« 【本みりんdeお母さんの味★優秀賞レシピ】みりん漬け豆腐♪山椒風味 | トップページ | 【本みりんdeお母さんの味★最優秀賞レシピ】お野菜じゃが »

優秀賞
かしわごはん/原田さん(広島県)

Photo_3

材料:4人分

鶏ミンチ:160g
米:2カップ
絹さや(飾り用/インゲン等):適宜

≪A≫
 鶏ガラスープ:2カップ弱
 福来純三年熟成本みりん:大さじ2・1/2、
 しょう油大さじ:1・1/2
 ※鶏ガラスープは鶏ガラを灰汁を取りながら茹でてスープを作り冷まします

≪B≫
 福来純三年熟成本みりん:大さじ2
 しょう油:大さじ2
 砂糖:大さじ1
 酒:大さじ1

作り方
(1)米を研ぎ、≪A≫を注ぎ入れ、普通に炊飯します。

(2)鍋に鶏ミンチと≪B≫を入れ、よく混ぜ合わせたら火をつけ
 水気が少なくなるまで混ぜながら煮詰めます。
 (焦がさないように気をつけて下さい。)

(3)ご飯が炊き上がったら(2)を加え混ぜ合わせ、蒸らします。

(4)ご飯を器に盛り、塩ゆでして細切りした絹さやを飾ります。

応募レシピにまつわる思い出:
 運動会、遠足、親戚の集まりなどに決まって登場していた「かしわごはん」。
 母は、うどんを食べる時にもその横に必ずおにぎりにしたかしわごはんを
 添えてくれました。
 暖かい炊きたてのご飯はいうまでもありませんが、不思議なことに冷めても
 美味しく頂けます。
 かしわごはんは、鶏ガラで丁寧にスープをとり、少し甘い味付けに
 炊き上げるのが定番です。
 この少し甘い味付けをする時、砂糖を控えめにして、美味しい味醂を使って
 スッキリとした甘さに作るのが母親流。
 月日は流れ、今では「かしわごはん」を作る立場になりましたが、
 母直伝の味醂でスッキリをしっかり守っています。

良質な素材と昔ながらの手造りにこだわる岐阜の蔵元です。

蔵人が蔵の生情報をお届け!花美蔵のブログ
白扇酒造公式facebook
白扇酒造公式Instagram
掲載雑誌紹介

当社の商品が紹介されました!

Kanisan club 7月号(中広)
Kanisan club 7月号
(中広)
Discover Japan 4月号(エイ出版社)
Discover Japan 4月号
(エイ出版社)
家庭画報 新春特大号(世界文化社)
家庭画報 新春特大号
(世界文化社)
みりんの飲み方 ささのしずく著
「みりんの飲み方」
ささのしずく著