みなさん、こんにちは。
みりんは調味料として使われています。
ただ、もともとみりんは甘いお酒として飲まれていました。
みりんは寝かせるほど熟成が進み、それにつれて複雑な味わいとなり、それが味や香りに幅がでてきます。
白扇酒造では、伝統製法熟成本みりんよりもさらに熟成させた「古々美醂」を造っています。
古々美醂は、まるで黒蜜のような深みのあるこげ茶色にチョコレートのような甘い香りを漂わせます。
その甘みは、一言では言い尽くせないほど、複雑でとろりと濃厚な、極上の味わいです。
今回は、そんな古々美醂を紹介します。

独特の風味の秘密
初めて口にされた方は、「デザートワイン?それとも黒蜜…?」と、驚かれます。
その芳しさと甘美な味わいは、何かに似ているようで似ていない、みりんならではのもの。
古々美醂は、デザートのシロップや料理の隠し味としてプロの料理人も使っています。

食前・食後酒の一杯に
料亭で食前・食後酒としても利用されている古々美醂。
リキュール感覚でストレートまたはロックでお召し上がりください。
上等なデザートワインのような濃醇な味わいは、ブルーチーズなどコクのあるつまみともよく合います。
自宅でも食前・食後酒としてお楽しみいただけます。

本格料理の隠し味に
10年かけて熟成された甘みとコクは“みりん”というひと言ではかたづけられない味わいがあります。
和・洋の有名料亭でソースや調味料としても愛用される古々美醂、料理が大好きな方、素材にとことんこだわりたい方にお勧めします。

煮物や照り焼きに使えば一味違う味わいに
特別な日など、いつもの家庭料理をランクアップさせたいときはありませんか?
そんなときに古々美醂を使うと、熟成された独特の甘みとコクのある料理になります。

デザート用のシロップに
古々美醂は、口に含んだとたん、ふわっと広がる上品な香りと柔らかな甘みがあります。
まるで高級なチョコレートのようにスイートなため、デザートのソースやシロップにも合います。
深みのある甘さが口いっぱいに広がり、いつものデザートをちょっぴり大人の味に仕上げてくれます。

なお古々美醂は本物のみりんのためアルコールを含みます。
お子様やアルコールの苦手な方は、煮切りをしアルコール分を飛ばせば安心してお召し上がりいただけます。


古々美醂は、毎年1,000lずつ取り置きして、温度変化が少なく、日の当たらない蔵の奥に貯蔵しています。
出荷数が限られる商品です。ご了承ください。

Goods721
古々美醂 500ml / 2,700円

古々美醂 のご購入はこちらから

みなさん、こんにちは。
早いもので、白扇酒造ではもう次の酒造りの時期が近づいてきています。
白扇酒造の酒造りは、杜氏の服部龍二を中心に5人体制で日々作業をしています。
服部龍二は、現在販売中の秋のお酒「花美蔵 純米吟醸ひやおろし」も造りました。
そんな白扇酒造の誇る杜氏、服部龍二に語ってもらいました。

Photo_20190912170001

1988年生まれの31歳。白扇酒造に入社するまでは全く畑違いの研磨や金型の仕事をしていました。友人と行った飲食店で飲んだ白扇酒造の酒の旨さに一瞬で惚れ込み、それまでの金属関係の仕事を投げ打って、すぐさま入社を決意しました。思い立ったら善は急げと、翌日には白扇酒造に問い合わせをしました。最も最初は副社長から相手もされず無視され続けたんですけどね。それでも怯むことなく入社にこぎつけ「日本で一番の酒」を目指して酒造りに携わるようになりました。

しかしここでぶち当たったのが「なぜこの作業をしているのか?」逆に「なぜこの作業をしないのか?」という数々の疑問でした。そもそも日本酒製造の現場は杜氏の背中を見て仕事を覚える“経験型”の昔気質が根強く、先輩に聞いても納得できないことが色々ありました。それで自分なりに本を読んで勉強するようになったんです。そこで行き着いた結論が、無駄をなくし、手をかけるべきところは手をかける。すなわちメリハリをつけた作業の中で、自分ならさらに美味しいお酒を造れるに違いないという答えを見出したのです。

そう思って生意気にも副社長に「自分ならできる!」と直談判しちゃったんですよ。そしたら答えは意外なもので、「やったらいいじゃん」って。あまりにあっさり得られたその返事に当初はなめられているのではと思いましたが、この言葉は本気で僕を信じてくれていて「お前に任せるぞ。やるなら真剣にやれ」という意味だったんですよね。だから誤解と分かった時は恥ずかしかったです。今思えば未経験の人間に任せるなんて本当に大きな賭けだったと思います。

清酒にみりん、焼酎、リキュール、ワイン等、多岐にわたる酒類を製造する白扇酒造。こうした仕事の多様性を、この上ない幸運だと考えています。様々な経験ができて、そこから色々な技術を得られる。杜氏にとってこんなに嬉しいことはないと思います。僕の目標は酒造りの現場において一流になることです。ご期待ください。

Photo_20190912170002
秋限定、花美蔵 純米吟醸ひやおろしは、冬に大切に醸したお酒です。新酒の味わいとはまた違うこの時期のために熟成させました。今年の出来は濃厚な旨さと程よい甘さが調和し、まったりとした仕上がりです。
ぜひ一度、呑んでみてください。

花美蔵 純米吟醸ひやおろし
1.8ℓは2,808円(税込)、720mlは1,404円(税込)です。
https://www.hakusenshuzou.jp/pickup/aki2019.html

良質な素材と昔ながらの手造りにこだわる岐阜の蔵元です。

蔵人が蔵の生情報をお届け!花美蔵のブログ
白扇酒造公式facebook
白扇酒造公式Instagram
掲載雑誌紹介

当社の商品が紹介されました!

Kanisan club 7月号(中広)
Kanisan club 7月号
(中広)
Discover Japan 4月号(エイ出版社)
Discover Japan 4月号
(エイ出版社)
家庭画報 新春特大号(世界文化社)
家庭画報 新春特大号
(世界文化社)
みりんの飲み方 ささのしずく著
「みりんの飲み方」
ささのしずく著