巻いたり
スモークサーモンに乗せてもおいしいです。
みりんしょう油は、継ぎ足しても構いません。また、たれとしてもおいしく使えます。

≫チーズとナッツのみりんしょう油漬けのレシピはこちら



3つ目は、栗の渋皮煮★。
Maron_1

秋になると毎年作っている「栗の渋皮煮」はちょっとの量で、材料もシンプル。
改良を重ね、洋酒の代わりに「福来純三年熟成本みりん」を使ってみました。
コクのある自然な甘みで砂糖が控えられ、カロリーダウンに。
その上、つやと照りが出て、ふっくら仕上がります。
お茶請けにひとつ、もうひとつ・・・.と、ついつい食べてしまうくらい、おいしくて大好きな保存食です。
シロップは、パンや焼き菓子に混ぜると風味が良く、マロンクリームにも使えます。
Maron_2 <

≫栗の渋皮煮のレシピはこちら


4つ目は、レーズンのみりん漬け★。
Raisin

ドライレーズンと「福来純三年熟成本みりん」を瓶に入れ、一晩漬け込むだけなので簡単。
パンや焼き菓子に混ぜたり、アイスクリーム、ヨーグルト、プリンにトッピングなど重宝します。
他のドライフルーツでも作れます。

≫レーズンのみりん漬けのレシピはこちら



最後は、コーヒー酒★。
Coffee

こちらも焙煎したコーヒー豆と、同量の「福来純三年熟成本みりん」を瓶に入れ、一晩漬け込むだけ。
豆の種類はお好みで構いません。
通常、ホワイトリカーと氷砂糖で作りますが、
「福来純三年熟成本みりん」は、地元産のもち米“たかやまもち”、“ひだほまれ”、純米焼酎、
米麹を90日仕込み、熟成に三年かけたうまみたっぷりの本みりん。
芳醇な香りと甘味があり、そのまま飲んでもおいしい本みりんだからこそ、これだけで充分なのです。

まろやかでコクがあり、手軽に出来るので、私はこちらが気に入っています。
アイスクリームにかけたり、ドリンクに混ぜたり、牛乳で割るとカルーアミルクのようでおいしいです。
温かいココアやカプチーノに注ぐと、ビターな奥深い香りが広がります。

≫コーヒー酒のレシピはこちら

お茶請けは、栗の渋皮煮が相性抜群。
爪楊枝に色を塗り、両面テープとレースを貼って、オリジナルのピックを添えました。

Coffee_2

爪楊枝には、細めのマスキングテープを貼りました。
和の色合いを選ぶと、日本料理や和菓子にも使えます。
爪楊枝は、太めを選ぶとよいですよ。
巻き方を変えるだけで、アレンジが利くので、ケースに入れて常備しています。
和紙や千代紙を使っても楽しめます。
Pick
どれもすぐに試せる簡単なレシピばかりですので
ぜひお試しくださいね。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
「季節の歳時記お届けします」公認ブログライター
フードコーディネーター・パンマイスター 高橋やよいさんのご紹介


Ty_face1_3 はじめまして。高橋やよいです。
我が家には、子どもが3人います。“食育”を兼ねて、“簡単に、楽しく、美味しく出来るもの”を、日々研究中です。レシピを考える時は、家族が好きな食材から構成していきます。実際作って食べてもらった時に、子供達がおかわりしてくれたり、「また食べたいな、今度は一緒に作ってみたいから教えて。」とノートに忠実にメモしてくれているのを見ると、励みになります。
子供の友達や、自分の友達が遊びにきてくれた時にも、一緒に手作りし、体験してもらっています。また、旬の食材や、それにあった調味料の組み 合わせを考えて、ゲームのように楽しんでいます。
今回、ブログライターとして活動させていただくことになり、私の周りの方々をはじめ、たくさんの皆さまに本みりんの良さを伝えたいです。また自分自身もっと勉強をして、食に関するお仕事にどんどん繋げていきたいと思っています。

宜しくお願いいたします。


●プロフィール

出版社の編集を経て、フードコーディネーター、調理師、パンマイスターの資格を取得後、商品企画や雑誌や企業のHP、リーフレットなどへレシピを提供。先日も、雑誌と企業のコラボレーションで、提案したお惣菜が商品化された。私生活では3人の子どもの母。

●高橋やよいさんのオフィシャルブログ
 ≫
「 *mylove*cafe* 」 

●高橋さんが参加されている東日本大震災チャリティレシピ本はこちら
≫『レシピブログ 少ない電力&火力でおいしくつくる』宝島社 880円(税込)

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
過去の記事はこちら
2011年
・【10月】秋の保存食レシピ&お外で食べるコーディネート提案
・【9月】美醂と砂糖 味わいの秘密
・【8月】大好き♪琥珀色
・【8月】レモネードパーティはいかが?
・【7月】涼しいテーブルでカフェ気分&友達に贈りたいプチお中元

・【7月】レトロブルーのメキシカンパーティ
・【6月】和ごころたっぷりのお酒「福来純三年熟成本みりん」
・【5月】父の日の素敵な過ごし方
・【4月】アンティーク風小物で彩る春のコーディネート
・【3月】フレッシュな春のテーブルコーディネート
・【2月】春を心楽しむテーブルコーディネート
・【1月】福を呼び込む節分コーディネート
2010年
【12月】幸せを願うお正月
【11月】HAPPYホームクリスマス
【10月】行楽気分で小重テーブル
【9月】 月を愛でるお酒テーブル
【8月】 秋を彩るテーブルコーディネート 
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

コメント
コメントする



(ウェブ上には掲載しません)




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

トラックバック
この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560783/53029612

良質な素材と昔ながらの手造りにこだわる岐阜の蔵元です。

本みりんde「お母さんの味」レシピコンテスト結果発表
「福来純三年熟成本みりん」をお試しいただきました!
2010年スペシャル版 ブログde本みりんレシピコンテスト結果発表
掲載雑誌紹介

当社の商品が紹介されました!

「この国の食を守りたい」辰巳芳子著(筑摩書房)
「この国の食を守りたい」
辰巳芳子著
(筑摩書房)
「おいしい玄米菜食レシピ/はじめてのマクロビオティック」(成美堂出版)
「おいしい玄米菜食レシピ/
はじめてのマクロビオティック」
(成美堂出版)
「CREA(クレア)」8月号(文藝春秋)
「CREA(クレア)」8月号
(文藝春秋)
「サライ増刊 美味サライ7月号」(小学館発行)
「サライ増刊 美味サライ7月号」
(小学館発行)