2017年07月21日 おいしい日本酒をつくる「酒米」とは!

日本酒がお米からできていることはよく知られていますが、普段食べるお米とは違う「酒米」というお米を使っていることはご存知ですか?
今回はそんな酒米の特徴についてお話します。


酒米とはどんなお米?
「酒造好適米」とも呼ばれ、日本酒を醸造する原料、主に麹米として使われるお米のことを指します。


酒米の特徴
①食用米に比べて粒が大きい
米粒が大きいので精米しても粒が割れにくいのが特徴です。

②心白の割合が高い
心白とはお米の中心にあるデンプン質のことです。これによって米と米がくっつきにくくなり、酒造りに適しています。
※米と米がくっつきにくくなることを、お酒造りでは、「さばけが良い」といいます。

③栽培が難しい
酒造好適米は比較的病気になりやすいうえ、虫にも弱く風で倒れやすい品種が多いです。
また同じ面積でとれる米の量も少ないため、食用米より高い価格で取引されます。


白扇酒造で使用している主な酒米
山田錦
酒造好適米の代表的な品種です。心白が大きく高精米に向いているため、吟醸酒以上の精米歩合が高く、高価なお酒に使われます。

五百万石
山田錦と並ぶ代表的な酒米です。蒸しあげたとき、米と米が特にくっつきにくくなり、良質な麹を造ることができます。

ひだほまれ
岐阜県を代表する酒造好適米です。飛騨の大地の恵みをたっぷり吸収したお米は高級酒造りに最適な条件が揃っています。

みつひかり
地元の契約農家で栽培していただいているお米です。白扇酒造では一般酒に使用しています。


精米歩合とは?
精米歩合は、白米とその玄米に対する重量の割合のことをいいます。
簡単に言うと、そのお米がどれだけ削られたかを表す数値のことです。
例えば、精米歩合30%というと、お米の周りを70%も削っていることになります。

Photo_6

ちなみに、日本酒造りの世界では、米を削ることを「磨く」と表現します。
酒米は磨けば磨くほどすっきりとした雑味のない味になり、フルーティーで華やかな香りを醸すようになります。
一般家庭で食べられるお米の精米歩合は92%程度です。


こちらが白扇酒造で実際に使っている精米機です。
Photo_5



このブログの内容は、花美蔵通信Vol17から転記しました。
花美蔵通信は、お酒・みりん・白扇酒造の情報をご購入者にお届けしているチラシです。
ホームページからもダウンロードしてご覧いただけます。
https://www.hakusenshuzou.jp/hanamikura/index.html

2017年07月13日 本みりんレシピ☆さんが焼き

暑さも徐々に本格化し、梅雨明けも間近になってきました。
7月初旬から20日頃をを二十四節気では「小暑(しょうしょ)」と言います。
この時期にはトマトや枝豆、ズッキーニ、オクラ、ナス、トウモロコシが旬を迎えます。

枝豆は『枝豆』という種類の豆でなく、大豆を未熟な状態で収穫したものです。
未熟といってもタンパク質が豊富で、大豆にはないビタミンCも含んでいます。
夏のビールのつまみにぴったりなだけでなく、ビタミンB₁も豊富なので栄養バランスを崩しやすい夏に積極的に取りたい食材です。

鯵(あじ)も夏に旬を迎える魚です。細かく切った鯵にみそと香味野菜を混ぜたものを「なめろう」といい、房総半島の漁師が作ったと言われる郷土料理です。
「なめろう」という名前はあまりにもおいしいので皿までなめてしまうからという説も。
このなめろうを山仕事に持っていき、山小屋で焼いたりして食べていたところから、「山家(さんが)焼き」と呼ばれるようになりました。

生の魚はいたみやすいため、火を通しておくと安心です。
『福来純本みりん』は魚の臭みを抑え、コクを付け加えてくれます。
魚料理は面倒なイメージがありますが、対面販売の魚売り場であれば三枚におろしてもらえます。
いろんな食材を食べて暑い夏を乗り切りましょう。

山家(さんが)焼き
Img_6262_2


◆材料(2人分)
魚(鯵):3尾(15cmくらいのもの)
ショウガ:10g(ひとかけ)  ※みじん切り
細ネギ:1本  ※小口切り
大葉:5枚  ※うち1枚はみじん切りにする。
みそ:大2/3
『福来純本みりん』:小1
酒:小1
ごま油:小1

Dscf9975_2


◆作り方
①三枚におろした鯵の頭側から皮をむき、小骨を取る。
手の熱で味が落ちてしまうのでできるだけ手早く作業する。

②5mm幅に切り、みそを乗せて包丁で叩く。あらかじめ切ったショウガ、細ネギ、大葉を加えて叩きながら均一になるまで混ぜる。
ボールに入れ、福来純本みりん、酒を加えて混ぜる。

③4つに分けて丸め大葉でくるむ。フライパンにごま油を熱して、両面を焼く。皿に盛り付け、針ショウガを飾る。


工夫ポイント!
Img_6221_2
作りたてものは生でなめろうとして食べられます。
ごはんに乗せてお茶漬けとしても。


フードコーディネーター佐々木有紀子さんのご紹介

Sasaki_yukiko_4
こんにちは。佐々木有紀子です。
フードコーディネーターとして料理教室の主催、レシピの提案、イベントの開催をしています。また、地元の方々と郷土料理研究会を立ち上げ、伝統的な料理を学び、次世代に継承していく活動をしています。
「美醂のしずく」では季節感を大切にし、各家庭で大切にされてきた家庭料理を提案していきたいと思います。よろしくお願いいたします。

●プロフィール
大学卒業後、11年間高校で家庭科教諭。
大手教室で製菓・製パン、家庭料理を習得し同教室でアシスタント、講師として勤務。
広島クッキングスクールにてイタリア料理を習得。
フードコーディネーター、上級食品表示診断士、フードアナリスト、だしソムリエ。
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa主催

●佐々木有紀子さんのオフィシャルブログ

ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa
http://saasa.petit.cc/muscat1/

2017年07月05日 東京・大阪で開催される「岐阜の地酒に酔う GIFU'S SAKE 2017」に出展します!

岐阜の志高き酒蔵が集結!
このイベントは、岐阜蔵元が誇るさまざまな銘酒を楽しめます。
白扇酒造は、夏限定の「生貯蔵酒」「生原酒」をご用意しております。
ぜひご参加ください!

花美蔵 生貯蔵酒
Photo

酸味と旨味のバランスがとれたまろやかな「純米」、滑らかな飲み口が特徴の「純米吟醸」、香り・味のバランスがとれたとても贅沢な「純米大吟醸」の3種類の生貯蔵酒を試飲できます。



花美蔵 生酒 原酒
3

軽快でまろやかな味わいの「純米」、甘味と酸味のバランスがとれた深みある味わいの「純米吟醸」、岐阜県産「ひだほまれ」の旨味を最大限に引き出した「純米大吟醸」の3種類の生原酒を試飲できます。



●東京・7月23日(日)
Photo_2

◇日時
2017年7月23日(日)
13:00〜16:00(第2部)
※一般のお客様のご参加は、第2部のみです。

◇会場
東京都千代田区一ツ橋2-1-1 如水会館2F「スターホール」

◇参加方法
事前申込です。(当日券の販売はありません。)
参加費:3,500円
申込締切:2017年7月18日(火)
定員:400名(締切前でも定員数に達したら締め切られます。)
お申し込みは、岐阜の地酒に酔うのサイトをご覧ください。


●大阪・7月30日(日)
Photo_3

◇日時
2017年7月30日(日)
13:00〜16:00

◇会場
大阪市中央区大手前1丁目7番31号 大阪マーチャンダイズ・マート

◇参加方法
事前申込です。(当日券の販売はありません。)
参加費:2,500円
申込締切:2017年7月25日(火)
定員:1,000名(締切前でも定員数に達したら締め切られます。)
お申し込みは、岐阜の地酒に酔うのサイトをご覧ください。

コメント(0)  |  トラックバック(0)
2017年06月28日 7/8(土)、7/9(日) 名古屋城酒まつりで白扇酒造のお酒を試飲できます!

名古屋城酒まつりは、中部広域の酒蔵、酒銘柄を集めた中部地方最大級の日本酒イベントです。
白扇酒造のブースで、夏限定の「純米大吟醸生貯蔵酒」「純米吟醸生貯蔵酒」「純米生貯蔵酒」が飲めますよ♪
名古屋城を見上げながら花美蔵を飲んでみませんか?

イベントで試飲できる白扇酒造のお酒をご紹介します。
※お酒は即売会に出品しません。ご了承ください。

純米大吟醸生貯蔵酒
酒袋の重さで自然に絞ったお酒は、香り・味のバランスがとれたとても贅沢なお酒です。

Photo_3



純米吟醸生貯蔵酒
穏やかで上品な香りの中に適度なコクがあり、滑らかな飲み口が特徴です。

Photo_4



純米生貯蔵酒
岐阜県のお米と桜酵母がとても合う、酸味と旨味のバランスがとれたまろやかなお酒です。

Photo_5



純米大吟醸 生酒 原酒
大吟醸の芳醇な香りが口いっぱいに広がり、岐阜県産の酒造好適米「ひだほまれ」の旨味を最大限に引き出した究極の味わいです。

Photo_6



純米吟醸 生酒 原酒
米から造り出された甘味と酵母から生まれる酸味がほどよく調和し、バランスのとれた深みのある味わいです。

Photo_7



純米 生酒 原酒
桜の花から分離した酵母特有の独特な芳香が特徴的。のどごしは軽快でまろやかな味わいです。

Photo_8



ゆずにごり
焼酎にゆずを漬け込み、果汁をプラス。ゆずの香り・酸味・甘さ・渋みの調和がとれたリキュールです。

Photo_9


名古屋城酒まつりの詳細です。

●日時
2017年7月8日(土)、9日(日)
10:00〜16:30
※イベントは、7月1日〜17日までの土日祝に開催されますが、花美蔵の試飲は8、9日のみです。

●料金
前売り券:2,300円
当日券:2,600円

チケットは、チケットぴあ、コンビニ(セブンイレブン、サークルK、ファミリーマート、ローソン)で購入できます。
前売り券の販売は6月30日までです。

●場所
愛知県名古屋市中区本丸1-1名古屋城西之丸エリア

詳しくはこちら

コメント(0)  |  トラックバック(0)
2017年06月26日 7/2(日)に第20回大吟醸を楽しむ会で「純米大吟醸 馥」を振る舞います!

さまざまな大吟醸を楽しめるイベントです。
全国から39蔵元が集まり、蔵元自身が自慢の大吟醸を振る舞います。

白扇酒造からのお酒は「純米大吟醸 馥」です。
馥は、低温で長期発行させた醪を酒袋に入れて吊るし、自然にしたたり落ちる雫をそのまま斗瓶に大切に封じこめ、冷凍貯蔵しました。
ほどよい吟醸香とバランスのとれた味わいが魅力で、当蔵最高品質の大吟醸酒です。

_1800_4


●日時
2017年7月2日 18:30開場

●場所
宮崎県宮崎市松山1丁目1-1宮崎観光ホテル東館3階

詳しくはこちら

残念ながら参加は締め切られてます。
白扇酒造のお酒の魅力を広められるよう頑張ってきます♪

コメント(0)  |  トラックバック(0)
2017年06月21日 お中元・夏ギフトの包装作業中です♪

梅雨らしく雨が降り始めましたね。
これまで雨が降らず、稲の成長を心配していましたが、これで一安心です。

今回は、発送担当のお仕事の一部をご紹介します♪
お中元・夏ギフトの時期の発送担当者は、多忙です。
たくさんの注文で嬉しい悲鳴をあげながら、頑張って梱包・包装してます。
そして、ご希望の日にお届けできるよう、せっせと発送してます。

1_3
お客様の注文商品をひとつずつ手作業で包んでいます。

2
最後まで気を抜かずに丁寧に折ります。

発送担当者は、
「贈られた方が笑顔になれるように、お客様の大切な方へ日頃の感謝の想いをこめてお届け致します」
とのこと。


1_4
全包装した商品です。
お届け先がご自宅の場合、このように全包装でお送りします。

2_2
簡易包装した商品です。
お届け先を指定された場合、このように簡易包装でお送りします。

※写真は外のしです。外のし希望の方は、ご注文時に「外のし希望」とご記入ください。


お中元・夏ギフト特集ページはこちら

コメント(0)  |  トラックバック(0)
2017年06月14日 本みりんレシピ☆夏野菜のジュレスープ

梅雨入りした地域では、雨の多い季節になりました。
「梅雨(ばいう)」の字が示す通り「梅の実が色づく頃の雨」の意味ですが、カビが多い季節ということで「黴雨」が転じて「梅雨」になったという説もあります。
温度湿度ともに高く、食中毒も起きやすい季節なので衛生面にも気をつけたいですね。

6月も中旬を過ぎ、夏野菜も出回るようになってきました。
オクラはアフリカ原産の野菜で独自のネバネバが特徴。
ネバネバの主成分はペクチンなどの食物繊維で免疫力を高め、胃の粘膜を強化するなどストレスで弱ったおなかの調子を整えてくれます。

何となく食欲も落ちがちの季節ですが、香味野菜やだしなど香りのよい食材と組み合わせて、本格的な夏に向けて体調を整えておきましょう。
夏野菜のジュレスープは和風だしをゼラチンで固めた夏向けの冷製スープです。
ショウガやミョウガの爽やかな香りであっさりしていますが、福来純本みりんを加えると、口当たりまろやかな仕上がりになります。
入れる具材はおうちにあるものを組み合わせてもおいしくできますよ。

夏野菜のジュレスープ
Img_0023


◆材料
1番だし(水:2カップ、かつお節:8g、昆布:4g)
ゼラチン:4g
ホタテの水煮(缶):1/2個
オクラ:1本
ヤングコーン:2本
ミックスビーンズ:25g
枝豆(さやつき):30g
ミョウガ:1/2個
ショウガ:5g

【調味料】
薄口しょうゆ:小1
福来純三年熟成本みりん:小1
塩:小1/4強
ホタテの水煮の汁:小1

Img_9978


◆作り方
①耐熱容器にだしの材料を入れてラップをかけて600Wで3分加熱する。
別のボールにざるをして、だしをこしとる。ゼラチンを振り入れ溶かし、調味料を加える。
粗熱をとってから冷蔵庫で1~2時間、冷やし固める。

②ホタテは1㎝大にほぐす。
オクラはさっと茹でて冷水に取り、小口切りにする。
枝豆は茹でてさやから出しておく。
ヤングコーンは5mm幅に切る。
ミョウガは縦半分に切って斜めに薄切りにする。
ショウガはすりおろす。

Img_9964

③①の出しだしが固まったら②のショウガ以外の野菜を加えてざっくり混ぜ、器に盛り付ける。
仕上げにショウガのすりおろしを添える。


工夫ポイント!
だし汁の粗熱をとるのに保冷材を使うと早く冷え、繰り返し使えて便利です。


フードコーディネーター佐々木有紀子さんのご紹介

Sasaki_yukiko_2
こんにちは。佐々木有紀子です。
フードコーディネーターとして料理教室の主催、レシピの提案、イベントの開催をしています。
また、地元の方々と郷土料理研究会を立ち上げ、伝統的な料理を学び、次世代に継承していく活動をしています。
「美醂のしずく」では季節感を大切にし、各家庭で大切にされてきた家庭料理を提案していきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

●プロフィール
大学卒業後、11年間高校で家庭科教諭。
大手教室で製菓・製パン、家庭料理を習得し同教室でアシスタント、講師として勤務。
広島クッキングスクールにてイタリア料理を習得。
フードコーディネーター、上級食品表示診断士、フードアナリスト、だしソムリエ。
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa主催

●佐々木有紀子さんのオフィシャルブログ
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa
http://saasa.petit.cc/muscat1/

コメント(0)  |  トラックバック(0)
2017年06月07日 お世話になった方へ♪お中元・夏ギフト特集

今年もお中元の時期がやってきました!
お中元は、日頃お世話になっている方に、感謝と健康を願って贈ります。
上司、取引先、親戚、近所の方などに、日頃なかなか伝えられない感謝を伝える良い機会です。
お世話になった方だけでなく、ご両親にも感謝の気持ちを届けましょう。
両親の誕生日、母の日のプレゼントを忘れてしまった方は、この機会にお中元で感謝を伝えるのも良いですね。

白扇酒造のオンラインショップで、お中元・夏ギフト特集を開始しました!
これからの季節、爽やかな香りを楽しんでいただける生貯蔵酒、プロの料理人にもご愛用いただいている本みりんなどおすすめギフトを多数ご用意しています。

お中元・夏ギフト特集はこちらから


【夏限定】純米大吟醸 生貯蔵酒・三年熟成本みりんセット 720ML(2本入)
3,296円(税込)
純米大吟醸は、香り、味のバランスが取れた贅沢な一品。
冷酒にぴったりのお酒です。
三年熟成本みりんは、昔からの伝統的手法で仕込んでおり、上品な甘さが料理の素材を活かします。
そのまま飲んでもおいしく、ロックで飲むのがオススメです。

純米大吟醸 生貯蔵酒・三年熟成本みりんセット商品ページ
Goods2723_2


【夏限定】三年熟成本みりん・料理酒・純米 生貯蔵酒セット 720ML(3本入)
3,165円(税込)
料理酒は、雑味のある少し古風な日本酒。料理はもちろん、純米酒なのでそのまま飲んでいただけます。
常温でおいしくいただけます。
純米酒は、酸味と旨味のバランスが取れたまろやかな純米酒。
燗酒や常温でも飲んでいただけますが、冷酒がオススメです。

三年熟成本みりん・料理酒・純米 生貯蔵酒セット商品ページ
Goods307_2


【夏限定】生貯蔵酒3酒セット 720ML(3本入)
4,916円(税込)
特別に囲い、出荷直前まで品質を維持するため、生で貯蔵した限定酒です。
普通便でお届けできるため、贈答にも便利です。

生貯蔵酒3酒セット商品ページ
Goods273_2

コメント(0)  |  トラックバック(0)
2017年05月31日 父の日オススメ!花美蔵の清酒

父の日は、家族のために毎日頑張っているお父さんに感謝を伝える日です。
この機会に手紙やメール、プレゼントで、日頃の感謝を伝える方も多いのではないでしょうか。

ニッセイインターネットのアンケートによると、お酒は父の日にお父さんが欲しいプレゼント第3位♪
お父さんに贈れば、喜ばれること間違いなし!

そんな父の日に、白扇酒造オススメの清酒は、低温貯蔵酒 3種セットです。
人気の大吟醸・吟醸・純米をセットにした商品です。

花美蔵 純米大吟醸 低温貯蔵酒は、華やかな芳香とふくよかな味わいが特徴。
冷酒にぴったりのお酒です。

花美蔵 純米吟醸 低温貯蔵酒 花は、やわらかな甘味と爽やかな酸味を味わえます。
常温でも飲んでいただけますが、オススメは冷酒です。

花美蔵 低温貯蔵酒 蔵は、酸味もしっかり感じられる旨口純米酒です。
燗酒、常温、冷酒、どの飲み方でもおいしくいただけます。

低温貯蔵酒 3種セットのご購入はこちらから

Goods521

父の日の贈り物に、無料ラッピングを承ります。
スリム瓶にはネクタイ札をお付けします。
ご注文の際、カートのご要望欄に「父の日ギフト」とご記入ください。

スリム瓶にネクタイ札を付けると、このようになります。↓↓↓
Img_1351_5

Img_1352


ラッピングはこのようになります。↓↓↓

Img_1356_2

ぜひ、毎日頑張っているお父さんに、花美蔵の清酒を贈ってはいかがでしょうか。

コメント(0)  |  トラックバック(0)
2017年05月24日 夏に向けて一足早く「自家製めんつゆ」

もうすぐ6月。梅雨のシーズンですね。
ジメジメすっきりしない天候で食欲がないとき、そうめんはいかがですか?
夏になると連日そうめんが食卓に並んで、うんざり気分になることもありますが、この時期に食べるそうめんは新鮮ですよ!

そうめんを食べるときに欠かせないのがめんつゆです。
めんつゆは、お手頃な市販品もたくさん出回っていますが、ご家庭でも簡単に作れます。
日持ちするので作っておけば、煮物や和え物にも利用できます。

3年熟成の福来純本みりんで風味豊かなオリジナルめんつゆに挑戦してみませんか?

自家製めんつゆの作り方はこちら

自家製めんつゆで使用したみりんは、こちらからご購入できます

Img_8575aa_2

コメント(0)  |  トラックバック(0)

良質な素材と昔ながらの手造りにこだわる岐阜の蔵元です。

本みりんde「お母さんの味」レシピコンテスト結果発表
「福来純三年熟成本みりん」をお試しいただきました!
2010年スペシャル版 ブログde本みりんレシピコンテスト結果発表
掲載雑誌紹介

当社の商品が紹介されました!

「この国の食を守りたい」辰巳芳子著(筑摩書房)
「この国の食を守りたい」
辰巳芳子著
(筑摩書房)
「おいしい玄米菜食レシピ/はじめてのマクロビオティック」(成美堂出版)
「おいしい玄米菜食レシピ/
はじめてのマクロビオティック」
(成美堂出版)
「CREA(クレア)」8月号(文藝春秋)
「CREA(クレア)」8月号
(文藝春秋)
「サライ増刊 美味サライ7月号」(小学館発行)
「サライ増刊 美味サライ7月号」
(小学館発行)