2018年01月12日 今年も開催!蔵開き(朝しぼり)

すでにお知らせしております毎年恒例の蔵元イベント「蔵開き(朝しぼり)」。
いよいよ来週1月20日(土)・21日(日)の開催となりました。
普段入れない蔵の中で、朝しぼったばかりの日本酒を瓶詰めする瞬間をご覧いただけます。

また、このイベントの目玉は生原酒です。
火入れ濾過をしない生原酒は、重厚感とまろやかさ、新酒特有の刺激的な喉越しが特徴なんです。

さらに、米焼酎杉樽40%、紫芋焼酎花魂35%などのイベント限定酒を販売します。
「米焼酎杉樽40%」は、心地よい杉の香りに、一度飲んだら癖になる焼酎です。
「紫芋焼酎花魂35%」は、強いアルコール度数でより芋らしさと強い甘味を感じさせる焼酎です。
焼酎好きな方はぜひ味わってみてください。
他にもみりんや料理酒、花美蔵、粕類などを販売しています。

家族連れでも楽しめる催しも盛りだくさんです!
地元グルメの販売や餅つき、みりんやみりん粕を使ったお菓子の試食やレシピがあります。

今年も、お客様のたくさんの笑顔に会えるのを楽しみにしています。ぜひお越しください♪

Vol161


●日時
1月20日(土)、21日(日)
両日:10:00〜15:00

蔵開きは、2月・3月も開催しますので、こちらもぜひお越しください。
2月17日(土)、18日(日)
3月10日(土)、11日(日)

●場所
白扇酒造本社
岐阜県加茂郡川辺町中川辺28番地

地図はこちらから

Vol162

会場見取り図はこちらから

●入場料
無料

●JR線でお越しの場合
JR高山線の中川辺駅を下車し、徒歩で4分
※JR中川辺駅では、交通系ICカード(トイカ・マナカなど)はご利用いただけません。 あらかじめ、中川辺駅までの「きっぷ」をお買い求めのうえ、ご乗車ください。

●車でお越しの場合
美濃加茂ICを下車し、車で約8分
※お酒を飲んだら運転しないでください。

2018年01月09日 新年のご挨拶&営業開始のご案内

明けましておめでとうございます。
皆様のおかげで、今年も無事に新しい年を迎えることができました。

さて、白扇酒造は本日より営業を開始します!
12月30日(土)〜1月8日(月)までにご注文いただいた商品は、順次発送いたします。
なお、ラッピング等のご進物がある場合は、1月10日(水)以降の発送となります。
今しばらくお待ちください。

今年もお客様に喜んでいただけるよう、酒造りに励んでまいります。
引き続き白扇酒造をよろしくお願いします。
お客様の新しい年が、さらに良い年になるよう祈念いたします。

2017年12月28日 2018年も開催!蔵開き(朝しぼり)

毎年恒例の蔵元イベント、蔵開き(朝しぼり)を2018年も開催します!
このイベントでは、普段入れない蔵の中で、朝しぼったばかりの日本酒を瓶詰めする瞬間をその場でご覧いただけます。
今回の目玉は、しぼりたての生原酒です。火入れ濾過をしない蔵出し原酒は、重厚感とまろやかさ、新酒特有の刺激的な味覚を楽しめます。

他にも、みりんや焼酎、地元グルメなどの試飲食・販売を行います。
お酒の飲めない方や子どもも楽しめるよう、甘酒の販売や餅つきなどの催しもたくさん用意しています!
ぜひ、お越しください♪

Vol161_3

●日時
1月〜3月に毎月2回開催します。

1月20日(土)、21日(日)
2月17日(土)、18日(日)
3月10日(土)、11日(日)

各日:10:00〜15:00


●場所
白扇酒造本社
岐阜県加茂郡川辺町中川辺28番地

マップはこちらから


●入場料
無料


●アクセス
◯JR線でお越しの場合
JR高山線の中川辺駅を下車し、徒歩で4分

※JR中川辺駅では、交通系ICカード(トイカ・マナカなど)はご利用いただけません。
あらかじめ、中川辺駅までの「きっぷ」をお買い求めのうえ、ご乗車ください。


◯車でお越しの場合
美濃加茂ICを下車し、車で約8分

※お酒を飲んだら運転しないでください。

コメント(0)  |  トラックバック(0)
2017年12月27日 お正月はみりんで本格料理にチャレンジ!「伊達巻」「鯛のかぶと煮」

今年も残りわずか。めでたい新年がやってきますね。
お正月は合わせ調味料ではなく、本みりんを使って一手間かけた料理にチャレンジしてみませんか?
本みりんでワンランクアップした料理を食べて、新たな1年を迎えるのも良いですね。
本みりんレシピの中からお正月にぴったりなレシピを紹介します。

●伊達巻
Photorecipe01

本みりんを使った本格料理ですが、オーブンで簡単に作れる伊達巻です。
はんぺんのふんわり食感に本みりんを加えることで、しっとり・すっきりした甘さに仕上がります。
甘くて美味しい伊達巻は子どもも大好き。おせちの一品をお子さんと一緒に作ってみてはいかがですか?

伊達巻のレシピはこちらから


●鯛のかぶと煮
Photorecipe06

かぶと煮は、手間のかかる料理だからと敬遠されていませんか?
鯛の頭があれば、意外と少ない工程で簡単に作れるお料理です。
ポイントは、水や砂糖を使わず本みりんだけで煮ることです。
こうすることで、お店と同じ味にできます。

鯛のかぶと煮のレシピはこちらから


「伊達巻」と「鯛のかぶと煮」で使用したみりんは、こちらから購入できます。

コメント(0)  |  トラックバック(0)
2017年12月20日 年末年始の発送について

12月31日(日)〜1月8日(月)を年末年始の休業とさせていただきます。
期間中のご注文は承りますが、お問い合わせ及び商品の発送は休業明けからとなりますのでご了承ください。

Gwoshirase_2

また発送スケジュールは以下の通りです。
期間中ご迷惑をお掛けいたしますが何卒よろしくお願いたします。

発送スケジュール
12月29日(金)までのご注文分 ⇒ 最終12月30日(土)発送

12月30日(土)〜1月8日(月)のご注文分 ⇒ 1月9日(火)以降順次発送

※12月30日(土)、1月9日(火)は、ご自宅用のみの発送とさせていただきます。
ラッピング等のご進物がある場合は、1月10日(水)以降の順次発送となります。


【着日指定について】

※着日のご指定はご注文日の5営業日以降で承ります。
※指定はカート内配達希望日欄で承ります。
要望欄でのご希望はお受けできません。
※着日をご指定いただくよりも、「着日指定無し」の方が早くお届けできます。

コメント(0)  |  トラックバック(0)
2017年12月18日 当選者発表!お歳暮お買い上げプレゼントキャンペーン

この度は「お歳暮お買い上げプレゼントキャンペーン」に、たくさんのご応募ありがとうございました。
厳選な抽選により、プレゼントの当選者が決定いたしました。おめでとうございます!
当選された方には、12月18日(月)にプレゼントを発送いたします。
到着まで今しばらくお待ちください。

●伝統製法熟成本みりん・料理酒セット(2名様)
岐阜県(I・T様)
宮崎県(N・M様)

●冬Aセット(2名様)
埼玉県(M・I様)
大阪府(M・M様)

●一号・料理酒セット(2名様)
長野県(T・Y様)
宮城県(I・Y様)

●柳蔭・梅美醂セット(2名様)
山形県(S・S様)
静岡県(S・S様)

●限定酒・屠蘇酒2本セット(2名様)
三重県(Y・N様)
神奈川県(M・T様)

コメント(0)  |  トラックバック(0)
2017年12月15日 本みりんレシピ☆いくらとゆり根の中華和え〜新酒のシーズンが始まりました〜

12月も半ばを過ぎ、今年も残りわずかですね。

今年の冬至は12月22日で、冬至は1年のうちで最も日中が短いです。
冬至にはゆず湯(ゆずの実を浮かべたお風呂)に入ると良いとされ、1年中風邪を引かないと言われています。
またカボチャを食べる習慣もあり、野菜が不足しがちな季節にカロテンを補うことができます。
カロテンは体内でビタミンAに変わり、皮膚や粘膜を強くして風邪などに対して抵抗力をつけることができます。

この季節によく見るゆり根は小鬼ユリの球根で、たくさんの鱗片が重なっている形から『百合』の字があてられたと言われます。
古くから食用や薬用として利用されてきました。
でんぷんが多く、加熱するとカボチャやサツマイモのようにほくほくとした食感が特徴です。
お正月料理に使われることが多いですが、お正月を過ぎると価格も下がり、利用しやすくなります。
普段の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか?

【いくらとゆり根の中華和え】
Img_9237

◆材料(2人分)
いくらのしょうゆ漬け:大さじ2
ゆり根:60g
水菜:30g
ショウガ:2g
鶏ガラだし:大さじ1

【調味料】
しょうゆ:小さじ1
ごま油:小さじ1/2
砂糖:ひとつまみ
福来純本みりん:小さじ1

Img_9210

◆作り方
①ゆり根をほぐして、3~4分茹でる。水菜は4cmに切り、さっとゆでる。
ショウガはせん切りにする。
②ボウルにショウガを入れ、鶏ガラだしと調味料を混ぜ合わせる。
③別のボウルにいくら、ゆり根、軽く水けを絞った水菜を入れて、②の調味料で和え、器に盛り付ける。

作り方を動画でご覧いただけます。
https://www.youtube.com/watch?v=z7NE2tHmhrA


◆この料理に合う日本酒
初冬の季節を迎え、今年も新酒の季節となりました。
新酒一号は、この秋に収穫したお米を仕込んで初めて絞ったお酒です。
フレッシュでフルーティ、くせがないのにうまみが強いのが特徴。
若々しさを感じるフレッシュなお酒は、人が集まるこれからの季節にぴったり。
気負わずに手軽に作れる酒肴があれば、楽しい話題は尽きることがなさそうです。

いくらとゆり根の中華和えは、さっとゆでたゆり根と水菜にいくらを合わせた簡単おつまみです。
あっさり仕上げているので新酒一号のフレッシュな風味が際立ちます。

花美蔵 新酒一号の詳細はこちら


フードコーディネーター佐々木有紀子さんのご紹介

Sasaki_yukiko
こんにちは。佐々木有紀子です。
フードコーディネーターとして料理教室の主催、レシピの提案、イベントの開催をしています。また、地元の方々と郷土料理研究会を立ち上げ、伝統的な料理を学び、次世代に継承していく活動をしています。
「美醂のしずく」では季節感を大切にし、各家庭で大切にされてきた家庭料理を提案していきたいと思います。よろしくお願いいたします。

●プロフィール
大学卒業後、11年間高校で家庭科教諭。
大手教室で製菓・製パン、家庭料理を習得し同教室でアシスタント、講師として勤務。
広島クッキングスクールにてイタリア料理を習得。
フードコーディネーター、上級食品表示診断士、フードアナリスト、だしソムリエ。
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa主催

●佐々木有紀子さんのオフィシャルブログ
ココロとカラダにやさしい料理教室 Morehome saasa
http://saasa.petit.cc/muscat1/

コメント(0)  |  トラックバック(0)
2017年12月14日 12月17日に、『白扇酒造五代目に教わる 伝統醸造の「熟成本みりん」』講座が開催されます!

12月17日、酒食ジャーナリスト山本洋子さんの『白扇酒造五代目に教わる 伝統醸造の「熟成本みりん」』講座に、当社の加藤副社長が招かれ、古来のみりんとは何かを語ります。
他にもみりん粕の試食や米焼酎、柳陰の試飲もあります。
興味のある方はぜひ、ご参加ください♪

●開催日時
12月17日(日)
10:00〜12:30

●場所
朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾 新宿教室
東京都新宿区西新宿2−6−1 新宿住友ビル


詳しくは、こちらをご覧ください

コメント(0)  |  トラックバック(0)
2017年12月08日 新杜氏「服部龍二」に聞く!酒造りへの想い

2017年、白扇酒造ではまだ若い服部龍二さんが、新しく杜氏になりました。
服部さんはどんな想いで酒造りに取り組んでいるのでしょう。
Vol181_3


−服部さんは、自ら杜氏になりたいと志願されたんですよね。
杜氏ってそんなにすぐなれるのですか?

服部:普通はなれないですよね(笑)。
日本酒が好きで入社して製造に関わっているうち、「もっともっと美味しい日本酒が造りたい」「自分ならできる!」と思い、社長にお願いしてみたんです。
そしたら「やってみろ」と杜氏に指名していただきました。
僕はラッキーですよね!

Vol182_2

−お酒を造りたいと思った理由は何ですか?

服部:もとは金属加工をする会社に勤めていたのですが、日本酒が大好きでいろいろなメーカーのお酒を飲んでいました。
その度に味が違うのが面白くて、自分も造ってみたいと思うようになったんです。

−白扇酒造へ入社を決めたのはどうしてですか?

服部:岐阜県のお酒をほぼ飲んで、日本酒が一番美味しいと思ったのがここだったからです。
また、調べてみると味醂や焼酎も製造していて、いろいろ学べる面白い蔵だと思い、入社を決意しました。

−今年は味醂の「福来純」がたくさんリニューアルされましたね。

服部:自分が杜氏になったことで、白扇酒造の新たな挑戦としてもう1度ゼロからスタートしたいという気持ちがあったんです。
また、まだ福来純を知らないお客様にも良い調味料があることを知っていただきたく、リニューアルを決めました。
時代も変われば物も変わります。変えてはいけない部分は残し、変えなくてはいけない部分は変えていく。
現状に満足することなく、常にお客様のことを考えた酒造りをしていきたいと思っています。

−ちなみに白扇酒造のお酒で、服部さんの一番のオススメは何ですか?

服部:全てがオススメですが、僕が杜氏になって造った新酒一号を飲んでいただけると嬉しいですね。
不安もありましたが、この日を無事に迎えることができました。
杜氏になり初仕込みなので、ビビってビビって子どもを育てるような気持ちで大切に育て、仕込んだお酒です。
そんな中でも自分なりに考え、思うように酒造りができる楽しさを存分に感じながら、初の仕込みができたと思います。

Vol184_2

−どんな仕上がりになりましたか?

服部:滑らかな口当たりの美味しいお酒になりました。
この新酒一号が杜氏になって初めて醸した記念すべき日本酒です。
自信あります!ぜひ飲んでみてください。

−これからの目標をお聞かせください。

服部:日本で一番の蔵になって、世界に「白扇酒造の日本酒ここにあり!」と、ワインと喧嘩できる酒にしたいと思っています(笑)。
食卓に日本酒が当たり前に置いてあり、当たり前に日本酒を飲む風景が僕の理想です。
そんな古き良き日本の文化を取り戻せるような酒を、誇りを持って造らなければいけませんね!
頑張ります。

Vol183

コメント(0)  |  トラックバック(0)
2017年12月01日 冬ギフト・お歳暮を販売中!

今年も残すところあと1ヶ月になりましたね。

白扇酒造では、冬ギフト・お歳暮を販売しています!
新酒一号や「伝統製法」熟成本みりんなど、この時期にぴったりな商品を取り揃えています。

冬ギフト・お歳暮にオススメの商品を紹介します。

●プレミアム福来純セット:4,500円(税込)
しぼりたて本みりん・伝統製法熟成本みりん・長期熟成本みりん 屠蘇散付 500ml詰 3本入

Photo_2
異なる3種の本みりんを味わえる特別なギフトです。
しぼりたて本みりんは、甘いお酒としてストレートやロックで美味しく飲め、料理にも使えるみりん。
伝統製法熟成本みりんは、出汁作り・煮物・酢の物などの和食、お菓子作りの風味増しにも使えます。
長期熟成本みりんは、和食だけでなく、お菓子作りや料亭で食前・食後酒としても利用されています。



●2017冬A:2,535円(税込)
寿ボトル(戌)・伝統製法熟成本みりん 屠蘇散付 720ml詰 2本入

A

寿ボトルは、2018年の干支の戌をラベルにした純米酒。
福来純伝統製法熟成本みりんは、昔からの製法で造っている人気商品です。
縁起のよいセットで、お歳暮や年賀の挨拶用ギフトに喜ばれます。



●2017冬G:4,212円(税込)
新酒一号・伝統製法熟成本みりん・縁起樽酒 720ml詰 3本入

G
新酒一号と縁起樽酒は、新年にふさわしい日本酒。
それに人気の福来純伝統製法熟成本みりんをプラスしたセットです。



●「伝統製法」熟成本みりん・料理酒セット:1,890円(税込)
720ml詰 2本入

Photo_3
ギフトの定番として人気な「伝統製法熟成本みりん」と「純米料理酒 福来純」の2本セットです。
お送りした方に確実に喜んでいただけると嬉しい声が届きました。
本物の味を贈りたい、そんな方にオススメのセットです。



●2017冬F:3,723円(税込)
新酒一号・伝統製法熟成本みりん・寿ボトル(戌) 720ml 3本入

F
新酒一号は、今年の新米で初仕込みのお酒です。
福来純伝統製法熟成本みりんは、雑誌・TVでも多数紹介された定番の人気商品。
寿ボトルは、2018年の干支をラベルにしています。
縁起のよいセットでお歳暮や年賀の挨拶用ギフトに喜ばれます。



●2017冬I:8,856円(税込)
黒ラベル・花美蔵 馥・超特選 720ml詰 3本入

I
黒ラベルは、上品な甘い香りと、膨らみのあるまろやかな味わい楽しめる純米大吟醸です。
花美蔵 馥は、平成20酒造年度全国新酒鑑評会(独立行政法人酒類総合研究所主催)にて、金賞を受賞した純米大吟醸と同じ製法の当蔵最高品質の大吟醸酒です。
超特選は、酒造好適米の「ひだほまれ」を使用した格調高い深みのある味わいの純米吟醸です。




他にも人気の本みりんなどオススメのセットを多数ご用意しています。
大切な方への贈り物に、ぜひご利用ください。
https://www.hakusenshuzou.jp/pickup/oseibo2017.html

コメント(0)  |  トラックバック(0)

良質な素材と昔ながらの手造りにこだわる岐阜の蔵元です。

本みりんde「お母さんの味」レシピコンテスト結果発表
「福来純三年熟成本みりん」をお試しいただきました!
2010年スペシャル版 ブログde本みりんレシピコンテスト結果発表
掲載雑誌紹介

当社の商品が紹介されました!

「この国の食を守りたい」辰巳芳子著(筑摩書房)
「この国の食を守りたい」
辰巳芳子著
(筑摩書房)
「おいしい玄米菜食レシピ/はじめてのマクロビオティック」(成美堂出版)
「おいしい玄米菜食レシピ/
はじめてのマクロビオティック」
(成美堂出版)
「CREA(クレア)」8月号(文藝春秋)
「CREA(クレア)」8月号
(文藝春秋)
「サライ増刊 美味サライ7月号」(小学館発行)
「サライ増刊 美味サライ7月号」
(小学館発行)