2018年07月20日 鶏肉のくわ焼き〜本格的な夏がやってきました〜本みりんレシピ

今日は土用の丑の日。本格的な夏が始まりました。
暑くて体力が落ちがちな季節こそ、あっさりとしたものばかりでなく、鰻のような精のつきそうなものを食べて体力をつけたいところ。

ただ近年、鰻の稚魚であるシラスウナギの減少が世界的な問題になっていて、鰻も手軽に食べられない食材になってきています。

そんなとき鶏のモモ肉は便利な食材。
甘辛な照り焼き風のたれで『くわ焼き』にしてみてはいかがでしょうか?
ちょっと耳慣れない『くわ焼き』ですが、そもそもは畑仕事の合間に農機具の「鍬(くわ)」の上で野鳥などを焼いて食べたのが始まりと言われています。
片栗粉をつけて焼くので照り焼きよりも優しい口当たりとジューシーさが特徴。
福来純「伝統製法」熟成本みりんを使えばより一層、味に深みが増します。

【鶏肉のくわ焼き】
Img_0446


◆材料(2人分)
鶏モモ:1枚(250~300g)
しょうゆ:大さじ1
酒:大さじ2
砂糖:大さじ1
福来純「伝統製法」熟成本みりん:大さじ1
サラダ油:大さじ1
片栗粉:適量
水菜:適量(4cmに切る)
粉山椒:お好みで

Photo

◆作り方
①鶏モモの水けをふき取り、一口大に切る。しょうゆ、酒に10分つける。
②汁けをきり、片栗粉を振る。汁けをきったときに出るつけ汁は捨てずにとっておく。
③フライパンにサラダ油を引き、皮目を下にして3分くらい焼く。返して2分くらい焼く。
④福来純本みりん、砂糖、つけ汁を加え、煮からめる。
⑤皿に水菜を盛り、その上に盛り付ける。 好みで粉山椒を振る。

作り方を動画でご覧いただけます。


<アレンジ例>
鶏のモモ肉の代わりに胸肉や豚ヒレで作るとあっさりとした仕上がりになります。
加熱時間が長いとパサつくので火を通しすぎないように注意します。


◆この料理に合うお酒
江戸時代、関西では夏場の栄養補給に飲まれた甘いお酒を「柳蔭」と呼びました。
もち米と米麹、米焼酎からできたこのお酒は、いわゆる「米のリキュール」。
お好みの濃さで水割りやお湯割りにしていただくのがおすすめです。
水割りにするとさっぱりとした味わいの中にほのかな甘みがあり、照り焼き風味のお肉ともマッチします。

柳蔭の詳細はこちら



フードコーディネーター佐々木有紀子さんのご紹介

Sasaki_yukiko
こんにちは。佐々木有紀子です。
フードコーディネーターとして料理教室の主催、レシピの提案、イベントの開催をしています。
また、地元の方々と郷土料理研究会を立ち上げ、伝統的な料理を学び、次世代に継承していく活動をしています。
「美醂のしずく」では季節感を大切にし、各家庭で大切にされてきた家庭料理を提案していきたいと思います。よろしくお願いいたします。

●プロフィール
大学卒業後、11年間高校で家庭科教諭。
大手教室で製菓・製パン、家庭料理を習得し同教室でアシスタント、講師として勤務。
広島クッキングスクールにてイタリア料理を習得。
フードコーディネーター、上級食品表示診断士、フードアナリスト、だしソムリエ。
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa主催

●佐々木有紀子さんのオフィシャルブログ
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa
http://saasa.petit.cc/muscat1/

2018年07月17日 大阪で開催のイベント「岐阜の地酒に酔う2018」に出展します

岐阜の志高き酒造が集結する毎年恒例の「岐阜の地酒に酔う2018」が、7月29日(日)に大阪で開催されます。
白扇酒造は、「花美蔵蔵 馥」「花美蔵 超特選」「花美蔵 花」「花美蔵 蔵」「花美蔵 本醸造」を出展します。
ぜひ、岐阜のよい酒でよいひとときを過ごしませんか?

◇日時
7月29日(日)
13:00〜16:00

◇会場
大阪マーチャンダイズ・マート『Cホール』 大阪市中央区大手前1丁目7番31号

◇参加費
2,500円
※参加費は前払いです。

◇参加方法
事前申し込みです。
当日券の販売はありません。

申込締切:7月25日(水)
定員:1,000名(締切前でも定員数に達したら締め切られます。)

お申し込みは、岐阜の地酒に酔うの公式サイトをご覧ください。


写真は昨年の様子です。
O0480036013994788728

O0480036013994788744

2018年07月13日 東京で開催のイベント「岐阜の地酒に酔う2018」に出展します

岐阜の志高き酒造が集結する毎年恒例の「岐阜の地酒に酔う2018」が、7月22日(日)に東京で開催されます。
白扇酒造は、「花美蔵蔵 馥」「花美蔵 超特選」「花美蔵 花」「花美蔵 蔵」「花美蔵 本醸造」を出展します。
ぜひ、岐阜のよい酒でよいひとときを過ごしませんか?

◇日時
7月22日(日)
13:00〜16:00

◇会場
東京都千代田区一ツ橋2-1-1 如水会館2F「スターホール」

◇参加費
3,500円
※参加費は前払いです。

◇参加方法
事前申し込みです。
当日券の販売はありません。

申込締切:7月18日(水)
定員:400名(締切前でも定員数に達したら締め切られます。)

お申し込みは、岐阜の地酒に酔うの公式サイトをご覧ください。

コメント(0)  |  トラックバック(0)
2018年07月13日 お中元・夏ギフトにオススメ!セット商品のご紹介

日頃お世話になっている人に感謝の気持ちを込めて贈るお中元。
もう贈った方、これから贈る方もいらっしゃるのではないでしょうか。

お中元を贈る時期は地域によって違います。
主に東北・関東・北陸は7月1日〜15日、東海・関西・近畿・中国・四国・九州・北海道は7月15日〜8月15日に贈るのが一般的です。
贈る前に相手の地域を確認しておくと良いですね。
もし、お中元の時期を過ぎてしまった場合は、「暑中見舞い」や「残暑御見舞」として贈りましょう。

お中元・夏ギフトにオススメのギフトセットを紹介します!
夏限定の生貯蔵酒をはじめ、人気の本みりん・料理酒、今の時期にぴったりな低温貯蔵酒など、様々なセットをご用意しています。


●純米大吟醸 生貯蔵酒・伝統製法熟成本みりんセット

Goods2721

夏ギフト人気No1の贅沢なお酒と伝統製法熟成本みりんのセット商品です。
720ml×2本:3,080円(税込)
https://www.hakusenshuzou.jp/goods/detail.cgi?id=272



●生貯蔵酒2種セットB

Goods3061

贈答にふさわしい純米酒と純米大吟醸のセット商品です。
720ml×2本:3,200円(税込)
https://www.hakusenshuzou.jp/goods/detail.cgi?id=306



●低温貯蔵酒3種セット

Goods521_2

冷やすことで、のどごし爽やかに。
3種類の味を楽しめて喜ばれるセットです。
300ml×6本:3,604円(税込)
https://www.hakusenshuzou.jp/goods/detail.cgi?id=52



●福来純 伝統製法熟成本みりん

Goods111

贈った方に喜ばれる、伝統的な手法で製造した本みりんです。
1.8l×2本:5,270円(税込)
https://www.hakusenshuzou.jp/goods/detail.cgi?id=11



●生貯蔵酒3種セット

Goods2731_2

この時期しか味わえない生貯蔵酒の3種セットです。
普通便でお届けできるため贈答にも便利です。
720ml×3本:4,700円(税込)
https://www.hakusenshuzou.jp/goods/detail.cgi?id=273



●伝統製法熟成本みりん・料理酒・純米 生貯蔵酒セット

Goods3071

贈って喜ばれる人気商品と限定商品を贈答用にセットにしました。
720ml×3本:3,090円(税込)
https://www.hakusenshuzou.jp/goods/detail.cgi?id=307



他にもこの時期にぴったりなギフトセットをご用意しています。
ぜひ、お中元・夏ギフトのサイトもご覧ください♪
https://www.hakusenshuzou.jp/pickup/natsu2018.html

コメント(0)  |  トラックバック(0)
2018年07月09日 サーバー障害による配送遅延について

現在は解消して正常稼働しています。

 お客様へ

ただいま、白扇酒造ショッピングサイトは、サーバー障害により注文処理が遅れています。
ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

Gwoshirase

コメント(0)  |  トラックバック(0)
2018年07月06日 残りわずか!夏限定の生貯蔵酒

夏限定で販売中の生貯蔵酒が好評につき、残りわずかとなりました!
特別に囲い、品質を維持するために出荷直前まで生で貯蔵したお酒です。
手間をかけて作ったお酒で、季節・数量限定です。

夏の生貯蔵酒は3種類あります。
酸味と旨味のバランスが取れたまろやかな純米生貯蔵酒。
穏やかで上品な香りとコク、滑らかな飲み口が特徴の純米吟醸生貯蔵酒。
杜氏が心を込めて醸した芸術品で、香り・味のバランスが取れた贅沢な純米大吟醸生貯蔵酒。
3種ともなくなり次第、販売終了となりますので、ご注文はお早めに!

Title

生貯蔵酒の詳細・販売はこちら

コメント(0)  |  トラックバック(0)
2018年06月29日 梅酒を楽しむ♪美味しい飲み方

梅雨でジメジメとした天気が続きますね。
そんな天気ももう少し続きそうです。
梅雨明けが待ち遠しいですね。

白扇酒造では梅酒を作るため、6月に梅を仕入れました。
香りも味も良い南高梅です。

Dsc_0156

Dsc_0146
まずは仕入れた梅をすべて水洗いしました。


Dsc_0137
現在は、青梅と氷砂糖をビンに入れて漬け込んでいます。


今回は、梅酒の美味しい飲み方をいろいろ紹介します!

ロック
定番の飲み方で、梅酒本来のおいしさを楽しめます。
大きめの氷を入れると、氷が溶けるにつれて味わいが変わります。
時間をかけてゆっくり梅酒を楽しめますよ。

ソーダ割り
梅酒の甘さとソーダの爽快感を楽しめます。
さっぱりとした味わいに仕上がります。
使うソーダは無味の炭酸水がオススメです。
甘味のついたサイダーだと梅酒の甘味と混ざり、くどい味になってしまいます。

クラッシュロック
細かく砕いた氷をグラスいっぱいに入れて、梅酒をゆっくり注ぎます。
通常のロックと違って、さっぱりした味わいです。
ミントの葉を添えると見た目もオシャレになります。

ジュース割り
グラスに梅酒を注ぎ、お好みの量のジュースを加えます。
飲みやすいため、若い女性に人気の割り方です。
アップル、オレンジ、アセロラなど好きなジュースでお楽しみください。

お茶割り
グラスに梅酒を注ぎ、紅茶や緑茶などお好みのお茶を加えます。
さっぱりとした味わいで、ホットでもアイスでも楽しめます。
濃いめの紅茶に少量の梅酒を加えると、爽やかな香りになります。

ワイン割り
赤ワイン、白ワイン、ロゼワインなどがありますが、それぞれ違った味わいになります。
中でも白ワインは、梅酒のフルーティーな味わいと相性抜群です。
スパークリングワインにすれば、すっきりと飲みやすい梅酒カクテルになります。
梅酒とワインの割合は1:1がオススメです。


梅酒はただ飲むだけでなく、ちょっとしたアレンジでも楽しめます。
お酒のあとのデザートとして、シャーベットや梅酒ゼリーにしたり、アイスにかけて頂いても美味しいですよ♪
溶かしたチョコレートに梅酒を加えると、チョコレートに深みが出て、大人な味わいの梅酒トリュフが作れます。

このように梅酒はさまざまな楽しみ方があります。
ぜひ、いろいろな割り方で梅酒を楽しんでください♪
白扇酒造の梅酒はどんな飲み方でも美味しくいただけますよ。

花美蔵梅酒

酒造の梅酒

福来純梅味醂

コメント(0)  |  トラックバック(0)
2018年06月27日 サラダ仕立てのタイ風そうめんを作ってみました!

レシピを作ってみた第二弾!今回は「サラダ仕立てのタイ風そうめん」を作ってみました♪
ナンプラーの風味とピーナッツの食感がタイの屋台のような本格的なエスニック気分にしてくれます。

八百津従業員からは
「いろいろな具材がたくさん入っていて美味しい!!」
「甘めの味付けで優しい味だった」
と好評でした。

6月22日(金) 第2弾 シエさん作 6月レシピ〜 白扇酒造ホームページ掲載の お料理レシピ2[サラダ仕立てのタイ風そうめん] 八百津従業員からは色々な具材が沢山 入っていて美味しい!! 甘めの味付けで優しい味でしたとこちらもまた好評でした^ ^ ナンプラーの風味とピーナッツの食感が、タイの屋台のような本格的なエスニック気分を楽しめますよ♪ 夏の食卓に是非オススメしたいお料理レシピでした! 次回もお楽しみに〜😆

花美蔵さん(@hanamikura)がシェアした投稿 -



作った料理は皆で美味しくいただきました。

調理の様子を動画にしました。
皆さんもぜひ作ってみてください♪

サラダ仕立てのタイ風そうめんレシピです^ ^

花美蔵さん(@hanamikura)がシェアした投稿 -




サラダ仕立てのタイ風そうめんのレシピはこちら

コメント(0)  |  トラックバック(0)
2018年06月22日 夏限定酒、生貯蔵酒の製造工程!

みなさんこんにちは。
梅雨でジメジメとした暑さが続きますね。
冷やして美味しい生貯蔵酒を味わえる季節になりました。
今回は、生貯蔵酒の製造風景を一部だけお見せします!


白扇酒造の麹作りは機械を一切使いません。
もちろん、生貯蔵酒の麹も手作りです。

1
蒸したお米を平らに広げ、一定の温度まで下げます。
使用しているお米は岐阜県を代表する酒造好適米です。


4
麹菌を混ぜ、手作業できちんと麹菌が付着しているか確認をします。
地道な作業ですが、これを怠るとお酒が完成しません。
手を抜かず、しっかりと確認します。


2
じっくり発酵させたもろみを、酒袋に1つずつ丁寧に袋取りします。


3
袋取りをしたら、槽(ふね)と呼ばれる搾り機を使ってもろみを濾します。
香りも旨みも一番美味しい瞬間を待って濾しています。

ここまでは、生貯蔵酒と他の日本酒も同じ工程です。
違いは出荷直線の火入れ工程の有無です。
生貯蔵酒は火入れをせず、出荷直前まで生で貯蔵します。

夏限定でこの生貯蔵酒を販売しています。

コメント(0)  |  トラックバック(0)
2018年06月18日 第21回大吟醸を楽しむ会に参加します!

北海道から九州までの40蔵元が宮崎に集結するお酒イベント「第21回大吟醸を楽しむ会」が7月1日(日)に開催されます。
淡麗にして芳醇、旨さの底に光る切れ味、気品あふれる吟醸香、最高のコクと深みを持つ大吟醸を堪能できます。
白扇酒造は当蔵最高品質の大吟醸酒「花美蔵 馥」を持っていきます♪
各地の大吟醸に興味のある方はぜひ、お越しください!

●開催日時
2018年7月1日(日)
受付:18:30〜
開宴:19:00〜

●会場
宮崎観光ホテル東館3F

●会費
11,000円

●お問い合わせ
事務局:0985-31-7086
宮崎観光ホテル:0985-27-1212

イベントの詳細はこちらをご覧ください。

21

コメント(0)  |  トラックバック(0)

良質な素材と昔ながらの手造りにこだわる岐阜の蔵元です。

本みりんde「お母さんの味」レシピコンテスト結果発表
「福来純三年熟成本みりん」をお試しいただきました!
2010年スペシャル版 ブログde本みりんレシピコンテスト結果発表
掲載雑誌紹介

当社の商品が紹介されました!

「この国の食を守りたい」辰巳芳子著(筑摩書房)
「この国の食を守りたい」
辰巳芳子著
(筑摩書房)
「おいしい玄米菜食レシピ/はじめてのマクロビオティック」(成美堂出版)
「おいしい玄米菜食レシピ/
はじめてのマクロビオティック」
(成美堂出版)
「CREA(クレア)」8月号(文藝春秋)
「CREA(クレア)」8月号
(文藝春秋)
「サライ増刊 美味サライ7月号」(小学館発行)
「サライ増刊 美味サライ7月号」
(小学館発行)